天体とアスペクト㉛ ~火星と木星~

 

f:id:atakagi0101:20190923233537j:plain

 

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。

その中で火星顧問弁護士木星投資家に置き換えています。

実際の会社で顧問弁護士と投資家が直接関わる機会はなかなかないかもしれませんが、たとえるなら顧問弁護士(火星)の闘志と投資家(木星)の資本力が相乗効果を生み、会社をどんどん大きく強力なものへと成長させていくイメージ・・・を想像すると分かりやすいかもしれません。

火星と木星が吉角を成している場合、顧問弁護士(火星)は投資家(木星)の支援を受け、ますますエネルギッシュに活躍していくでしょう。

逆に、凶角を成している場合、顧問弁護士(火星)も投資家(木星)も共にやる気を出しているのはいいものの、必要以上に好戦的になってしまうかもしれません。

火星は行動力や情熱木星拡大や発展、人望などを司る星です。

火星と木星アスペクトに注目することで、その人のチャレンジ精神やビジネスの適性などを読み取ることができます。

 

 

 

火星と木星が吉角(ソフトアスペクト・イージーアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117200801p:plain 0°(コンジャンクション・合)

コンジャンクションとは簡単にいえば、2つの星がほぼ一体化しているような状態です。

行動力や情熱を意味する金星と、拡大や発展を司る木星が結びついていることから、このアスペクトをもつ人は非常にエネルギッシュで、野心家の傾向が見られます。

時代の流れを読む能力に長け、流行やトレンドを意識したビジネスを展開し、成功をおさめることもあるでしょう。

ギャンブルや投資など、リスクをともなう方法もためらわずに実践し、実際に利益を勝ち取ってしまう勝負強さをもった人です。

ただし、散財するときも豪快で、せっかく稼いだお金もなかなか手元に残らないかもしれません。

自らの野心を遂げるために積極的に行動する一方で、他人を蹴落としてでも利を得ようとするほどの冷酷さはありません。

むしろ穏やかで親しみやすい人柄なので、人脈にも恵まれるでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201131p:plain 120°(トライン)

アスペクトの種類でも解説したように、 トラインは同じエレメントの間で形成されるアスペクトです。

性格や価値観が似たもの同士、と考えるとわかりやすいでしょう。

火星と木星が調和しながらお互いを補い合っている状態なので、コンジャンクションほど極端な影響は出にくいです。

このアスペクトをもつ人は、意欲的に仕事へ打ち込み、活動の場を広げていきます。

肉体的にも精神的にもタフで、大抵の困難や障壁は持ち前の行動力とポジティブ思考で乗り越えてしまうでしょう。

一方で、ルーティンワークはあまり得意ではないので、デスクワークやライン作業には向かないかもしれません。

常にエネルギッシュに動き回っていたほうが才能を発揮しやすく、本人ものびのびと働けます。

経営者や個人事業主など、ある程度自由に動けて、自分の意志を反映できる仕事に向いているでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201227p:plain 60°(セクスタイル

セクスタイルは火と風、水と地というように、お互いを補い合うエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションやトラインよりも親和性が少ないぶん、極端な影響が出ることもないでしょう。

このアスペクトをもつ人も、トラインと同じく行動的で、優れたビジネスの才能を備えています。

異業種から得たヒントを上手に取り入れ、新しいビジネスを生み出したり、既存のビジネスをますます成長させたりするでしょう。

長期的な投資から、公営競技やスロットまで、ギャンブル的な要素に惹かれやすい人が多く、実際にギャンブルが趣味という人も見られますが、依存するほどのめり込むことは少なく、趣味の範囲に留められる節度の持ち主です。 

 

 

火星と木星が凶角(ハードアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117201417p:plain 180°(オポジション・衝)

オポジションセクスタイルと同じく火と風、地と水のように親和性の高いエレメント同士で形成されるアスペクトです。

ただし、セクスタイルが少し距離を置いて隣り合っているのに対し、オポジションは真正面から向かい合っているため、緊張感のある関係になります。

投資家(木星)からの援助を受けた顧問弁護士(火星)がどんどん活動範囲を広げていくものの、あれもこれもと手を出しすぎて暴走してしまうイメージ・・・を想像するとわかりやすいかもしれません。

このアスペクトをもつ人はやや無鉄砲で、その場のノリや勢いで行動してしまう傾向が見られます。

基本的に楽天家で、思ったことをすぐ実行に移す大胆さや行動力も備えているのですが、失敗したときのリスクはあまり考慮していません。

一攫千金を狙おうとする傾向があり、ギャンブルや儲け話に飛びつくこともしばしばです。

しかし、結果はまちまちで、必ずしも利益が出るとは限らないため、勝負事には手を出さないほうが無難でしょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201648p:plain 90°(スクエア)

スクエアは火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるアスペクトです。

通じ合うところが全くないため、相手の意図を汲み取ることが難しく、ときに相手の思考や行動に横やりを入れてしまうこともあります。

このアスペクトをもつ人も、オポジションと同じく、やや慎重さに欠ける傾向があるようです。

ひとつのことに地道にコツコツ取り組むのが苦手で、たとえ何かに熱中していても、他に興味を惹くような何かが現れたら、すぐにそちらへ脱線してしまいます。

過去の経験をあまり顧みず、行き当たりばったりで行動してしまうので、まずはある程度の自制心を持つことが大きな課題となるでしょう。

ただし、極端に衝動を抑え、慎重に行動しようとすると、かえって生きる気力まで失くしてしまう可能性があるので注意が必要です。

マスメディアやIT業界など、流行を敏感に捉える才覚や行動力を活かせる分野に適性があります。 

 

 

アスペクトのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星の入っている星座やハウスにより解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。