天体とアスペクト⑨ ~太陽と海王星~

 

f:id:atakagi0101:20190430231522j:plain

 

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。

その中でも、トランスサタニアン(天王星海王星冥王星の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体のような明確な支援者でもないけれど、外部から会社に影響を及ぼすポジションにたとえることができます。

海王星は、いうなれば行きつけのバーやスナックのママのような星です。

社長(太陽)が抱えている密かな本音や潜在的な欲求を引き出し、さらにその本音や欲求を増幅させます。

また、海王星は無意識の領域や霊感を司る星です。

太陽と海王星が吉角を成していれば、直感や第六感がその人の自己実現に大きく貢献するでしょう。

逆に、凶角を形成している場合は、幽玄の世界にとらわれるあまり、ほとんど幻想や妄想の域に達してしまったり、浮世離れした生き方を選択したりしてしまうかもしれません。

 

 

 

太陽と海王星が吉角(ソフトアスペクト・イージーアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117200801p:plain 0°(コンジャンクション・合)

コンジャンクションとは簡単にいえば、2つの星がほぼ一体化しているような状態です。

夢や理想を象徴する海王星と、人生の方針を司る太陽が同調していることから、このアスペクトをもつ人は夢に生きる人、理想主義者であるといえます。

直感力に優れ、実力以上の幸運やチャンスを手にすることも珍しくありません。

アーティスティックな感性を求められる仕事や、お酒などの嗜好品を取り扱う仕事など、人によって価値が変動するものを取り扱う職業につくと大成する可能性があります。

また、このアスペクトをもつ人の特徴として、自分が理想主義者という自覚があまりない、という点が挙げられます。

そのため、現実離れした理想を抱いていても、実現できない可能性には考えが及ばないようです。

さらに、理想の形が曖昧で具体性がなくても、それほど不安を感じることなく生きてしまうところがあります。

仕事に限らず、恋愛に対する理想も高いので、なかなかパートナーが見つからなかったり、婚期が遅くなったりする傾向も見られます。

 

f:id:atakagi0101:20190117201131p:plain 120°(トライン)

アスペクトの種類でも解説したように、 トラインは同じエレメントの間で形成されるアスペクトです。

このアスペクトをもっている人も、やはり理想主義者ではあるのですが、理想やイメージを曖昧なまま抱き続けるのではなく、きちんと実現させる力も備えています。

 自分の理想はもちろん、他人の理想も引き出し、現実化する能力があることから、起業家や政治家に多いアスペクトともいわれています。

ただし、実現するのは夢や理想などのポジティブなイメージだけとは限りません。

ネガティブなイメージを抱き続ければ、その通りの悲惨な未来になってしまう可能性があります。

イメージを実現する能力を上手にコントロールできるようになれば、本人が意識せずとも幸運やチャンスを引き寄せ、成功を掴むことができるでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201227p:plain 60°(セクスタイル

セクスタイルは火と風、水と地というように、お互いを補い合うエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションやトラインが、ダイレクトに海王星が影響するのに対し、セクスタイルの場合は間接的に影響があらわれます。

幸運やチャンスが直接降ってわいてくるというよりも、チャンスにつながるための手がかりやインスピレーションを得やすいといった具合です。

きちんと将来のヴィジョンを見据えながら、理想に辿り着くための筋道を立てられるので、コンジャンクションやトラインよりも地に足のついた生き方を選んで行けるでしょう。

 

 

太陽と海王星が凶角(ハードアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117201417p:plain 180°(オポジション・衝)

オポジションセクスタイルと同じく火と風、地と水のように親和性の高いエレメント同士で形成されるアスペクトです。

火が風にあおられて広がり、大地が水を吸収して豊かになるように、太陽は海王星の影響を受けて、さらに理想に燃えるようになります。

このアスペクトをもつ人は、理想を追い求めることに人生の意義を見出す人です。

理想が膨らみすぎて、等身大の自分の姿が見えなくなってしまう危険も孕んでいます。

ただし、理想を実現するために、人を蹴落としたり、出し抜こうとしたりすることは滅多にありません。

どちらかといえば、お人よしが過ぎて自分を犠牲にしまう人が多いようです。

これも、極端な理想主義によるものです。

しかし、騙されたり貧乏くじを引いたりしても、本人がそれを気に病む様子はあまりなく、次なる理想を追い求めるために邁進します。

この人にとっては、自身が抱く理想こそが実像なので、現実に何が起こったとしても、思想や行動を改める理由にはならないのかもしれません。

 

f:id:atakagi0101:20190117201648p:plain 90°(スクエア)

スクエアは火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションオポジションのように、お互いに通じ合うところがないため、海王星からの影響も、予想外の形であらわれます。

たとえば、宗教やオカルトなど、日常から遠く離れた世界から影響を受ける場合もあるでしょう。

実際に、このアスペクトをもつ人が、占い師やヒーラー、カウンセラーなどを志すケースは多いです。

また、幽玄の世界に深くのめりこんだかと思えば、突然現実世界に関心を向けることもあり、意識の切り替えが極端な傾向が見られます。

周りからはっきりしない人、二面性がある人という印象をもたれやすいですが、むしろ理想と現実を一緒くたにせず、はっきりと分けてしまえるぶん、堅実な人生を歩めるかもしれません。

 

 

アスペクトのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星の入っている星座やハウスにより解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。