天体とアスペクト㊶ ~土星と海王星~

 

f:id:atakagi0101:20191006173924j:plain
 

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。

その中でも、トランスサタニアン(天王星海王星冥王星の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体のような明確な支援者でもない、会社の外部から影響を及ぼすポジションにたとえることができます。

理想や博愛精神をあらわす海王星は、たとえるなら『自分』という会社ぐるみで贔屓にしているバーやスナックのママのような星です。

一方、土星『自分』という会社を発展させるための道筋を示すコンサルタントといえるでしょう。

厳密にいえばコンサルタントは社員というわけではありませんが、海王星土星アスペクトを形成している状態は、コンサルタント土星)がママ(海王星)の店を気に入って、足繁く通っているようなものと考えるとわかりやすいです。

土星試練や制限海王星理想や感情、奉仕、博愛などを司る星です。

土星海王星が吉角を成している場合、コンサルタント土星)はママ(海王星)の店に通ううちに夢見る心を引き出され、理想を叶えるために地道な努力を重ねます。

凶角を成している場合、やはりひたむきに努力はするものの、ストイックすぎて息苦しさを覚えてしまうかもしれません。

土星海王星アスペクトを見ることで、その人が夢を実現するために、どの程度の努力ができるかを読み取ることができます。

 

 

 

土星海王星が吉角(ソフトアスペクト・イージーアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117200801p:plain 0°(コンジャンクション・合)

コンジャンクションとは簡単にいえば、2つの星がほぼ一体化しているような状態です。

抑圧や制限をあらわす木星と、理想や感情を司る海王星が結びついていることから、このアスペクトをもつ人は自らの感情や欲望を抑え込んで、理想のために地道な努力ができる人です。

もともと感情の起伏が少なく、表情や仕草にもあらわれにくいので、周りからは何を考えているのかわからない人と思われることもあるでしょう。

一方で、メンタル面は安定しており、少々のことでは揺るがないため、いつでも冷静に現状を分析しながら、綿密かつ堅実な計画を立てて行動することができます。

自分自身の思想や価値観に絶対的な自信を持ち、滅多なことでは考えを変えることはありません。

自分が正しいという前提があるため、自身の理想を周囲の人々や社会が受け入れないと、ルールごと変えてしまうような激しい一面もあります。

 

f:id:atakagi0101:20190117201131p:plain 120°(トライン)

アスペクトの種類でも解説したように、 トラインは同じエレメントの間で形成されるアスペクトです。

性格や価値観が似たもの同士、と考えるとわかりやすいでしょう。

土星海王星が調和しながらお互いを補い合っている状態なので、コンジャンクションほど極端な影響が出ることはありません。

このアスペクトをもつ人は、内側に壮大な理想を秘めているものの、それを表に出したり、誰かに相談したりすることは滅多にないでしょう。

口の堅さは折り紙つきで、秘密や計画を外に漏らすことはない秘密主義者です。

誰かに理解されたり、応援されたりしなくても、一人でこつこつと努力を続けられるような根気強さを備えています。

感情表現も抑え気味な傾向はあるものの、コンジャンクションほど極端ではなく、交渉や駆け引きも得意です。

ただし、基本的には警戒心が強いので、打ち解けるまでは時間がかかります。

 

f:id:atakagi0101:20190117201227p:plain 60°(セクスタイル

セクスタイルは火と風、水と地というように、お互いを補い合うエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションやトラインほど親和性は高くありませんが、そのぶんストレートな影響が出にくいでしょう。

このアスペクトをもつ人は大器晩成型で、長い時間と地道な努力を重ねて、最終的に理想を手に入れる人です。

感情をコントロールする能力に長けているため、「クールな人」「ミステリアスな人」という印象を受けやすいものの、内面はユーモアに満ちています。

時間をかけて少しずつ打ちとけていくうちに、内に秘めた感情や豊かなユーモアまで見せられるようになっていくでしょう。

 

 

土星海王星が凶角(ハードアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117201417p:plain 180°(オポジション・衝)

オポジションセクスタイルと同じく火と風、地と水のように親和性の高いエレメント同士で形成されるアスペクトです。

ただし、セクスタイルが少し距離を置いて隣り合っているのに対し、オポジションは真正面から向かい合っているため、過剰な影響が出やすい関係になります。

土星のストイックで努力家な面と、海王星の夢見る力がどちらも強く押し出されることから、このアスペクトをもつ人は、逆境においてもひたむきに理想を追い続けることができるほどの強い意志力を秘めています。

ただし、夢を叶えるまでの道のりは、必ずしも順風満帆とは限りません。

理想と現実の板挟みで進むべき道に迷ったり、劣等感や悲観的な考えに取りつかれたりすることもあるでしょう。

また、こだわりが強く頑固な一面もあるため、なかなか人に理解されず、孤立してしまう場合もあるかもしれません。

 

f:id:atakagi0101:20190117201648p:plain 90°(スクエア)

スクエアは火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるアスペクトです。

根本的な価値感や性格が異なるため、なかなかうまくかみ合いません。

くっついたり離れたりを繰り返す、不安定なアスペクトと考えるとわかりやすいでしょう。

このアスペクトをもつ人も、オポジションと同様、理想と現実のギャップに悩むことが多くなりそうです。

はっきりとした夢や理想はあるのに、現実の状況がなかなかそれを許さず、厭世的な思考をもつようになったり、極端な現実主義者になったりする場合もあります。

ときには組織や権力者の犠牲となり、半ば強制的にドロップアウトさせられてしまうというケースもあるでしょう。

しかし、目先の損得勘定にとらわれず、理想を叶えるためならあえてスケープゴートとなることも厭わない、強い心の持ち主でもあります。 

 

 

アスペクトのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星の入っている星座やハウスにより解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。