ジェムズ・オラクル 22.スタールビー

f:id:atakagi0101:20181006201815j:plain

英名:star ruby

別名:紅玉

色:赤、暗赤色、紫赤色

硬度:9.0

浄化:クラスター(さざれ石)、月光浴、流水、塩、セージなど。

退色の原因となるため、日光浴による浄化は避けましょう。

キーワード:Passion(情熱)、崇高な理想と目標、恋の駆け引き、稀有な体験

 

スタールビーの特徴

スタールビーとはその名の通り、スター効果(アステリズム)を示すルビーのことです。

スター効果とは、鉱石の内包物(インクルージョン)により、まるでアスタリスクのように6方向に光の線条が現れる状態を指します。

ルビーの他にも、ガーネットローズクォーツなど、あらゆる鉱石にスター効果は現れます。

ただし、スター効果が見られるルビーすべてがスタールビーに分類されるわけではありません。

ルビーは主にタイやスリランカベトナム、インド、タンザニアマダガスカルなど、南アジアから南アフリカにかけての地域で産出される宝石です。

しかし、スタールビーと呼ばれるのは厳密にはミャンマースリランカで産出されたルビーのみで、それ以外の地域で採れたルビーは、スタールビーとは区別されます。

モース硬度は9.0と、ダイアモンドに次ぐ硬さを誇ります。

ただし、紫外線と塩分には弱いため、退色や劣化を防ぐためにも、日光浴と塩による浄化は避けましょう。

 

スタールビーのもつ意味・パワー

ルビーという名前は、ラテン語ruber(赤)という言葉に由来します。

古い歴史をもつ宝石のひとつですが、現代のような鑑識技術が存在しない時代には、ルビー以外の石も「ルビー」と呼ばれることがありました。

特にスピネルは、輝きや発色が似ていることから、ルビーやサファイヤと混同されることが非常に多かったようです。

古くから皇帝や王族などの支配層に好まれた石で、権力やカリスマ性の象徴とされてきました。

宝石の女王と呼ばれるほどアクティブなエネルギーを有し、持つ人の精神力や生命力を高めてくれる石です。

また、勝利を呼ぶ石として、戦場に赴く兵士たちがお守りとして身につけることもありました。

負けられない勝負を控えている人や、今よりもワンランク上の自分になりたい人、経営者やリーダーなど人を引っ張っていく立場にある人を強力にバックアップしてくれるでしょう。

また、ルビーは情熱を強調し、持つ人の魅力を引き立たせる恋愛成就のお守りとしても有名です。

奥手でなかなか恋愛に踏み出せない人や、どうしても仲を深めたい相手がいる人は、スタールビーの力を借りてみてはいかがでしょうか。

 

パワーストーンの効能は言い伝えや伝承、文献等に基づいたものであり、効果を保証するものではありません。