天体とアスペクト㊲ ~木星と天王星~

 

f:id:atakagi0101:20191001024034j:plain

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。

その中でも、トランスサタニアン(天王星海王星冥王星の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体のような明確な支援者でもなく、外部から会社に影響を及ぼすポジションにたとえることができます。

革命や変化をあらわす天王星は、『自分』という会社と競合するベンチャー企業と考えるとわかりやすいでしょう。

一方、木星『自分』という発展させるための資本を提供してくれる投資家のような星です。

木星天王星アスペクトを組んでいる状態は、たとえるなら投資家(木星)が目下投資をしている『自分』という会社のほかに、天王星というベンチャー企業にも興味をもち、資金を投じているようなものです。

火星と天王星が吉角を成していれば、ベンチャー企業天王星)は投資家(木星)から援助を受けてますます革新的な事業を行い、『自分』という会社にも影響を及ぼすでしょう。

逆に、凶角を成している場合、ベンチャー企業天王星)は発展していく過程で先進性を意識しすぎて、過去の経験や慣習をないがしろにしてしまうかもしれません。

木星天王星アスペクトを見ることで、その人の先見性や柔軟性、トレンドを生み出す力などを読み取ることができます。

 

 

 

木星天王星が吉角(ソフトアスペクト・イージーアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117200801p:plain 0°(コンジャンクション・合)

コンジャンクションとは簡単にいえば、2つの星がほぼ一体化しているような状態です。

拡大や発展を象徴する火星と、変化や改革を司る天王星が結びついていることから、このアスペクトをもつ人は先見の明を持ち、新しいアイデアを次々と形にする行動力を備えています。

明るく前向きな性格から、自然と周りに人が集まり、同じ志を持つ仲間や同好の士と一緒に、先進的な事業を成し遂げるでしょう。

閉鎖された人間関係よりもオープンな関係を好み、年齢や人種、職業を問わずあらゆるコミュニティとつながる人脈を築き上げてしまいます。

常識や規律にとらわれることを嫌う、自由な精神の持ち主です。

未来志向ではあるのですが、過去を振り返ることも少なく、一度犯した失敗を何回も繰り返してしまう傾向があるようです。

 

f:id:atakagi0101:20190117201131p:plain 120°(トライン)

アスペクトの種類でも解説したように、 トラインは同じエレメントの間で形成されるアスペクトです。

性格や価値観が似たもの同士、と考えるとわかりやすいでしょう。

木星天王星が調和しながらお互いを補い合っている状態なので、コンジャンクションほど極端な影響が出ることはありません。

このアスペクトをもつ人は直感に優れ、予期せぬ幸運やチャンスに見舞われることが多いです。

非凡な発想力と想像力を備えていながら、自らのアイデアに極度に固執することはなく、周りの意見に耳を傾ける柔軟性も持ち合わせています。

自身のヴィジョンを仲間と共有し、チームワークを発揮しながら一つの目標に向かっていける人です。

大らかで明るい人柄から、リーダーとして慕われることも多いでしょう。

ベンチャー企業や海外の企業など、先進的な事業で成功しやすいタイプです。

 

f:id:atakagi0101:20190117201227p:plain 60°(セクスタイル

セクスタイルは火と風、水と地というように、お互いを補い合うエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションやトラインほど親和性は高くありませんが、そのぶんストレートな影響が出にくいでしょう。

このアスペクトをもつ人は、時代や環境の変化に柔軟に対応していける人です。

トラブルや不測の事態が起きても、瞬発的に適切な対応ができるでしょう。

既に盤石な基盤ができあがっている安定した事業よりも、先進性が高いかわりに認知度が低く不安定な事業を育てていくほうが向いています。

また、協調性が高く、人間関係で悩むことはほとんどありません。

同じ志のもとに集う仲間や、支援者にも恵まれやすいです。

 

 

木星天王星が凶角(ハードアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117201417p:plain 180°(オポジション・衝)

オポジションセクスタイルと同じく火と風、地と水のように親和性の高いエレメント同士で形成されるアスペクトです。

ただし、セクスタイルが少し距離を置いて隣り合っているのに対し、オポジションは真正面から向かい合っているため、緊張感のある関係になります。

たとえるなら、投資家(木星)からの支援を受け、事業を大きくしたベンチャー企業天王星)が、業界の中でもより抜きんでた存在になろうと頑張ろうとして暴走してしまっているようなイメージです。

このアスペクトをもつ人は、奇抜な発想力を備えている一方で、やや独善的な面が目立ちます。

自らのアイデアが素晴らしいものと信じて疑わず、上司や同僚とぶつかり合うこともしばしばです。

職場の人間関係が原因で、転職を繰り返すこともあるでしょう。

さらに、プライベートでも主張が強すぎて、友人が離れて行ってしまうことがあります。

また、自らの行動がきっかけで、思った以上に大きな経済的損失を招いてしまうかもしれません。

転職や資産運用など、お金が絡む決断を下す際は、慎重な判断を心がけましょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201648p:plain 90°(スクエア)

スクエアは火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるアスペクトです。

根本的な価値感や性格が異なるため、誤解やすれ違いも多いです。

干渉したり離れたりを繰り返す、不安定な関係と考えるとわかりやすいでしょう。

このアスペクトをもつ人は、自身のオリジナリティを追求するかわりに社会性を犠牲にする生き方と、個性を殺すかわりに安定した生き方の間で迷う傾向が見られます。

どちらかに偏ることもあれば、ふたつの生き方を行ったり来たりすることもあるでしょう。

妥協できない性質ゆえに、間をとってバランスの良い生き方を模索するという選択肢が思いつかないようです。

しかも、オリジナリティを重視する生き方を選んでも、発想力や想像力が十全に発揮されるとは限りません。

イデアを形にしたものの、発表したタイミングが悪く、世間から注目されないという可能性も十分に考えられるので注意しましょう。

 

 

アスペクトのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星の入っている星座やハウスにより解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。