天体とアスペクト㉓ ~水星と天王星~

 

f:id:atakagi0101:20190718180637j:plain
 

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。

その中でも、トランスサタニアン(天王星海王星冥王星の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体のような明確な支援者でもなく、外部から会社に影響を及ぼすポジションにたとえることができます。

革命や変化をあらわす天王星は、『自分』という会社と競合するベンチャー企業と考えるとわかりやすいでしょう。

一方、水星は『自分』という会社の魅力を外の世界に向かってアピールする営業担当のような星です。

水星と天王星アスペクトを形成している場合、営業(水星)は良くも悪くもベンチャー企業天王星)の動向に興味津々で、影響を受けやすい状態にあります。

水星と天王星が吉角を成していれば、営業(水星)はベンチャー企業天王星)から刺激を受け、革新的なアイデアを次々に打ち出すでしょう。

逆に、凶角を成している場合、営業(水星)は独創性を追い求めすぎて、偏屈ともいえる領域まで達してしまうかもしれません。

水星と天王星アスペクトを見ることで、その人の発想力や独創性、合理性などを読み取ることができます。

 

 

 

水星と天王星が吉角(ソフトアスペクト・イージーアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117200801p:plain 0°(コンジャンクション・合)

コンジャンクションとは簡単にいえば、2つの星がほぼ一体化しているような状態です。

知性やコミュニケーション能力を司る水星と、変化や改革を象徴する天王星が結びついていることから、このアスペクトをもつ人は、既成概念にとらわれない革新的な考え方ができる人といえるでしょう。

発想力や分析能力に長け、専門的な研究や発明などの分野で才能を発揮します。

また、独創的なものに興味を惹かれやすく、平凡なものには一切関心を示さないどころか、嫌悪感を抱くことすらあるようです。

コミュニケーション面においても極めて合理的で、無為な連帯や拘束を嫌います。

フリーランスやリモートワーカーのような、自由に動ける環境ほど才能を発揮しやすいです。

逆に、制約の多い環境では持ち前の独創性や発想力も生かしきれず、ストレスが溜まってしまうでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201131p:plain 120°(トライン)

アスペクトの種類でも解説したように、 トラインは同じエレメントの間で形成されるアスペクトです。

性格や価値観が似たもの同士、と考えるとわかりやすいでしょう。

水星と天王星が調和しながらお互いを補い合っている状態なので、コンジャンクションほど極端な影響が出ることはありません。

このアスペクトをもつ人は公平かつ俯瞰的な視点から物事を判断できる人です。

奇抜で突飛な発想はいくらか影をひそめ、ひとつひとつの事象から物事の全体像を把握したうえで、体系的に考えることができるでしょう。

合理的かつ安定した思考能力が備わっているため、周りから意見やアドバイスを求められることも多いです。

 

f:id:atakagi0101:20190117201227p:plain 60°(セクスタイル

セクスタイルは火と風、水と地というように、お互いを補い合うエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションやトラインほど親和性は高くありませんが、そのぶんストレートな影響が出にくく、天王星特有の独自性はいくらか緩和されます。

このアスペクトをもつ人は、たとえ自分の身に起きた出来事でも、まるで第三者が観察しているかのように、冷静かつ客観的に判断できる人です。

三者にもわかりやすいよう情報を整理して伝えるのがうまく、手に入れた情報を仕事や生活に反映する能力にも長けています。

ときには全く接点のない分野や業界から情報を引っ張ってきて、実用に結びつけることもあるようです。

 

 

水星と天王星が凶角(ハードアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117201417p:plain 180°(オポジション・衝)

オポジションセクスタイルと同じく火と風、地と水のように親和性の高いエレメント同士で形成されるアスペクトです。

ただし、セクスタイルが少し距離を置いて隣り合っているのに対し、オポジションは真正面から向かい合っているため、緊張感のある関係になります。

たとえるなら、水星(営業)がベンチャー企業天王星)の追いつこうと、非凡な発想やオリジナリティに極端に執着してしまっているような状態です。

このアスペクトをもつ人は、知的で発想力にも長けているのですが、ときに考えが先走り過ぎて暴走してしまう傾向が見られます。

神経が過敏だったり、プレッシャーに弱かったりする一面もあり、精神的なダメージが言動や行動に反映されやすいです。

平凡を嫌い、あらゆる手段で自分らしさを表現しようとするのですが、発想が突飛すぎてなかなか周囲の人々がついていけず、せっかくの創造力もなかなか日の目を見ないことが多いようです。

 

f:id:atakagi0101:20190117201648p:plain 90°(スクエア)

スクエアは火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるアスペクトです。

根本的な価値感や性格が異なるため、誤解やすれ違いも多く、なかなかお互いを正しく理解することができません。

ベンチャー企業天王星)の掲げるテーマや経営理念を曲解してしまった営業(水星)が、しばしば暴走してしまうようなイメージ・・・を思い浮かべると、わかりやすいかもしれません。

このアスペクトをもつ人は、しばしば凝り性とも呼ばれ、思想や発想が極端に偏る傾向が見られます。

人々が避けて通るようなマイナーな分野にあえて執着しようとするため、偏屈と評されてしまうこともあるでしょう。

本人も理解されることを求めておらず、シニカルな一面もあるため、大衆の支持を得るのは難しいかもしれません。

一方で、熱狂的な信者を集める可能性も秘めています。

 

 

アスペクトのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星の入っている星座やハウスにより解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。