ジェムズ・オラクル 23.スキャポライト

f:id:atakagi0101:20181006201904j:plain

英名:scapolite

別名:柱石、マリアライト、メイオナイト

色:透明、白、灰、緑、黄、茶、褐色、紫、青、黒

硬度:5.5~6

浄化:クラスター(さざれ石)、月光浴、流水、塩、セージなど。

直射日光に弱いため、日光浴による浄化は避けましょう。

キーワード:Patience(忍耐)、努力と辛抱の結果、思慮深さ、自己満足、遺産、魂の救済者、年上の友人

 

スキャポライトの特徴

スキャポライトは、灰柱石曹柱石という2種類の鉱物が混ざり合った石です。

黄色や紫、黒などさまざまな色が存在し、研磨するとキャッツアイ効果が現れるものも稀に産出されます。

主な産地はフランス やカナダ、ブラジル、スリランカミャンマーマダガスカルタンザニアパキスタンアフガニスタンなどです。

特に、紫や青が鮮やかに出ているものはパープルスキャポライトもしくはマリアライトと呼ばれ、パワーストーンとして特に人気があります。

無色透明や白色、黄色、灰色、緑色のスキャポライトはイオナイトと呼ばれることが多いです。

市場に出回っているスキャポライトには、照射処理によって発色を引き立たせているものもあります。

退色や劣化を防ぐためにも、日光浴による浄化は避けましょう。

  

スキャポライトのもつ意味・パワー

スキャポライトという名前は、ギリシャ語のskapos(柱身)lithos(石)という言葉から来ています。

透明度の高い美しい石ですが、水晶と誤認されることも多く、宝石としてはあまり知名度が高くありません。

スキャポライトは見た目だけでなく、エネルギーの特性も水晶に似ています。

簡単に言えば、水晶系のパワーストーンがもつエネルギーをさらに強力にしたのがスキャポライトです。

また、スキャポライトのエネルギーは、色にも左右されます。

黄もしくは金のスキャポライトならシトリン、紫のスキャポライトならアメジストというように、似た色の水晶と同系統のエネルギーをもつようになるのです。

色に関係なく、すべてのスキャポライトに共通する特徴が依存心や依頼心を断ち切り、精神的自立を促すというものです。

周囲の意見や環境に左右されない強さが欲しい人や、自分の意志で人生を歩んでいきたいと望む人にとって、心強いパートナーとなってくれるでしょう。

 

パワーストーンの効能は言い伝えや伝承、文献等に基づいたものであり、効果を保証するものではありません。