占い処 十一時屋 〜星占い師・タロット占い師 島谷実郷のブログ~

主に島根県内で活動中の占い師島谷実郷のブログです

天体とハウス⑨ ~第8ハウス~

 

f:id:atakagi0101:20191101005307p:plain

先達の遺産など受け継がれてきたものの在りかを示す『継承』のハウス

第1ハウスをおひつじ座と定めたとき、さそり座にあたるのが第8ハウスです。

3区分ではサクシーデントハウス、活動宮に分類されます。

さそり座は他者との深い交わりや、生死など不可抗力的な運命、臨死体験や虫の知らせなど超自然的な体験などを司る星座です。

そのため、第8ハウスも自らのルーツや命のサイクルなどと深く関係しています。

第8ハウスに入っている天体やサイン(星座)に注目することで、先祖から受け継いだ遺産や、人と深く関わることで得られる能力や才能などがわかります。

まずは 自分が生まれた日のホロスコープ(出生図)を作ってみましょう

第8ハウスと天体

f:id:atakagi0101:20180810221805j:plain太陽

太陽はその人の基本となる性格や主体性、社会性、生命力などを象徴する天体です。

太陽が入っているハウスを見ることで、その人が最も生き生きと輝ける場所、生きている実感や生きがいを感じられる場所を読み取ることができます。

第8ハウスに太陽が入っている人は家業や伝統など継承されたものを守り抜くことに自らの使命や生きがいを見出すでしょう。

受け継ぐものは家業や遺産、才能、お墓、介護、借金などさまざまで、必ずしもポジティブなものばかりとは限りません。

自分の家系のみならず、結婚した場合は配偶者の家系の一員として伝統の守り手を引き受ける可能性もあります。

 

生まれた日の太陽が持つ意味について詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180810233222j:plain

出生図における月はその人の生まれついての性格や感受性、潜在的な欲望などを現します。

いわばその人の最も原始的な部分、その人の中に眠る子どもの部分と考えるとわかりやすいかもしれません。

月が入っているハウスを見ることで、その人の情緒や感情表現のクセなどがわかります。

第8ハウスに月が入っている人は、親族や血族に囲まれているときに最も安心感を覚えるでしょう。

表面的な付き合いには意味を見出せず、常に本音でぶつかり合えるような深い交流をもつことを望むのも特徴です。

一方で、一度深くつながった相手には、激しく執着してしまう場合もあるようです。

 

生まれた日の月が持つ意味について詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180810234111j:plain水星

出生図における水星は、自分という人間にまつわる情報を世界に発信したり、世界で何が起こっているかという情報を受信したりといった『情報』を司る天体です。

水星が所属するハウスを見ることで、その人のコミュニケーションの傾向がわかります。

第8ハウスに水星が入っている人は教育熱心な家庭に生まれ育ったり、先祖や親族に知識人がいたりすることが多いようです。

生まれつき地頭がよいだけではなく、向学心や知的好奇心も旺盛です。

実用的な知識はもちろん、精神世界や哲学、宗教、心理学、社会学など人の心や社会の裏側が垣間見える学問にも関心が高いでしょう。

生まれた日の水星が持つ意味について詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180810235232j:plain金星

愛と美を象徴する天体である金星は、出生図においても恋愛や芸術と深い関係があります。

金星が属するハウスを見ることで、その人の恋愛の傾向や、愛情を注ぐ対象などを読み取ることができます。

第8ハウスに金星が入っている人は家族や親族から愛情をかけられて育ったケースが多いようです。

幼い頃から可愛がられてきたためか愛嬌があり、上手な甘え方も知っています。

恋愛面でも受け身に回る場合が多く、おごられたりプレゼントされたりする機会も多いでしょう。

 

生まれた日の金星が持つ意味について詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180811000446j:plain火星

勇気や行動力、攻撃性などを司る火星は、人生の荒波を切り開き勝利を手にするために突き進む戦士の星です。

火星が属するハウスを見ることでその人が闘志を発揮するステージ、情熱を注げる場所や事柄がわかります。

第8ハウスに火星が入っている人は、先祖や両親が残した負の遺産を受け継ぐ場合が多いようです。

一方で、過酷な運命を乗り越えられるだけのタフネスにも恵まれます。

このエネルギーは仕事や生活のみならず人間関係にも発揮されるでしょう。

互いの仲を深めようとするあまり急激に距離を詰めすぎて、相手を圧倒してしまわないよう注意が必要です。

 

生まれた日の火星が持つ意味について詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180811001209j:plain木星

