天体とアスペクト⑳ ~水星と火星~

 

f:id:atakagi0101:20190718180253j:plain

 

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。

その中で水星担を営業担当火星顧問弁護士に置き換えています。

水星と火星がアスペクトを形成しているということは、良くも悪くも営業(水星)と弁護士(火星)が、お互いに影響しあっている状態です。

たとえば、水星と火星が吉角を成している場合、営業(水星)と弁護士(火星)がスムーズに連携をとり合って、危機や窮地に陥ったとしてもスマートに切り抜けるでしょう。

逆に、凶角を成している場合、やはり機転は利くのですが、有事の際に限らず、日頃から攻撃的な言動が目立つかもしれません。

水星は知性やコミュニケーション能力、火星は情熱や行動力を司る星です。

水星と火星のアスペクトを見ることで、その人の競争意識のあらわれ方や自己主張の傾向を読み取ることができます。

 

 

 

水星と火星が吉角(ソフトアスペクト・イージーアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117200801p:plain 0°(コンジャンクション・合)

コンジャンクションとは簡単にいえば、2つの星がほぼ一体化しているような状態です。

言語能力を司る水星と、行動力を象徴する火星が連動していることから、このアスペクトをもつ人は頭の回転が鋭く、思ったことを即座に主張する傾向が見られます。

自分をアピールすることにためらいがなく、人見知りとは縁がないため、営業職にも向いているでしょう。

議論や口論に強く、ゲームやディベートなどの頭脳戦も得意です。

一方で、頭の回転が早すぎて相手を圧倒してしまったり、早とちりで周囲を置いてけぼりにしてしまったりすることもあるようです。

雄弁ではありますが、楽しむための会話よりも、知識を交換したり意見を主張し合ったりする会話に意義を見出すため、だらだらと実りのない会話が続くとストレスを感じるでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201131p:plain 120°(トライン)

アスペクトの種類でも解説したように、 トラインは同じエレメントの間で形成されるアスペクトです。

性格や価値観が似たもの同士、と考えるとわかりやすいでしょう。

営業(水星)と顧問弁護士(火星)が調和しながらお互いを補い合っている状態なので、このアスペクトをもつ人は自分のアイデアやロジックを、スピーディーの行動へ反映させることができます。

常に頭を働かせながら行動している状態で、事務処理能力に長けています。

ルーティンワークよりも、想像力やオリジナリティを求められる仕事についたほうが、実力を十全に生かせるでしょう。

 未知の業界や人間関係の中にも果敢に飛び込んでいける人なので、自ら新しい事業やプロジェクトを立ち上げても成功しやすいです。

 

f:id:atakagi0101:20190117201227p:plain 60°(セクスタイル

セクスタイルは火と風、水と地というように、お互いを補い合うエレメント同士で形成されるアスペクトです。

コンジャンクションやトラインほど親和性は高くありませんが、そのぶんストレートな影響が出にくく、理屈っぽさやシニカルな性質は緩和されます。

このアスペクトをもつ人は、自身の行動力や処理能力を、計画的かつ実用的に発揮できる人です。

自身の鋭い知性や批判能力を発揮するべき場を適切に判断できるため、無闇に周囲と対立することはありませんが、正しくないと感じることがあれば真っ向から異を唱えることができます。

検事や弁護士、ジャーナリストなどに適性があるでしょう。

 

 

水星と火星が凶角(ハードアスペクト

f:id:atakagi0101:20190117201417p:plain 180°(オポジション・衝)

オポジションセクスタイルと同じく火と風、地と水のように親和性の高いエレメント同士で形成されるアスペクトです。

ただし、セクスタイルが少し距離を置いて隣り合っているのに対し、オポジションは真正面から向かい合っているため、緊張感のある関係になります。

たとえるなら、営業(水星)と顧問弁護士(火星)が共に闘志にあふれていて、ちょっとした外部からつつかれただけでも過剰に反撃して、かえって事態をややこしくしてしまうような状態です。

このアスペクトをもつ人は自分をアピールする能力には長けているものの、闘争心や競争意識が強いため、ときには他人を批判してまで、自身の実力を知らしめようとするかもしれません。

周囲とぶつかり合うことも多く、敵を作りやすいでしょう。

一方で、自分の才能を磨くためなら労力を惜しまない、努力家な一面もあるようです。

ただし、仕事や勉強にのめり込むあまり、ある日突然ダウンしてしまうことも珍しくありません。

オーバーワークにならないよう、自己管理を徹底する癖をつけましょう。

 

f:id:atakagi0101:20190117201648p:plain 90°(スクエア・インコンジャンクト)

スクエアは火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるアスペクトです。

お互いに共通点がないため、常に連携がとれるとは限らず、水星の知性や火星の行動力が、意図せぬ形で暴走してしまうこともあります。

このアスペクトをもつ人は、知性が鋭い反面、その知性が他人を攻撃したり、批判したりする形で発揮されることが多いようです。

思い立ったら口に出さずにはいられない性質で、いわゆる「余計な一言」で場の空気を乱してしまうこともあるでしょう。

また、言動だけではなく行動も性急で、結論を急ぎすぎた結果、判断を誤るおそれもあるため注意が必要です。

 

 

アスペクトのもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星の入っている星座やハウスにより解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。