占い処 十一時屋のブログ

島根県内で活動中の占い師 島谷実郷(しまやみさと)のブログです

しまね占い探訪 vol.1 涼雅先生

いよいよ125日に迫ったしまね占い探訪

イベント開催にさきがけ、出店者の皆様にお話をうかがってみました。

トップバッターは筆跡診断による鑑定を行いながら、講師としても活動している涼雅先生です。

f:id:atakagi0101:20211118191429p:plain

日本筆跡セラピスト協会 認定講師。出雲市出身。2018年 筆跡心理学に出会い、講師の資格を取得。 親子の悩み、不登校等の相談事が多いため子供筆跡の 資格取得。2020年より本格的に活動開始。書いて頂いた文字から診断いたします。現在、講座開講、セッション、イベント出店にて活動中。

心理学の知識にもとづき、その人の状態や性格、行動傾向などがわかる筆跡診断。

学んでみようと思った方や、興味はあるけれど鑑定を受けたことはまだないという方も多いのではないでしょうか。

数あるメソッドの中から、涼雅先生はどのようにして筆跡診断に辿り着いたのでしょう。

涼雅先生:きっかけは、県外へ出る事になった娘がかけてくれた「好きな事をしたら?」という一言でした。日々の仕事や子育てに追われる中でも楽しめる趣味があればいいな、と模索していた頃に、筆跡診断のワークショップに参加することになったんです。初めてセッションを受けたときには、文字を見ただけでこんな事まで分かるの!?と衝撃を受けました。筆跡診断の大きな特徴として、文字の書き方を変えると、性格や人生にも変化が現れるという点があります。心理学の要素もあって、面白いと思って勉強するようになりました。なりたい自分に少しずつ近付いているという感覚もあり、夢中になって実践を重ねるうちに、講師の資格まで取得していました(笑)

──教えられる側から教える側に立った今もなお、涼雅先生はセラピストとして、そして講師としてもステップアップを続けていらっしゃいます。

先生自らセッションを行う際に心がけていることや、こだわりについても聞いてみました。

涼雅先生:セッションを受けるお客様も、最初は緊張でドキドキしたり、不安でいっぱいになったりすることもあると思います。それでも、最後には笑顔で帰っていただけるよう、お客様に寄り添った診断を心がけています。そのためには、知識や経験だけではく、自分自身のコンディションをコントロールする術も身につけなければなりません。セッションに際してモチベーションが高すぎても、また低すぎても、的確な診断を行うのが難しくなってしまいます。常に一定でキープすることが重要です。

──ときにお客様と一緒に喜び、不安や迷いにも真摯に向き合う涼雅先生のもとには、老若男女問わず幅広い世代のお客様が相談にいらっしゃいます。中にはこんなエピソードも……

涼雅先生:まだまだ勉強中の頃、カップルのお客様を診断させていただいたときのことです。 女性の方の筆跡を見せていただいたうえで妊娠していらっしゃいますか?とお尋ねしました。当時はお二人とも結婚はまだまだ、と考えていたようで、男性の方も「それはありません」とキッパリ否定されていたのですが、参考までに結婚の時期、相性も合わせてお話をさせていただきました。それから間もなく男性から連絡があり「結婚する事になりました! パパになります!」というお礼のメッセージをくださいました。今は一児のパパさんになっていらっしゃいます。そのときの嬉しい気持ちは、今でもはっきりと覚えています。私にとって思い出深いエピソードのひとつです。

──あるときはセラピストとして一人ひとりの人生に寄り添い、あるときは講師として知識を求める方々を導いてきた涼雅先生。今後の目標についても聞かせていただきました。

涼雅先生:私の実感としては、筆跡診断という方法は、まだまだ山陰では知られていないようです。筆跡心理学を必要としている方に届くよう、多くの方に広く知っていただくことが今の目標です。そして何より、みんなで楽しく過ごせる事が一番! 「ここに来たら診断を受けられる!」という場所を構築したいと思っています。

 

今の自分がどういう状態なのか知りたい!という方や、今の自分を変えたい!という方には特におすすめの筆跡診断。

しまね占い探訪では、涼雅先生のセッションを10分間¥1,000(税込)から体験できます

f:id:atakagi0101:20211118184710j:plain

 

📩涼雅先生の最新の出演情報はこちら!

・Instagram→@ryogahappy

・facebook→川瀬 ゆか(涼雅)

f:id:atakagi0101:20211118183125j:plain