拡大や発展を象徴する木星は、仕事や財産、人脈など物質的・金銭的な豊かさとも関わりが深い星です。

木星が属するハウスを見ることで、その人が多くのものを手にする場所、恩恵を受けやすい場所がわかります。

第8ハウスに木星が入っている人は、例えば遺産など人から受け継ぐお金で大きな財をなす可能性があります。

株や不動産、年金など不労所得で稼ぐ才能に恵まれているのも特徴です。

人づきあいにおいては物怖じしないタイプで、等身大の相手を受け入れられるだけの懐の深さとおおらかさを持ち合わせています。

生まれた日の木星が持つ意味について詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180811001957j:plain土星

土星は試練や抑制、忍耐、責任などを司る天体です。

土星が入っているハウスを見ることで、その人が試練や課題を課せられる場面や、自分自身を貫くルールの在りかなどがわかります。

第8ハウスに土星が入っている人は自らすすんで伝統の担い手になるというより、家系やしきたりに縛られて自由を失うというニュアンスが強いようです。

人間関係においては深く踏み込むことも、踏み込まれることも避け、常に他人と一線を引いているような部分があります。

そのかわり、本気で相手を知ろうとするときには、じっくりと時間をかけて慎重に距離を詰めていこうとするでしょう。

生まれた日の土星が持つ意味について詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180811002550j:plain天王星

天王星は改革や変化、独立心などを象徴する星です。

天王星が属するハウスを見ることで、その人が個性やアイデンティティを見出す場所や、自分らしさを発揮できる場所がわかります。

天王星が第8ハウスに属する人は、少し風変わりな家系に生まれついたり、先祖に変わった人が多かったりするケースがよく見られます。

また、本人も伝統や血統に縛られることに価値が見出せず、あえてしきたりを無視しようとする型破りな人が多いようです。

あるいは、新たな時代にふさわしい形へと、家系や家族のあり方を刷新しようとするでしょう。

生まれた日の天王星が持つ意味について詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180811003405j:plain海王星

海王星は感性や想像力、第六感などを司る天体です。

海王星が属するハウスを見ることで、その人が感性を刺激される場所や、夢や理想を託せる場所がわかります。

第8ハウスに海王星を持つ人は、家族や親族との関係がうまくいってなかったりなど、家系や血族にまつわる悩みを抱えている人が多いようです。

また、強い霊感やスピリチュアルな能力をもつ血統に生まれついたために生きづらさを感じているという人もいます。

人間関係においても相手に深く共感するあまり、自他の境界が曖昧になってしまう場合が多いかもしれません。

生まれた日の海王星が持つ意味について詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180811004006j:plain冥王星 

冥王星は破壊や再生、絶対的な権力など、不可抗力的な力を司る天体です。

冥王星が属するハウスを見ることで、その人が権力を握る場所、あるいは逆らえない運命などを読み取ることができます。

第8ハウスに冥王星を持つ人は先祖や実家が大きな権力を握っており、家族や親族の方針に生き方を大きく左右されるケースが多いようです。

人間関係においても主導権や決定権を握りやすく、付き合いが深まるほど支配欲も強くなる傾向が見られます。

あくまでの対等な関係を築くことを志向し、相手の交友関係や人生における選択肢を狭めることがないよう注意が必要です。

生まれた日の冥王星が持つ意味について詳しくはこちら

  

第8ハウスとサイン(星座)

天体とハウス① でも触れたように、ハウスの位置は使用するハウスシステムにより異なるものの、一つのハウスが複数の星座を跨いでいることは難しくありません。

そのような場合は、ハウスの中にどのサインのカスプ(境界)が入っているかに注目しましょう。

カスプが入っているサインを見ることにより、そのハウスが担当する分野(家庭、仕事、パートナーなど)が、人格や生き方にどのような影響を与えるかを読み取ることができます。

f:id:atakagi0101:20180811000501j:plainおひつじ座

おひつじ座のカスプが第8ハウスに入っている人は、人間関係において常に新しい発見と刺激を求めます。

純粋さゆえに正面から他人とぶつかる場面も多いものの、むしろ感情や意見を洗いざらい表明することが、本人なりの誠意のあらわれとることもできるでしょう。

おひつじ座ってどんな星座?詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180810235323j:plainおうし座

おうし座のカスプが第8ハウスに入っている人は、常に誠実かつ正直な態度で他人と向き合おうとします。

周囲から援助や奉仕を受ける場面が多く、物質的に困窮する心配はほとんどありません。

誰に対しても礼儀正しく振る舞うよう心がけている一方で、心を開いた相手に対しては人懐こく愛嬌のある一面を見せることもあります。

おうし座ってどんな星座?詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180810234641j:plainふたご座

