読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手紙のはなし

駆け出しライターのブログです。

マベ展行ってきました!

吉田くんのMP3の歌が頭から離れない。こんばんは。

ママ―ぽちがー3匹になったよー。

 

先日とうとうマーベル展へ行ってきました!

www.tokyocityview.com

実に数年ぶりにギロッポンの地に降り立ちし我。駅からギヒルズまでは思ったより人が少ない印象でした。

この調子でマベ展も空いてないかな?なんて思ってたらとんでもねぇ。激込みじゃないけどそこそこ混んでた。

f:id:atakagi0101:20170424222136j:plain

アイアンマンと六本木の空。

昼間はまだリアクターの部分とか光ってないのね。夜バージョンも見たかった!

f:id:atakagi0101:20170424222407j:plain

歴代アーマー。

劇中の衣装とか小道具の展示もありました。ブラックウィドウのドレス可愛い!ドクターのマントはあんなに細かい模様とかあったんだね……映画では萌えすぎて気付かなかった。

改めてキャップの私服だけ見ると、無印良品感がすごいな……。ヒーローは無印すらあんなスタイリッシュに着こなせるんですかよ……。ホークアイコムサデモードっぽかった。アントマンはワークマン。

撮影禁止エリアにこそ撮りたいものいっぱいあった……!スパイディのポエムも展示されてたよ。やめてさしあげろ。

勢いあまっておみやげまで買っちゃったぜ。

f:id:atakagi0101:20170424224923j:plain

どんだけスパイディ。

会場限定グッズとか、ホームページ見た時は「んー、特に欲しいものないかなー?」とか言ってたのに、いざ行ってみるとがっつり買ってるもんなあ。物販エリアこわい。

展示を見た後は同じフロアに入ってるコラボカフェでおやつを食べて、夕ごはんは肉をしこたま食べて、楽しい一日でした。マベ展以外は食ってばっかだな。

 

おいしい思い出― 阿佐ヶ谷 gion

トカゲーーーーー!うぅ……大佐も男前だよ……。シンデレラの話です。こんばんは。

今日は前から気になっていた喫茶店へ行ってきました!

f:id:atakagi0101:20170421223718j:plain

JR阿佐ヶ谷駅すぐそばのgionさんです。

retty.me

ここのブランコ席に座ってみたかったんです。

有名なお店だし、平日とはいえ混んでるかな……と思ったのですが、ブランコ空いてました!やった!

ゆらゆらするのが楽しくて常に微妙に動いてた気がする。骨盤体操みたい。ところでこの席、貧乏ゆすりするクセあると一発でばれるね。

この日はうす曇りでちょっと寒かった。でも名物のソーダ水は頼まねば……と思い注文。

ただ、このソーダ水思ったより特盛だぞ!注文する時は腹具合と相談だ。

f:id:atakagi0101:20170421225429j:plain

こんなにがっつりアイスのってるとは思わなかったぜ。

ブルーハワイ味の青と、メロン味の緑から選べます。

お昼時だったのでナポリタンも注文。こっちも特盛。

メニューには軽食って書いてあったけど、軽くはない…よね?一皿でじゅうぶんお腹いっぱいになる量。

ちょっとやきそばみたいな色のおもしろいナポリタンです。味も濃いめ。まるいハムがのってる。

この、ナポリタンのね……

f:id:atakagi0101:20170421225856j:plain

たまごがめっちゃおいしい。

たまごサンドもこのたまごなのかな……だとしたらぜひ食べたい……。

デザートにはワッフルを頼みました。

f:id:atakagi0101:20170421230039j:plain

あんことホイップクリーム、ジャムとバターがついてきます。

フチがカリっとしたワッフルは、ちょっとなつかしい味。何だろう……ワッフルなんだけどちょっと和風テイストなかんじ……?こっちのほうがむしろ軽食っぽい。つけあわせはいっぱいでもワッフルが薄めだからそんなに重くないし、おやつにぴったり。

