ジェムズ・オラクル 18.ブラックオパール

f:id:atakagi0101:20181006201500j:plain

英名:black opal

別名:黒蛋白石

色:黒

硬度:5.5~6.5

浄化:クラスター(さざれ石)、月光浴、流水、セージなど。

劣化の原因となるため、太陽光と塩による浄化は避けましょう。

キーワード:Protection(保護)、保護者、友人、一致団結、利他主義、救済措置

 

ブラックオパールの特徴

オパールホワイトオパールピンクオパールブラックオパールなど、カラーバリエーションが豊富な石です。

色のほかにも、遊色効果という大きな特徴があります。

遊色効果とは、見る角度によって虹のような七色の光を放つ効果です。

遊色効果をもつオパールプレシャスオパール、遊色効果のないオパールコモンオパールと呼びます。

全てのオパールが遊色効果をもつわけではありませんが、コモンオパールならピンクオパール、プレシャスオパールならブラックオパールが代表的な種類です。

特にブラックオパールはもともとの色が暗いこともあり、明るい色のオパールよりもはっきりと遊色効果が認められます。

オパールは水中で形成されるという特性上、微量の水分を含む石です。

やわらかく傷つきやすいので、取り扱いには注意が必要です。

熱や紫外線、塩分にも弱いので、日光浴や塩による浄化は避けましょう。

 

ブラックオパールのもつ意味・パワー

オパールという名前は、古代サンスクリット語upala(宝の石)という言葉や、ギリシャ語のopthlmus(目)という言葉が由来であるといわれています。

和名は蛋白石といい、遊色効果がないオパールが卵の白身に似ていたことからつけられました。

オパール幸運の石キューピッドストーンとも呼ばれ、憂鬱な気分を追い払ったり、人との縁をつないだりする、ポジティブなエネルギーにあふれています。

特に、ブラックオパールは持つ人の視野を広げ、あらゆる未来の選択肢を示してくれる希望と可能性の石です。

偏見や固定観念を取り払い、新しい価値観を受け入れる素直な心と柔軟性を与えてくれます。

未来に希望が見出せないときや、自分が進むべき道に迷ったときは、ブラックオパールの力を借りてみてください。

七色に輝く遊色効果さながらに、多様な可能性を示してくれるでしょう。

 

パワーストーンの効能は言い伝えや伝承、文献等に基づいたものであり、効果を保証するものではありません。