天体とアスペクト㉞ ~火星と海王星~

 

f:id:atakagi0101:20190926233824j:plain

 

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。

その中でも、トランスサタニアン(天王星海王星冥王星の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体のような明確な支援者でもない、会社の外部から影響を及ぼすポジションにたとえることができます。

理想や博愛精神をあらわす海王星は、たとえるなら『自分』という会社ぐるみで贔屓にしているバーやスナックのママのような星です。

一方、火星『自分』という会社を守るため、あるいはますます発展させるために戦う顧問弁護士といえるでしょう。

厳密にいえば顧問弁護士は社員ではありませんが、海王星と火星がアスペクトを組んでいる状態は、顧問弁護士(火星)がママ(海王星)の店へ足繁く通っているようなものと考えるとわかりやすいです。

火星と海王星が吉角を成している場合、顧問弁護士(火星)はママ(海王星)に感化されて、自身の夢や理想を臆さずオープンにすることができます。

逆に、凶角を成している場合、顧問弁護士(火星)はママ(海王星)が振る舞うお酒に悪酔いしたような状態で、理想と妄想の区別がつかなくなってしまうかもしれません。

火星は行動力や積極性、海王星は理想や直感などを司る星です。

火星と海王星アスペクトを見ることで、その人の行動の原動力となるものや、依存しやすさなどを読み取ることができます。

 

 

 

火星と海王星が吉角(ソフトアスペクト・イージーアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117200801p:plain 0°(コンジャンクション・合)

コンジャンクションとは簡単にいえば、2つの星がほぼ一体化しているような状態です。

行動力や積極性をあらわす火星と、理想や博愛精神を司る海王星が結びついていることから、このアスペクトをもつ人は自身の夢や理想を実現するために情熱を傾ける人です。

直感が鋭く、その場で瞬間的に思いついたことであっても、ためらわず実行に移そうとします。

現実的か否かという点はさほど重要ではなく、到底実現できそうにない夢にも情熱をもって取り組み、努力を惜しみません。

熱狂しやすいタイプでもあり、一度はまったことは時間が経つごとに飽きるどころか、ますます深くのめり込んでいくでしょう。

特に、スピリチュアルなどの神秘的な世界やアルコールなど、海王星的な領域に関心を持ちやすいです。

感受性豊かで、相手の思考や感情を察する能力に長けているので、心理学者やカウンセラー、探偵などの仕事に適性があります。

 

f:id:atakagi0101:20190117201131p:plain 120°(トライン)

アスペクトの種類でも解説したように、 トラインは同じエレメントの間で形成されるアスペクトです。

性格や価値観が似たもの同士、と考えるとわかりやすいでしょう。

火星と海王星が調和しながらお互いを補い合っている状態なので、コンジャンクションほど極端な影響が出ることはありません。

このアスペクトをもつ人も、やはり理想家ではあるのですが、現実離れした理想に向かって突き進んでいくというケースは少ないでしょう。

理想やアイデアを実現させるために闇雲に突っ走るのではなく、きちんと筋道を立てて目標へ向かっていくため、途中で頓挫することは滅多にありません。

芸術家や発明家など、クリエイティビティを求められる職業で才能を発揮するでしょう。

また、正義感が強く、弱者に同情する深い慈愛の心を持ちあわせた人でもあるため、福祉やリラクゼーションなど、人を癒す仕事にも適性があります。

ヒーラーやチャネラーなど、スピリチュアルな分野に進む人も多いです。

 

f:id:atakagi0101:20190117201227p:plain 60°(セクスタイル

セクスタイルは火と風、水と地というように、お互いを補い合うエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションやトラインほど親和性は高くありませんが、そのぶんストレートな影響が出にくいでしょう。

このアスペクトをもつ人はポジティブ思考で、自身が理想とする人生や目標に向かって努力を惜しまない人です。

ただし、現実の生活や等身大の自分もしっかり見えており、大きすぎる理想を抱いて自滅するようなことはないでしょう。

周りの意見にもきちんと耳を傾け、実際の生活に取り入れることができる人です。

直感に優れ、人によっては霊感を備えている人もいます。

ときに虫の知らせや予知能力のような力のおかげで難を逃れたり、チャンスを掴んだりすることもあるでしょう。

 

火星と海王星が凶角(ハードアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117201417p:plain 180°(オポジション・衝)

オポジションセクスタイルと同じく火と風、地と水のように親和性の高いエレメント同士で形成されるアスペクトです。

ただし、セクスタイルが少し距離を置いて隣り合っているのに対し、オポジションは真正面から向かい合っているため、過剰な影響が出やすい関係になります。

ママ(海王星)が引きも切らずにお酒を注ぎ足してくるものだから、常に酩酊状態の顧問弁護士(火星)・・・をイメージするとわかりやすいかもしれません。

このアスペクトをもつ人は、非現実的な理想や幻想に向かって突っ走ってしまう傾向があります。

自分を過大評価していたり、誇大妄想に取りつかれたりするケースも見られ、等身大の自己像や現実がなかなか目に入りません。

ときには理想を叶えるために道徳や倫理を無視してしまうこともあるようです。

感情のコントロールが難しく、苛烈な態度に出てしまうこともあるため、人間関係に不和を生じたり、挫折を経験したりすることも多いです。

ただし、感情の激しさや衝動を創作意欲などに転化できれば、芸術や創作の分野で才能を開花させる可能性も高いでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201648p:plain 90°(スクエア)

スクエアは火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるアスペクトです。

根本的な価値感や性格が異なるため、なかなかうまくかみ合いません。

オポジションが常に酩酊状態なら、覚醒と酩酊を繰り返しているのがスクエアといえるでしょう。

このアスペクトをもつ人は感情の波が激しく、突然テンションが上がったかと思えば、急にやる気をなくしたりすることがあります。

思いつきを片っぱしから実現しようとする傾向があるため、実行に移す前に実現可能か、本当に今すぐにするべきことなのかを検討する習慣をつけたほうが良いでしょう。

不健全な妄想や幻想にとらわれやすく、不摂生で体を壊したり、アルコールやドラッグに依存してしまったりする人もいるようです。

また、不安定な感情につけこんで騙そうとする人や、利用しようとする人が近付いてくることもあるので、親しくするべき相手は慎重に選びましょう。 

 

 

アスペクトのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星の入っている星座やハウスにより解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。