天体とアスペクト㉝ ~火星と天王星~

 

f:id:atakagi0101:20190925155147j:plain

 

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。

その中でも、トランスサタニアン(天王星海王星冥王星の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体のような明確な支援者でもなく、外部から会社に影響を及ぼすポジションにたとえることができます。

革命や変化をあらわす天王星は、『自分』という会社と競合するベンチャー企業と考えるとわかりやすいでしょう。

一方、火星『自分』という会社を守るため、あるいはますます発展させるために戦う顧問弁護士のような星です。

火星と天王星が吉角を成していれば、顧問弁護士(火星)はベンチャー企業天王星)の影響を受け、体制に逆らうことすら恐れない反骨精神を発揮するでしょう。

逆に、凶角を成している場合、顧問弁護士(火星)の反骨精神が強く出すぎて、社会生活や集団生活に馴染むのが難しくなってしまうかもしれません。

火星と天王星アスペクトを見ることで、その人の行動力や独立心、独創性などを読み取ることができます。

 

 

 

火星と天王星が吉角(ソフトアスペクト・イージーアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117200801p:plain 0°(コンジャンクション・合)

コンジャンクションとは簡単にいえば、2つの星がほぼ一体化しているような状態です。

行動力や積極性を象徴する火星と、変化や改革を司る天王星が結びついていることから、このアスペクトをもつ人はときに型破りな行動に出ることも厭わない大胆さと、不屈の意志を兼ね備えています。

むしろ、周囲におもねったり、歩調を合わせたりすることを嫌うでしょう。

独立心が旺盛で、ときにルールや体制を踏み越えてでも自分の意志を貫こうとします。

独創性と発想力に富み、思い立ったことをすぐに実行する瞬発力も備えていますが、一方で周囲と協調しながら一つの目標に向かうのは苦手です。

社会生活や集団生活に馴染みにくく、孤独になりやすいものの、本人はむしろ身軽に動ける環境のほうが合っているようです。

意志が強い反面、ストレスが心身のコンディションに影響しやすいタイプなので、フリーランスなどある程度自由に動ける環境のほうが本領を発揮できます。

 

f:id:atakagi0101:20190117201131p:plain 120°(トライン)

アスペクトの種類でも解説したように、 トラインは同じエレメントの間で形成されるアスペクトです。

性格や価値観が似たもの同士、と考えるとわかりやすいでしょう。

火星と天王星が調和しながらお互いを補い合っている状態なので、コンジャンクションほど極端な影響が出ることはありません。

このアスペクトをもつ人は、革新的なアイデアを打ち出す独創性と、それらのアイデアを適切なタイミングで実行に移す判断力を兼ね備えた人です。

個性的なだけではなく、普遍的な感覚も持ち合わせており、社会のニーズや周囲から求められる役割を敏感にキャッチします。

周囲の意見に流されず、ここぞというタイミングで素早く行動に移せるのも強みです。

芸術家や発明家など、インスピレーションが求められる仕事でも活躍するでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201227p:plain 60°(セクスタイル

セクスタイルは火と風、水と地というように、お互いを補い合うエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションやトラインほど親和性は高くありませんが、そのぶんストレートな影響が出にくいでしょう。

このアスペクトをもつ人は、友人や仲間など、周囲の人々と協調しながら、理想やアイデアを実現できる人です。

その場の空気や時流に流されない意志の強さはあるものの、人の意見を取り入れる余裕も持ち合わせており、周囲とぶつかり合ったり心証を損ねたりすることなく、うまくサポートを借りながら目標を達成することができます。

思いつくアイデアも実用的なものが多く、商品開発やマーケティング、営業などあらゆる分野で重宝される才能の持ち主です。 

 

 

火星と天王星が凶角(ハードアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117201417p:plain 180°(オポジション・衝)

オポジションセクスタイルと同じく火と風、地と水のように親和性の高いエレメント同士で形成されるアスペクトです。

ただし、セクスタイルが少し距離を置いて隣り合っているのに対し、オポジションは真正面から向かい合っているため、緊張感のある関係になります。

たとえるなら、顧問弁護士(火星)がベンチャー企業天王星)のオリジナリティや斬新な発想に強く感化された結果、突飛な行動に出てしまっているようなイメージです。

このアスペクトをもつ人はエネルギッシュで、自由な発想力を備えた人です。

たとえ自身のアイデアが前例のないものであろうと、実現するため行動に移すでしょう。

一方で、どれだけ周囲の環境や人間関係が変わろうと、自分を曲げようとしない頑固さも持ち合わせています。

自身の個性やオリジナリティにこだわる部分があるので、周りからは「風変わりな人」「ピーキーな人」という評価を受けやすいかもしれません。

一度感情に火がつくと暴走してしまう傾向があるので、自身を理性的にコントロールする術を身につけることが課題となるでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201648p:plain 90°(スクエア)

スクエアは火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるアスペクトです。

根本的な価値感や性格が異なるため、誤解やすれ違いも多いです。

干渉したり離れたりを繰り返す、不安定な関係と考えるとわかりやすいでしょう。

このアスペクトをもつ人は、少々の困難に見舞われても意志を曲げようとしない精神力を備えています。

旧態然とした体制や習慣に反発することも厭わない勇敢な精神の持ち主ですが、一方で周囲を挑発するような言動や行動が多く、敵を作りやすいです。

特に、自身の自由を奪われるようなことがあると強く反発し、全力で抵抗します。

衝動的に行動する傾向があり、ケガや事故にも見舞われやすいので、ある程度の思慮深さを身につけることが課題となるでしょう。

 

 

アスペクトのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星の入っている星座やハウスにより解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。