天体とアスペクト㉟ ~火星と冥王星~

 

f:id:atakagi0101:20190928230642j:plain

 

星座と天体では、出生図における10天体を自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。

その中でも、トランスサタニアン(天王星海王星冥王星の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体のような明確な支援者でもなく、会社の外部から影響を及ぼすポジションにたとえることができます。

破壊や再生、権力など不可抗力的な力を司る冥王星は、たとえるなら『自分』という会社にとっての筆頭株主のような星です。

一方、行動力や積極性を司る火星は、『自分』という会社を守るため、あるいはますます発展させるために戦う顧問弁護士のような役割を担っています。

実際の会社では、筆頭株主と顧問弁護士が直接関わることは珍しいかもしれませんが、筆頭株主が全幅の信頼を置いているお抱え弁護士をイメージするとわかりやすいかもしれません。

火星と冥王星が吉角を成している場合、顧問弁護士(火星)は筆頭株主冥王星)に目をかけられているだけあって、尋常ならざる底力を発揮するでしょう。

逆に、凶角を成している場合、顧問弁護士(火星)は自らのエネルギーをコントロールしきれず、暴走してしまうかもしれません。

火星と冥王星アスペクトを見ることで、その人の体力やバイタリティ、危機管理能力などを読み取ることができます。

 

 

 

火星と冥王星が吉角(ソフトアスペクト・イージーアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117200801p:plain 0°(コンジャンクション・合)

コンジャンクションとは簡単にいえば、2つの星がほぼ一体化しているような状態です。

行動力や積極性をあらわす火星と、絶対的な権力や不可抗力的な力を司る冥王星が結びついていることから、このアスペクトをもつ人は限界を超えて活動できる体力とバイタリティの持ち主です。

極限状態で真価を発揮するタイプなので、日常生活ではエネルギーを持て余してしまうかもしれません。

そのかわり、追い込まれると不屈の精神力と凄まじい回復力を示し、逆行を乗り越えてしまいます。

目的を果たすためなら手段を選ばず、ときに非情で冷酷な一面を垣間見せることもあるでしょう。

スポーツ選手や消防士など、ここぞというときの胆力と勝負強さが求められる職業に向いています。

 

f:id:atakagi0101:20190117201131p:plain 120°(トライン)

アスペクトの種類でも解説したように、 トラインは同じエレメントの間で形成されるアスペクトです。

性格や価値観が似たもの同士、と考えるとわかりやすいでしょう。

火星と冥王星が調和しながらお互いを補い合っている状態なので、コンジャンクションほど極端な影響は出にくいです。

このアスペクトをもつ人も、コンジャンクションと同様、体力やバイタリティに恵まれています。

優れたカリスマ性を備え、本人も自らの実力を理解していることから、自信家になりやすい傾向が見られます。

集団のリーダーに立つ資質も備えていますが、好戦的な一面もあるため、敵を作りやすいでしょう。

ただし、何度挫折を味わっても立ち上がる回復力も持ち合わせているため、少々の批判や妨害を受けた程度で意志を曲げることはありません。

それどころか、敵と認識した相手は容赦なく追い詰め、体面やプライドを傷付けられるようなことがあれば徹底的に報復するでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201227p:plain 60°(セクスタイル

セクスタイルは火と風、水と地というように、お互いを補い合うエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションやトラインほど親和性は高くありませんが、そのぶんストレートな影響は出にくいでしょう。

このアスペクトをもつ人も、やはりスタミナとバイタリティに恵まれた、タフな心身の持ち主です。

失敗や挫折を繰り返しても諦めない回復力をもち、自らやる気を奮い立たせたり、気分を切り替えたりするのが得意です。

コンジャンクションやトラインのように、他人を蹴落としてでも目的を果たそうとするほどの刺々しさはなく、平穏な人間関係を築くことができます。

仕事とは別に、持ち前のスタミナを活かせるような趣味をもつことで、公私ともに実力を発揮できるでしょう。

 

 

火星と冥王星が凶角(ハードアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117201417p:plain 180°(オポジション・衝)

オポジションセクスタイルと同じく火と風、地と水のように親和性の高いエレメント同士で形成されるアスペクトです。

ただし、セクスタイルが少し距離を置いて隣り合っているのに対し、オポジションは真正面から向かい合っているため、緊張感のある関係になります。

たとえるなら、顧問弁護士(火星)が常に筆頭株主冥王星)からのプレッシャーを受け続けているような状態です。

このアスペクトをもつ人は、良くも悪くもエネルギーの使い方が極端になりやすい傾向が見られます。

人並外れたスタミナとバイタリティを備えているものの、自らのエネルギーを制御しきれず暴走してしまうこともあるようです。

『適度』や『バランス』といった概念がすっぽり抜けており、エネルギーが底をつきるまで突っ走った挙句、限界が来てダウンしてしまうケースも珍しくありません。

 やや攻撃的な一面もあり、自ら危険な状況に飛び込んで行く人もいます。

何事も徹底してやり込まなければ気が済まない性質で、無目的のまま漠然と努力を重ねるのは苦手です。

逆に、はっきりとしたターゲットが設定されていると、途端にやる気に満ち溢れ、いきいきと目標に向かっていくでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201648p:plain 90°(スクエア)

スクエアは火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるアスペクトです。

根本的な価値感や性格が異なるため、なかなかお互いの思惑がかみ合わず、ときに相手の行動や言動に横やりを入れてしまうこともあります。

コンジャンクションオポジションのように、常に干渉しあっているわけではなく、近付いたり離れたりを繰り返す不安定な関係と考えるとわかりやすいかもしれません。

このアスペクトをもつ人は、有り余るエネルギーやバイタリティを持て余しがちな傾向があります。

普段からギラギラと挑戦的な姿勢を見せているわけではありませんが、目の前に敵と見なした人物や、身の安全を脅かしかねない状況があらわれると、途端に攻撃的になってしまうようです。

持て余した攻撃性や破壊衝動を発散するために、格闘技などのスポーツに打ち込む人も多く見られます。

 

 

アスペクトのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星の入っている星座やハウスにより解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。