ジェムズ・オラクル 6.クロロメラナイト

f:id:atakagi0101:20181006200843j:plain

英名:Chloromelanite

別名:濃緑玉、エジリン輝石(エジリンオージャイト)、オンファス輝石(オンファサイト)、翡翠輝石、硬玉

色:濃緑色、黒

硬度:6.5~7.0

浄化:クラスター(さざれ石)、日光浴、月光浴、流水、セージなど。

品質を下げる原因となるため、塩による浄化は避けましょう。

キーワード:Vitality(活力)、ライフスタイルの見直し、恋愛または仕事上の信頼関係

 

クロロメラナイトの特徴

クロロメラナイトは、ジェダイト(本翡翠という名前で販売されることもありますが、厳密にはジェダイトではありません。

鉄の含有量が20%以上で、黒や暗緑色に変色したジェダイトクロロメラナイトと呼びます。

ジェダイトとクロロメラナイトは属する鉱石グループも異なり、別種の石と呼べるでしょう。

市場ではジェダイトとクロロメラナイトが混ざったものも、クロロメラナイトとして流通しています。

主な産出地はミャンマーですが、新潟県糸魚川流域や富山県の姫川流域など、日本国内で採掘されることもあります。

水や熱、紫外線にも強く、日常使いのアクセサリーとして安心して取り入れられる石です。

硬玉という別名もあるほど割れにくく、かつては武器として加工されていた時代もありました。

ただし、ジェダイトをはじめとした翡翠の仲間は、多孔質という独特の構造をしています。

多孔質とはその名の通り、鉱石の表面に目には見えない小さな穴が無数に空いている状態です。

塩で浄化を行うと、表面の穴に塩が入り込み、品質低下を招くおそれがあるので避けましょう。

 

クロロメラナイトのもつ意味・パワー

翡翠は古代から魔除けや護符として、西洋・東洋を問わず珍重されてきました。

翡翠には大きく分けて、ジェダイト(硬玉)ネフライト(軟玉)の2種類があります。

クロロメラナイトは硬玉に分類されますが、どちらの翡翠もエネルギーに大きな違いはありません。

ただし、ジェダイトは武器としても使えるほどの耐久性をもつという特質から、戦場へ向かう兵士の士気を高めるために用いられたという歴史があります。

ストレスやプレッシャーを跳ね除けるだけの精神力・忍耐力を養ってくれることから、大事な交渉やプレゼンを控えている人や、精神的なタフネスを身につけたい人におすすめです。

また、人徳を高めるパワーもあるため、経営者か管理職など、周囲の人々を引っ張って行かなければならない立場の人にとっても、心強い味方となってくれるでしょう。

翡翠は泌尿系の病や痛風てんかん坐骨神経痛などの治療に用いられたこともあり、病を退け長寿をもたらす石とされています。

心身をデトックスしたい人や免疫力に不安がある人のお守りとしてもおすすめです。

 

パワーストーンの効能は言い伝えや伝承、文献等に基づいたものであり、効果を保証するものではありません。