天体とアスペクト㊱ ~木星と土星~

 

f:id:atakagi0101:20190929223440j:plain

 

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。

その中で木星投資家土星コンサルタントに置き換えています。

実際は、たとえ同じ会社に貢献している投資家とコンサルタントだったとしても、直接関わることは滅多にないかもしれません。

しかし、多少無理やりにたとえるなら、投資家(木星)とコンサルタント土星)がお互いに興味をもち、お互いビジネス論をやりとりするうちに影響を与え合うイメージ・・・を想像するとわかりやすいかもしれません。

たとえば、木星土星が吉角を成している場合、投資家(木星)はコンサルタント土星)の影響を受け、より堅実かつ計画的に投資を行うようになるでしょう。

逆に、凶角を成している場合は、コンサルタント土星)の影響力が強すぎて、投資家(木星)の持ち味である楽観的な思考や寛容な性質まで失われてしまうかもしれません。

木星拡大や発展土星試練や制限などを司る星です。

一見すると正反対のように思える二つの星のアスペクトに注目することで、その人の根気強さや自制心、金銭感覚の傾向などを読み取ることができます。

 

 

 

木星土星が吉角(ソフトアスペクト・イージーアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117200801p:plain 0°(コンジャンクション・合)

コンジャンクションとは簡単にいえば、2つの星がほぼ一体化しているような状態です。

拡大や発展を象徴する火星と、抑圧や制限を司る土星が重なっていることから、このアスペクトをもつ人は、ルールを重んじる傾向はあるものの規則一辺倒ではなく、「制限がある状況でどれだけ自由にやるか」という方向へ考えを持って行こうとします。

基本的には保守的な思想な持ち主なので、ある程度のルールが定められた環境のほうが、実力を発揮しやすいでしょう。

真面目で誠実な努力家なので、組織の中でも信頼を勝ち取りやすく、重要度の高い仕事や教育係を任されることも多いです。

実際に指導力に長け、教師など人を教え導く仕事にも適性があります。

経済面に関しては、木星の浪費家な一面と、土星の倹約家が極端に作用するため、どちらかに偏る人もいれば、浪費と節約を繰り返す人もいるようです。

 

f:id:atakagi0101:20190117201131p:plain 120°(トライン)

アスペクトの種類でも解説したように、 トラインは同じエレメントの間で形成されるアスペクトです。

似た者同士ではあるものの、コンジャンクションのように一体化するほどではなく、極端な影響は出にくいでしょう。

このアスペクトをもつ人は道徳を重んじ、健全な生き方を指向する人です。

やや瞬発力には欠けるものの、地道な努力が苦にならず、堅実に努力を重ねて揺るぎない地位や財産を築いていきます。

コンジャンクションと同じく保守的な性質が強調されるため、革新的な事業を興したり、世間の注目を集めるような華々しい活躍をしたりするよりも、規律や伝統に守られた環境で与えられた仕事に集中するほうが性に合っているようです。

一つのことを安定したペースで、継続的に行っていく能力があるため、研究職などの根気や計画性が求められる仕事に向いています。

 

f:id:atakagi0101:20190117201227p:plain 60°(セクスタイル

セクスタイルは火と風、水と地というように、お互いを補い合うエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションは一心同体、トラインは似た者同士だったのに対し、セクスタイルは親和性こそ高いものの、基本的な考え方は価値観は異なります。

そのため、コンジャンクションやトラインほどストレートな影響が出ることは少ないでしょう。

このアスペクトをもつ人は、親しみやすさと威厳がバランスよく同居した人です。

落ち着きがあり、適度な計画性と柔軟性を兼ね備えています。

「この人に頼りたい」と思わせるようなオーラを纏っており、実際に頼りにされることも多いです。

援助者にも恵まれやすく、お金の扱いも得意なので、金融業など安定した経済感覚や信用が求められる仕事に適性があります。

 

 

木星土星が凶角(ハードアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117201417p:plain 180°(オポジション・衝)

オポジションセクスタイルと同じく火と風、地と水のように親和性の高いエレメント同士で形成されるアスペクトです。

ただし、セクスタイルが少し距離を置いて隣り合っているのに対し、オポジションは真正面から向かい合っているため、緊張感のある関係になります。

たとえるなら、投資家(木星)がコンサルタント土星)の目を意識しすぎて、必要以上に委縮してしまっているようなイメージです。

このアスペクトをもつ人は、規律や規範を重んじるあまり、自分だけではなく周囲の人にまでルールに従うよう強要してしまう傾向があります。

志が高い野心家ではあるのですが、身の丈に合わないも目標を設定した結果、挫折を味わうこともしばしばです。

ストイックな性質が過ぎて本人も息苦しさを感じることがあり、ストレスやプレッシャーを手放すために、極端な浪費に走ることもあります。

人間関係でのトラブルを招きやすく、あまりに厳格な態度が過ぎると、訴訟や告発により経済的な損失を受ける可能性があるため、注意が必要です。

 

f:id:atakagi0101:20190117201648p:plain 90°(スクエア)

スクエアは火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるアスペクトです。

性格や価値観に通じ合うところがないため、なかなかお互いの意志が噛み合わず、相手の思考や行動に横やりを入れてしまうこともしばしばです。

拡大や発展を象徴する木星のはたらきを、制限や抑圧を司る土星が阻止してしまうため、このアスペクトをもつ人はここぞというタイミングでうまく動けず、せっかくのチャンスを棒に振ってしまう傾向が見られます。

タイミングを逃してしまう理由は、実力不足や準備不足など本人の資質に起因するものから、周囲の環境が許さなかったなど不可抗力的な要因までさまざまです。

逆に、本来なら動かなくていいタイミングで焦って行動を起こし、失敗してしまうこともあるでしょう。

ただし、木星土星も、年を経るごとに本来の意義を発揮する星です。

挫折や失敗を繰り返しても、そこから学びを得て乗り越えることで、かえって実力や経験値が身につきます。

 

 

アスペクトのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星の入っている星座やハウスにより解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。