天体とアスペクト㉖ ~金星と火星~

 

f:id:atakagi0101:20190917021738j:plain

 

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。

その中で金星宣伝担当火星顧問弁護士に置き換えています。

金星と火星がアスペクトを形成している状態とは、良くも悪くも宣伝(金星)と顧問弁護士(火星)がお互いに影響を与え合っている状態です。

たとえば、金星と火星が吉角を成している場合、宣伝(金星)の女性的で芸術的な性質と、顧問弁護士(火星)の男性的で大胆な性質が互いを補い合い、プラスの相乗効果を生むでしょう。

逆に、凶角を成している場合、火星の攻撃性や金星の享楽的な面が強調され、感情や欲求に流されやすくなるかもしれません。

金星は芸術性や社交性、火星は情熱や行動力を司る星です。

金星と火星のアスペクトを見ることで、その人の恋愛傾向や芸術的な才能などを読み取ることができます。

 

 

 

金星と火星が吉角(ソフトアスペクト・イージーアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117200801p:plain 0°(コンジャンクション・合)

コンジャンクションとは簡単にいえば、2つの星がほぼ一体化しているような状態です。

芸術性を司る金星と、行動力を象徴する火星が連動していることから、このアスペクトをもつ人はエネルギッシュで、スポーツや芸術活動を好む傾向が見られます。

美的感覚に優れ、音楽や美術、舞台芸術など、芸術への関心が高いです。

アパレルや美容など、華やかさが求められる業界や、流行を敏感にとらえるセンスが求められる業界で成功しやすいでしょう。

また、金星の女性的な性質と火星の男性的な性質をもちあわせることから、性別に関係なく人を惹きつける魅力と華やかなオーラを備えています。

恋愛への関心も高く、経験豊富な人が多いです。

どちらかといえば感情や快楽に流されやすいタイプですが、もともと人間的な魅力が豊かで、人当たりもよいため、トラブルに発展することは少ないでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201131p:plain 120°(トライン)

アスペクトの種類でも解説したように、 トラインは同じエレメントの間で形成されるアスペクトです。

性格や価値観が似たもの同士、と考えるとわかりやすいでしょう。

宣伝(金星)と顧問弁護士(火星)が調和しながらお互いを補い合っている状態なので、コンジャンクションほど極端な影響が出ることはありません。

このアスペクトをもつ人も、やはり恋愛への関心が高いものの、恋愛観そのものは奔放ということはなく、穏やかで安定したパートナーシップを築くことができます。

好きになった相手には一途に情熱を注ぎ、交際中はもちろん、結婚後も愛情が冷めることはないでしょう。

いわゆるモテるタイプの人ではありますが、恋愛で大きくこじれることは少ないです。

本人も楽観的な性質な持ち主なので、トラブルになりそうなことはあっても、さほど気にしないまま何となく解決してしまうことが多いかもしれません。

 

f:id:atakagi0101:20190117201227p:plain 60°(セクスタイル

セクスタイルは火と風、水と地というように、お互いを補い合うエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションやトラインほど親和性は高くありませんが、そのぶんストレートな影響が出にくいという特徴があります。

このアスペクトをもつ人は、肉体的な性別に関係なく、男女両方の性質を内包する人が多いです。

極端に女性的、男性的な価値観に偏ることはなく、中立的な立場から物事を判断できるため、性別を超えて友好的な関係を築くことができるでしょう。

さらに、多角的な視野は芸術性や美意識にも反映されます。

あらゆる経験や価値観からインスピレーションを受け、ますます美的感覚が活性化されていくでしょう。

 

 

金星と火星が凶角(ハードアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117201417p:plain 180°(オポジション・衝)

オポジションセクスタイルと同じく火と風、地と水のように親和性の高いエレメント同士で形成されるアスペクトです。

ただし、セクスタイルが少し距離を置いて隣り合っているのに対し、オポジションは真正面から向かい合っているため、緊張感のある関係になります。

たとえるなら、宣伝(金星)と顧問弁護士(火星)が相手の女性性や男性性を過剰に意識し、お互いを挑発しあっているような状態です。

このアスペクトをもつ人は、恋愛への意欲が旺盛で、セックスアピールも強いものの、仕事や生活を犠牲にしても快楽にのめり込んでしまう傾向が見られます。

恋愛に限らず、欲望に流されやすい部分があり、刺激を求めて危ない橋を渡ったり、遊びや趣味のために浪費に走ったりといったこともあるでしょう

欲求や衝動をコントロールする術を身につけることが、この人にとって人生の大きな課題となります。

 

f:id:atakagi0101:20190117201648p:plain 90°(スクエア・インコンジャンクト)

スクエアは火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるアスペクトです。

お互いに共通点がないため、常に連携がとれるとは限らず、二つの星の影響が過剰に現れることもあれば、逆にお互いを牽制しあうこともあります。

このアスペクトをもつ人は、恋愛に積極的ではありますが、安定した関係を築くのが苦手な傾向があります。

浮気や不倫など、将来が見えない関係を結んだり、同じ相手と復縁を繰り返したりで、不安定な恋愛に陥りがちです。

ただし、本人も浮気性の傾向が見られる相手を無意識あるいは意図的に選んでいる節が見られます。

遊びや恋愛に情熱を注ぐあまり、お金やエネルギーを浪費してしまう危険もあるため、恋愛に夢中になっている期間ほど徹底した自己管理が必要です。

 

 

アスペクトのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星の入っている星座やハウスにより解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。