おいしかったなあ……特にナポリタンはまた食べに行きたい。

 

お腹が満たされた後は電車で中野まで行って、ブロードウェイを散策してきました。

数年前までは足繁く通っていたのですが、久しぶりのブロードウェイは相変わらずカオスで何が減って何が増えたのかよく分からなかった。とりあえずシャッターが多い。

いつもよりだいぶやかましい映画鑑賞―デッドプール 2016年

今回はタイトル通りテンションが相当おかしなことになっております。

レビューとしては何の役にも立たないところはいつも通りなのですが、とにかく画面がうるさいです。ご了承ください。

 

今回取り上げたいのは、もう既に紹介する必要あんの?とばかりに有名なこちらの作品。

 

 

 

f:id:atakagi0101:20170420174256j:plain

デェ~~~~ッドプゥ~~~~~ル!!!

ギャアアアア!KAWAII!素敵!!イケメン!!美尻!!!

 書き出しの時点でもう体温が上がってきたので、落ち着くまで少しお待ちください。

 

はい、落ち着きました。

実は、公開当時も観に行きましたし、BDもだいぶ前から持っていました。

じゃあ何で今更紹介するのかというと、実はつい最近までBDプレーヤーを持っていなかったからです。

再生できないのに、ジャケットのかっこよさと特典目当てで買いました。

今のBDレコーダーはほぼデップ―ちゃんのために買ったといっても過言ではありません。

とはいえ、レコーダーも3月にはうちにあったので、もっと早く観ることもできたんです。

じゃあもうさっさと観ろよという話なのですが……あのね、特典のポスカがね……パッケージの外側に、テープでついてたんです。

ビリっといったらどうしよう……折れたらどうしよう……よしんば袋から出せたとしても、あの、袋のネバネバした部分がポスカにくっついちゃったりしたら……わあああああああ

 

というわけで、長らく開封できないままでした。

だけどいくら何でもそろそろいいだろということでさくっとオープン。

時の流れってすごいし残酷ね。

 

特典のポスカ、めっちゃかわいかった。全部額に入れて飾りたい。

f:id:atakagi0101:20170420175659j:plain

さっきからちょいちょい写ってるのは我が家のデップ―ちゃんです。

よろしくお願いします。

 

f:id:atakagi0101:20170420175733j:plain

セクスィー。

 

さんざん特典を堪能したところで、いよいよ本編を……本編を……。やばいな見る前から興奮しすぎてヨダレすっごい出てきた。間違いなく快楽物質的な何かが異常分泌されてる。

 

~鑑賞中~

 

最高ですかよ……!

あの……あれかな?ライアンのレイノルズ氏は……こう……マーベル世界からこの世にデップ―ちゃんを顕現する使命をもって遣わされた、シャーマンのキング的な何かなのかな……?

だってあれは完全にオーバーソウルしてるだろ。仕草がいちいち可愛い。走ってる車の上に降ってくるシーン最高オブ最高。でもライター口に放り込むのはヒャッてなる。そういう容赦ないところもすき。

デップ―ちゃんがぶっちぎりで輝いてるけど、脇を固めるキャラも魅力的。同居人のおばちゃん天使かな……?しかしデップ―ちゃんのクロックスに全部もってかれた。

タクシーの運転手さんまでびっくりするほどキャラ立ってるなあ……。この人確か続編にも出てくるんだよね?楽しみです。

 

初見じゃないのにこのはしゃぎようですが、いつか騒がずに落ち着いて観られる日が来るんでしょうか。とりあえず慣れるためにもっかい……次は吹替版で……エヘヘヘヘ……。

月報?

ちゃんと書くっていったのに!ちゃんと書くっていったのに!こんばんは。

違うんだよ……ぼんやりしてたわけじゃないんだよ……。

モンハンとかプリキュアとかで忙しかったんだよ……!