ふたご座のカスプが第8ハウスに入っている人は人心掌握術に長け、その気になれば気分次第で人の気持ちを弄んだり、いいように利用することも可能でしょう。

ただし、対人関係からトラブルに発展することも多いため、自らの魅力や能力を過信するのは危険です。

特に、口約束や安請け合い、金銭の貸し借りは避けたほうが無難でしょう。

ふたご座ってどんな星座?詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180810233359j:plainかに座

かに座のカスプが第8ハウスに入っている人は、オープンな人間関係よりも閉鎖的なコミュニティに好んで留まりたがる傾向が見られます。

同情心に厚く、相手の痛みや悩みを自分のことのように受け取ってしまうでしょう。

特に、家族や親族などに身内に対しては、過度に同一視しすぎないよう注意が必要です。

かに座ってどんな星座?詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180810222921j:plainしし座

しし座のカスプが第8ハウスに入っている人は、創造や表現を志す人やコミュニティと交流をはかることで、才能が磨かれます。

感情表現がやや大袈裟で芝居がかって見える傾向はあるものの、むしろその資質が表現の世界では強力な武器となるでしょう。

しし座ってどんな星座?詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180810234810j:plainおとめ座

おとめ座のカスプが第8ハウスに入っている人は基本的に警戒心が強く、簡単に心を開きません。

たとえ好意的なアプローチをされても、相手の感情やその根拠を詳細に分析しようとする癖があります。

相手を深く知ろうとしているつもりが、揚げ足を取ることにならないよう注意が必要です。

おとめ座ってどんな星座?詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180810235534j:plainてんびん座

てんびん座のカスプが第8ハウスに入っている人は、限られた少数の人との関係に注力するよりも、幅広い人間関係の中でひとりひとりの個性や魅力を客観的に分析することで、観察眼や協調性が磨かれていく傾向が見られます。

他人の感情や好意をコントロールする術にも長け、調和のとれた人間関係を構築しいていけるでしょう。

てんびん座ってどんな星座?詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180811004307j:plainさそり座

さそり座のカスプが第8ハウスに入っている人は、あえて自分と他人との境界が曖昧になるほどの深く徹底した関係を求める傾向があります。

恋愛関係や友人関係に限らず、家族との関係においても根深い因果や因習にとらわれ、なかなか抜け出せないことが多いようです。

さそり座ってどんな星座?詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180811001540j:plainいて座

いて座のカスプが第8ハウスに入っている人は、バックグラウンドや価値観が異なる相手とも分け隔てない態度で接することができる器の大きさを持っています。

むしろ、身近な人間関係に留まるよりも、なるべく異質な相手と積極的に交流したほうが経済的にも成功しやすいようです。

いて座ってどんな星座?詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180811002355j:plainやぎ座

やぎ座のカスプが第8ハウスに入っている人は、社会的な肩書きや立場で相手を判断する傾向が見られます。

一方で、自分自身が社会においてどのように見えているかも常に意識しているため、組織や会社においては成功しやすいでしょう。

そのかわり、社会生活から受けるストレスやプレッシャーも大きく、なかなか心が休まりません。

やぎ座ってどんな星座?詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180811003005j:plainみずがめ座

みずがめ座のカスプが第8ハウスに入っている人は、コミュニティや友人関係の中で新たな視点を手に入れたり、自らの価値観を刷新せざるを得なくなったりすることが多いです。

社会に順応しているように見えて、ごく親しい間柄の相手に対してだけは、常識にとらわれない破天荒な一面を見せることもあるようです。

みずがめ座ってどんな星座?詳しくはこちら

f:id:atakagi0101:20180811003844j:plainうお座

うお座のカスプが第8ハウスに入っている人は、相手に対する評価や心情が変化しやすく、はたから見ると何を考えているのか掴みかねる傾向があるようです。

精神世界や神秘的な世界に興味を抱きやすいこともあり、宗教団体やマルチ商法の勧誘、金銭トラブルに巻き込まれたりするおそれもあるため注意が必要です。

うお座ってどんな星座?詳しくはこちら

第8ハウスに天体がない場合の読み方はこちら

 

※ハウスのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

占術や占者により解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。

 

ハウスについて詳しく知りたい方にはこちらの書籍もおすすめ

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最新占星術入門増補改訂版 (elfin books series) [ 松村潔 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/1/31時点)

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

星読み+ [ 石井ゆかり ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/1/31時点)

電子書籍版も刊行されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

星読み+【電子書籍】[ 石井ゆかり ]
価格:1121円 (2021/2/1時点)

 占星術を勉強したい方へおすすめの書籍について詳しくはこちら

 

🆕ブログの更新や最新情報のお知らせはこちら 

💌LINEビジネスアカウント(@mvw4029s)

📷Instagram(@messe1112)

🕊Twitter(@atakagi0101)

↩️占いコラムへ戻る