ジェムズ・オラクル 7.アゲート

f:id:atakagi0101:20181006200916j:plain 

英名:Agate

別名:めのう

色:赤、茶、黄、緑、青、青緑、灰、白、灰白色、黒

硬度:7.0

浄化:クラスター(さざれ石)、月光浴、流水、塩、セージなど。

紫外線に弱い種類もあるため、日光浴による浄化は避けましょう。

キーワード:Contradictions(矛盾)、真実に辿り着かない、いらだち、衝突、不確かで揺らぎやすい信頼関係、極論

 

アゲートの特徴

アゲートとは水晶と同じ石英グループの仲間で、小さな石英の結晶が集まってできた石です。

日本ではめのうという呼び名のほうが一般的かもしれません。

カルセドニーもアゲートと同じように結晶が集合した石ですが、色ムラがなく透明感のあるものをカルセドニー、模様ができているものをアゲートと呼びます。

市場にはレッドアゲートやグリーンアゲートなど、色彩が均一なアゲートも出回っていますが、こちらは人工的に染色を施したものです。

また、アゲートの仲間であっても、名称が異なる石もあります。

オニキスやサードオニキス、カーネリアン、天眼石、ジャスパーなどもアゲートの一種です。

モース硬度は7.0と比較的硬く、加工がしやすいことから、古代から武器や装飾品として活用されてきました。

水分や塩分にも強く、日常使いしやすい石といえるでしょう。

ただし、種類によっては紫外線に弱いものものあるので、太陽光で浄化する場合は注意が必要です。

 

アゲートのもつ意味・パワー

アゲートの名前の由来は、シチリア島にあるアカーテという川です。

アカーテの流域で発見されたことから、アゲートという名がつきました。

アゲートのもつ効能は、石の色や種類によってもそれぞれ特徴があります。

大まかに色ごとのパワーを挙げると、が生命力や行動力、が頭脳明晰、が癒し、黄色が繁栄や長寿の象徴です。

しかし、いずれの色にも共通するのは、対人関係にまつわるパワーを持っていることです。

人と人との絆を深めたり、コミュニケーションを円滑にしたりなど、より良い人間関係を築くサポートをしてくれます。

不安やストレスから持ち主の身を守ってくれる石でもあるので、新しい環境やグループに馴染めない人や、人間関係の悩みを抱えている人にぴったりです。

また、アゲートは現実感覚を養い、地に足のついた思考をもたらす石です。

夢や理想はあるけれどなかなか行動に移せない、あるいは行動しているけれど目標に近付いている実感がないという人は、アゲートの力を借りてみるのも良いでしょう。

 

パワーストーンの効能は言い伝えや伝承、文献等に基づいたものであり、効果を保証するものではありません。