アラモードはあれだろ……見るしかないだろ……。

高校生プリキュアだよ?しかも二人。

はるみち的なにおいを感じる……。

あの二人が百合スマ的な何かになったら、多分来年の今頃もヒャッホオオオウしてる。

 

前回の記事でちょろっと触れていた朗読会にも行ってきました!

会場は阿佐ヶ谷スタッカートさんでは、普段はジャスのライブをやっているそう。

www.a-staccato.com

 今回は生演奏ありの朗読会だから、ここが会場になったのかな。

今年に入ってから朗読会に行く機会が増えたけど、やっぱりこう……何回聞いてもしみじみしちゃう。

「葉桜と魔笛」とか、もう……聞きながらちょっと泣きそうになっちゃうよね。

人前で泣きそうになると「やだ~もう~やめて~そういうの泣いちゃうからやめて~!」と心の中のオネエキャラが強制召喚されるのはなぜなんでしょうね。万国共通ですかね。

「器量のぞみ」といい、今回のお話は女性としてちょっと考えさせられるラインナップでした。

しかし岡本かの子を持ってくるとは……乙なチョイスだな。

しんみりした気分でプレイするモンハンもまた乙なものです。

 

来月は来月で楽しみなイベントがたくさんあるよー!

以前レビューを書いた「街の灯」のオーケストラ上映があるんです。

公演詳細 チャップリン≪街の灯≫丨すみだトリフォニーホール

セリフがないだけに音楽がものすごく重要な位置を占める映画なので、生演奏でどんな風に印象が変わるか楽しみです。

脳汁出すぎてえらいことになってしまうかも知れない。

その前にゴールデンウィークですね。特に予定はないけど。

多分ディノバルドのしっぽ切ったりしてるんだろうな。

 

追伸

アイコスのパープルメンソールを吸ってみました。

やっぱメンソだなって思いました。

元気です。

わーを、もう3月って知ってた?こんばんは。

 

何やかんやでまたもや半月以上間が空いてしまいました。そういえば2月って28日までだったね……。

何してたかっつーと8割方家にこもって何か書いてました。じゃあブログも書けよって話ですが。

どんな仕事もだけど、始めて3カ月がいちばん辛いよね……周りにも迷惑かけまくるし……。けど、よっぽどやる気がないとかじゃなければ、3カ月くらいで慣れてくるって信じてる。信じたい。

んで慣れたかと思うと、半年目くらいに何かでかい失敗をやらかすっていうのが個人的なジンクスです。だめじゃん。

引きこもってばっかりいたのかというとそうでもなく、友人が参加する朗読会に行ったりもしていました。

f:id:atakagi0101:20170303032100j:plain

いやあ面白かった……。セロ弾きのゴーシュとかもあるし、ほのぼのした内容なのかなと思ったら案外そうでもなかった。一発目の演目からパンチが利いていて……こう……世にも奇妙な物語とかに出てきそうな話。楽しかったなあ……。出不精なもので、観劇のたぐいは誘われないとなかなか行かないのですが、実際行くともっと見たいなという気分になる。4月にも予定があるので楽しみです。

 

それから今更ながらドクター・ストレンジも見に行きました。

公開中の映画なのでネタバレは避けますが、しいて言うならマントに全部持っていかれた。いい……いいよアンタ……最高だよ……。

 

多分3月は、先月以上に引きこもるんだろうなという気がしています。寒いから外に出たくないいや、4月まで体力を温存しておかないと……。5月になったらガーディアンズオブギャラクシー見なきゃだし。スパイダーマンもやるし。映画ばっかだな。

目下の楽しみは、アマゾンプライムでキョロちゃんの配信が始まったことです。思う存分シバシバ回を堪能できる……!というか既に何回もリピートしてる。今見るとどうってことはないけど、リアルタイムで見た時はめちゃんこ怖かった。シバシバに限らず、全編通してそこそこサイコな内容だな。スポンジボブと似たかおりがする。

 

