天体とアスペクト㉘ ~金星と土星~

 

f:id:atakagi0101:20190919002221j:plain
 

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。

その中で金星宣伝担当土星コンサルタントに置き換えています。

実際の会社で宣伝部とコンサルタントが直接関わるケースは珍しいのかもしれませんが、たとえるなら「この会社をより魅力的に見せるために、こんなことをしたい」という宣伝部に対し、コンサルタントがより現実的なアドバイスを与えるイメージ・・・を想像するとわかりやすいかもしれません。

たとえば、金星と土星が吉角を成している場合、宣伝(金星)はコンサルタント土星)の影響を受け、派手なプロモーションを慎み、より堅実な方法で会社を売り出していこうとするでしょう。

逆に、凶角を成している場合は、土星から過剰な干渉を受け、金星ならではの芸術的な感性や華やかさが失われてしまうかもしれません。

金星は芸術性や社交性土星試練や制限、責任感などを司る星です。

金星と土星アスペクトを見ることで、その人の自己管理能力や愛情表現の傾向などを読み取ることができます。

 

 

 

金星と土星が吉角(ソフトアスペクト・イージーアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117200801p:plain 0°(コンジャンクション・合)

コンジャンクションとは簡単にいえば、2つの星がほぼ一体化しているような状態です。

芸術性や社交性を象徴する金星と、抑圧や制限を司る土星が重なっていることから、このアスペクトをもつ人は華美なものよりも、質素で無駄がないものを好む傾向があります。

新しいよりも古風なものに惹かれやすく、伝統芸能や古典芸能を愛するでしょう。

恋愛面においては奥手で、愛情表現もそれほど得意ではありません。

本人も恋多きタイプではなく、むしろ恋愛よりも仕事を重視する傾向が見られます。

ただし、好きになった相手に対しては、一途な愛情を注ぐタイプです。

落ち着いた雰囲気を好むため、年下や同世代よりは年上の相手のほうが自分らしくリラックスして付き合えるかもしれません。

 

f:id:atakagi0101:20190117201131p:plain 120°(トライン)

アスペクトの種類でも解説したように、 トラインは同じエレメントの間で形成されるアスペクトです。

似た者同士ではあるものの、コンジャンクションのように一体化するほどではなく、それほど影響があらわれるわけではありません。

このアスペクトをもつ人は、やはり恋愛に関する関心は薄めですが、生真面目で合理的な思考を備えた人です。

優れた管理能力と思考能力を生かして、キャリアや財産を着実に積み上げ、安定した生活基盤を築いていくでしょう。

経営者や経理、税理士、会計士など、金銭に関する仕事に適性があります

人間関係においては実利を重視するため、無為に交友関係を広げていくことはありません。

信頼がおける限られた人々と、安定した関係を維持していけるでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201227p:plain 60°(セクスタイル

セクスタイルは火と風、水と地というように、お互いを補い合うエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションは一心同体、トラインは似た者同士だったのに対し、セクスタイルは親和性こそ高いものの、基本的な考え方は価値観は異なります。

そのため、コンジャンクションやトラインほどストレートな影響が出ることは少ないでしょう。

このアスペクトをもつ人は、自分の欲求や衝動をコントロールする能力に長けています。

高潔で潔癖な恋愛観の持ち主で、交際を始めた時点で既に結婚を見据えているような節もあるようです。

そのため、家族や世間に対して公にできるような関係を築ける相手でなければ、そもそも仲を深めようとはしないでしょう。

もちろん、不倫や浮気のような後ろめたい関係とは無縁です。 

 

 

金星と土星が凶角(ハードアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117201417p:plain 180°(オポジション・衝)

オポジションセクスタイルと同じく火と風、地と水のように親和性の高いエレメント同士で形成されるアスペクトです。

ただし、セクスタイルが少し距離を置いて隣り合っているのに対し、オポジションは真正面から向かい合っているため、緊張感のある関係になります。

たとえるなら、コンサルタント土星)の監視の目が厳しくなりすぎて、宣伝(金星)の本来の役割や才能まで制限してしまっているようなイメージです。

このアスペクトをもつ人は、恋愛よりも仕事を重んじる傾向が見られます。

しかし、恋愛にまるで興味がないわけではなく、むしろ人一倍恋愛に対して強い関心を抱いているともいえるでしょう。

ただし、この人にとって、恋愛は決して楽しいものではありません。

相手の本心を疑うあまり必要以上に束縛してしまったり、嫉妬心を抑えられなくなったりします。

相手を試すような行為を繰り返し、結果としてますます疑り深くなる・・・という悪循環に陥ってしまうケースもあるようです。

自分の思考のクセを理解し、改善するよう努めれば、安定した関係を築けるようになるかもしれません。

 

f:id:atakagi0101:20190117201648p:plain 90°(スクエア)

スクエアは火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるアスペクトです。

性格や価値観に通じ合うところがないため、なかなかお互いの意志が噛み合わず、相手の思考や行動に横やりを入れてしまうこともしばしばです。

たとえるなら、宣伝(金星)のやることなすことに、コンサルタント土星)が逐一口を挟んでくるような状態でしょうか。

このアスペクトをもつ人は、損得勘定や打算で交際する相手を選ぶ傾向が見られます。

愛情表現も屈折しやすく、嫉妬心にまかせて相手を縛りつけた結果、関係が破綻してしまうこともしばしばです。

ただし、執着する対象が恋愛ではなく仕事だった場合、常人では到達できない領域まで深く没頭し、目ざましい成果を上げる可能性もあります。

 

 

アスペクトのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星の入っている星座やハウスにより解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。