天体とアスペクト㉒ ~水星と土星~

 

f:id:atakagi0101:20190718180528j:plain

 

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。

その中で水星営業担当土星コンサルタントに置き換えています。

実際の会社で営業とコンサルタントが直接関わるケースは珍しいのかもしれませんが、たとえるなら「この会社(自分)をより魅力的にプレゼンするために、こんなことをしたい」という営業のアイデアに対し、コンサルタントがより実用的な形になるようアドバイスをしたり手を加えたりするイメージ・・・を想像するとわかりやすいかもしれません。

たとえば、水星と土星が吉角を成している場合、営業(水星)はコンサルタント土星)のアドバイスを受けて、ひとつのアイデアをこつこつと突き詰めていくようになるでしょう。

逆に、凶角を成している場合は、営業(水星)もコンサルタント土星)もひとつの考えに固執しすぎて、他の発想やアイデアに目が向かなくなってしまうかもしれません。

水星は知性やコミュニケーション能力土星試練や制限、責任感などを司ります。

水星と土星アスペクトを見ることで、その人の精神的な忍耐力や持久力、学習の傾向などを読み取ることができます。

 

 

 

水星と土星が吉角(ソフトアスペクト・イージーアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117200801p:plain 0°(コンジャンクション・合)

コンジャンクションとは簡単にいえば、2つの星がほぼ一体化しているような状態です。

知性やコミュニケーションを象徴する水星と、忍耐力や持久力を司る土星が重なっていることから、このアスペクトをもつ人は一つのテーマをじっくりと、根気よく突き詰めていく傾向があります。

職人や研究者など、専門性が求められる仕事に向いているタイプです。

こつこつと努力を積み重ねていくことが苦にならない人で、瞬発力やスピード感には欠けるものの、時間をかけて確実に経験や知識を身につけていきます。

興味をもったことはとことんまで極めたがる一方で、それ以外には全く無知ということも珍しくありません。

 

f:id:atakagi0101:20190117201131p:plain 120°(トライン)

アスペクトの種類でも解説したように、 トラインは同じエレメントの間で形成されるアスペクトです。

似た者同士ではあるものの、コンジャンクションのように一体化するほどではないため、影響力もいくらか穏やかになります。

このアスペクトをもつ人は、コンジャンクションほど極端に経験や知識が偏ることはありませんが、ひとつのことを根気よく極めていこうとする性質は共通しています。

脇道に逸れたり、興味の対象が分散したりすることがないため、高い集中力を維持したまま学習に励むことができるでしょう。

計画性や粘り強さを求められる仕事や、専門的な仕事で大成しやすいタイプの人です。

 

f:id:atakagi0101:20190117201227p:plain 60°(セクスタイル

セクスタイルは火と風、水と地というように、お互いを補い合うエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションは一心同体、トラインは似た者同士だったのに対し、セクスタイルは親和性こそ高いものの、基本的な考え方は価値観は異なります。

そのため、コンジャンクションやトラインのように、ひとつのことに極端にのめりこむことは少ないでしょう。

このアスペクトをもつ人は、安定した集中力や持久力をもち、計画的に仕事や学習に取り組める人です。

ただし、自発的に興味をもって取り組むというよりも、自分が置かれている環境や周囲の人々から求められた場面で、はじめて能力を発揮する傾向が見られます。

 

 

水星と土星が凶角(ハードアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117201417p:plain 180°(オポジション・衝)

オポジションセクスタイルと同じく火と風、地と水のように親和性の高いエレメント同士で形成されるアスペクトです。

ただし、セクスタイルが少し距離を置いて隣り合っているのに対し、オポジションは真正面から向かい合っているため、緊張感のある関係になります。

たとえるなら、営業(水星)の一挙手一投足を、コンサルタント土星)がじっと監視しているようなイメージです。

コンジャンクションやトラインも、土星の影響が強く出やすいアスペクトですが、オポジションの場合は見守るというよりも『監視』という言葉がぴったりはまるような、強烈なニュアンスをともないます。

このアスペクトをもつ人は非常に慎重で思慮深いパーソナリティの持ち主です。

一方で、懐疑主義的な一面もあり、何かにつけて疑ってかかったり、否定的な捉え方をしたりする傾向も見られるでしょう。

ただし、基本的には論理的な考え方の持ち主なので、たとえば科学や哲学のように多角的な視点や懐疑的な思考を求められる分野に進めば、才能を発揮できる可能性が高いです。

 

f:id:atakagi0101:20190117201648p:plain 90°(スクエア)

スクエアは火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるアスペクトです。

性格や価値観に通じ合うところがないため、なかなかお互いの意志が噛み合いません。

たとえるなら、営業(水星)が打ち出すアイデアに、コンサルタント土星)がいちいち口を挟んでくるような状態です。

このアスペクトをもつ人は、学習に取り組む意欲はあるものの、ときに中断してしまったり、断念せざるを得ない状況に陥ったりする傾向があります。

人よりも挫折した経験を多くもつため、マイナス思考に陥りやすく、物事を悲観的・批判的に見てしまうクセがついているようです。

ただし、必ずしも挫折に終わるとは限らず、むしろ逆境をバネに、困難や障壁にも負けない強い意志の力を身につけ、最終的には目標を達成するケースも珍しくありません。 

 

 

アスペクトのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星の入っている星座やハウスにより解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。