今月こそはもっとちゃんと書く……つもりです……。

おいしい思い出― nakameguro 燻製 apartment

すっかりブログをさぼっておりました。すみません。

書くことがなかったわけではないのですが、むしろ書きたいことは色々あるのですが、手が追い付かず気付いたら十日あまり経っていました。

たまには若者らしい……若者……?……らしい話をしようと思って、いろいろ写真まで撮っておいたのになあ。

このままお蔵入りしてしまうのももったいないので、とりあえず思い出せる範囲で書いておこうと思います。

時は遡ること2月5日。

友人と中目黒でディナーと洒落こんできました。

午後3時ごろ渋谷で待ち合わせて、予約は午後6時。

ちょっと時間が空くからお茶でもするべと、109MEN’Sの地下にあるプロントへ。

期間限定でマーベルコラボをやっていたので。

f:id:atakagi0101:20170214071605j:plain

キャップのパンケーキが食べたかったんです。

ラテアートはベビーグルート。

ラテの絵柄はキャップのシールド、アイアンマン、ムジョルニア、ベビーグルートの四種類から好きなものを選べるのですが、お店の方に「おまかせで」と言ってみたところベビーグルートにしてくれました。ありがとうございます。GoG2めっちゃ楽しみです。

それにしてもプロント混んでたなぁ……。日曜日だからかもしれないけど、結構並んでました。大行列じゃないけど、常に3人とか5人とか待ってるかんじ。

最上階にはマーベルのポップアップショップもあったので覗いてみました。

グッズというよりフィギュア中心の品ぞろえ。

ムービー・マスターピースっていう、ちょっといいお値段のフィギュアあるじゃないですか……それがめっちゃあった。これでもかっていうくらい飾ってあった。デップーちゃんもいたよ!

ありがたやありがたや……とひとしきり拝んでから中目黒へ。

中目黒ってあんまりいったことがなかったもので、地理がわからず駅周辺をしばらくウロウロ。本当は予約にはちょっと早い時間についちゃったので、どこかでお茶してからお店に行こうかと思っていたのですが、どこも空いてねぇ……。仕方なく真っ直ぐお店へ向かいました。

大きな道路沿いではなく閑静な住宅街のような、結構入り組んだ道にお店はあったのですが、いざ着いてみると……あるじゃん、カフェ。お店のド正面に。

予約の時間までそこで一服しました。

span-co.jp

今回予約したのはこちらのお店。見た目は本当に名前のとおりおしゃれなアパートのようで、あんまりごはんやさんっぽくない。

内装もアンティーク調。こんなこじゃれたお店滅多に来ないから、場違い感に震える。

そんな謙虚な心もごはんが来た途端にすべてふっ飛びました。

f:id:atakagi0101:20170214074335j:plain

燻製ナッツ(お通し)とスモークチーズ

お通しは見た目こそ普通だけど、食べてみると確かにちゃんと燻製っぽい味がする。

こう、噛めば噛むほど味が……うん……鉛筆……いや……クーピー……?

友人にもきいてみたのですが賛同は得られませんでした。

f:id:atakagi0101:20170214074727j:plain

燻製ポテトサラダ。

これでもかとぶっかかったチーズを混ぜる、というより練り込む。

結構ごろっとしたおいものかたまりが混ざっていました。

しかし本当に何もかもが燻製だな……。

f:id:atakagi0101:20170214074918j:plain

燻製ベーコン。

動く城的なものを彷彿とさせるぶあついベーコンです。うまし糧をー!

こういうの普通はお酒のおつまみとして食べるんだろなぁ……誰一人として一滴も飲まなかったけど。

f:id:atakagi0101:20170214075110j:plain

そしてメインの瞬間燻製。

ダッチオーブンの底に桜のチップが敷いてあって、その場で燻してからいただきます。

これって単品で食べるものなのかなぁ……でも頼んじゃうよね、白米。

そのままでも、薬味をつけても、お肉の横のたまごをつけてもおいしい。

ちなみにたまごは余ったら、こんなかんじで

f:id:atakagi0101:20170214075556j:plain

たまごかけごはんにしてもらえます。

ワタシコンナオシャンティナタマゴカケゴハンシラナイ……。

自宅では絶対再現不可能なのに、なぜか家でもたまごかけごはん食べたくなるんだよなあ……。

シメのデザートは一人一品ずつ頼んでシェアしました。

f:id:atakagi0101:20170214075729j:plain

燻製焼きりんごとフォンダンショコラ、カッサータ。

焼きりんごはやっぱりほんのり燻製のにおいがする。

フォンダンショコラは一見小ぶりなのですが、中にがっつりチョコが詰まっていてかなり濃厚。このサイズでちょうどいいかも。

カッサータ……聞きなれない名前ですが、味は凍らせたクリーム……アイス……?

不思議な味ですがおいしかったです。ドライフルーツが入っているのですが、そちらも燻製だそう。

 

思い出したらお腹減ってきたなぁ……また行きたいです。

お店を出る時に階段でつまづいてダイナミックに退場してしまったのも既にいい思い出。

帰り際にお店の人がカイロくれたよ!やさしい!

職業体験記―おくりびと編 6 外側から見たおくりびとという職業

飼っているインコがミートスパに両足を突っ込み大惨事になりました。おはようございます。

 

これまで思いつくままに、経験者という立場からおくりびとについて好き勝手に書き連ねてまいりましたが、今回は主観ではなく、客観的におくりびとという仕事がどのように見られているのかを自分なりに考えてみたいと思います。結局は体験談なんだけどね……。

 まず、初対面もしくは深い知り合いではない人に納棺師をしていますと言うと「必要な仕事だと思うけど自分ではできない」もしくは「身内がやろうとしていたら止める」という反応がほとんどでした。もちろん「へえそーなんだーすごいねー大変だねーがんばってねー」という具合で理解のある方もいるのですが、中には「人の死を商売にするなんてとんでもない」という考え方の方も、世代を問わず一定数はいる。喪家に呼ばれて行ったはずなのに、何だかものすごく不審がられているというか、歓迎されていないというか……悪いことしに来たような雰囲気になっちゃったり。

ご自宅までお手当てに行ったら、お隣かお向かいの家の人に「気持ち悪いからここに車を停めないでくれ」と言われたこともありました。その時はほんの五分も停めていなかったと思うんだけど……。

葬儀や法事を行うセレモニーホールの周りにも「葬祭所反対」と書かれたのぼりが立っているのを時々見かけます。個人的には自分の家の徒歩圏内に葬祭所があったらものすごく助かると思うのだけど。霊安室に預ければ毎日でもお参りに行けるし、逆に自宅に安置して何かあった時にはすぐ駆けつけてもらえるし。

でも、そう考えるのは私が慣れているからであって、知らない人のご遺体が近所にあるのは普通抵抗があるものなんだろうな……。近頃はコンパクトな作りになっているホールが多くて、湯灌室と霊安室がひとつづきになっているような構造も珍しくないのですが、こんなところで湯灌をするなんて何事だってクレームになったこともあった。霊安室って地下にあることが多いから、気分が悪くなって途中で退場しちゃう人も結構います。

ただ、そうなるのも仕方ないことではあるんだよな……。最近は家族葬が多くなって、広々とした湯灌室どころか広々とした式場だってそれほど必要なかったりもするし。

いずれにせよ葬儀や、ご遺体に関わる仕事というのは、はたから見たら何してるのかよくわからなくて、時にうさんくさくもあり、非日常な感じもする。納棺師として働き始めたら、友達と疎遠になったなんてこともひょっとしたらあるかも知れません。それこそおくりびとじゃないけど、付き合っていた人に「納棺師になるんなら結婚できない」とか言われたり。

なので、本格的に納棺師を目指す前に、知り合いという知り合いに許可を得ろとは言わないから、せめて家族だけでもちゃんと理解を得ておいたほうが、後々のトラブルになりづらいかと思われます。