星座と天体⑦~木星と12星座~

 f:id:atakagi0101:20180811001209j:plain

 

発展の鍵を握る『投資家』

太陽から火星までの5天体は個人天体と呼ばれ、その名の通りその人のパーソナルな部分を示してします。

いわば自分という会社の内部で働く社員です。

一方、木星土星社会天体と呼ばれ、自分と社会がどのように関わっていくかをあらわすといわれています。

木星はどのような手段で財産を獲得し、手に入れた富を何に投資していくかといった経済活動に関わる星です。

さながら自分という会社に投資しながら、着実に財を成していく投資家のような星と言えます。

自分のもつ木星の性質を知ることは、自分にとって本当に豊かな生き方を知ることにもつながるのです。

 

まずは自分が生まれた日の木星をチェック!

atakagi0101.hatenablog.com

 

 木星についてはこちらの記事でも触れています。

atakagi0101.hatenablog.com

 

 

f:id:atakagi0101:20180811001219j:plainおひつじ座

おひつじ座の投資家は、自分の力で財を成すことを良しとします。他人の持つ資産や権力をあてにしようとは考えません。新しい事業に投資することもためらわないので、誰もが予測しないような方法で財産を手にすることもあります。また、持ち前の企画力や行動力を活かせるようなビジネスで成功することもあるでしょう。過去の成功例に倣うよりも、自分なりの方法で成功へ至る道を開拓していくタイプです。ただし、思い立ったらすぐ行動へ移してしまうため、行きあたりばったりで失敗してしまう可能性もあります。また、自分ひとりで盛り上がってしまい、周囲の人々がついていけなくなってしまうこともしばしばです。

 

f:id:atakagi0101:20180811001243j:plainおうし座

おうし座の投資家は自分自身や、自分が好ましいと思ったものへの投資にためらいがありません。ときに身の丈にあわないものを欲する傾向もありますが、使っただけのお金と同じくらい、もしくはそれ以上の財が巡ってくるでしょう。周囲から援助を受けたり、ビジネスの好機が巡ってきたりなど、不思議な巡り合わせで財産を獲得する運気の持ち主です。逆に、自分から他人への寄付や援助を渋ったり、欲望を抑えて倹約しようとしたりすると、お金の巡りが悪くなる可能性があります。投資家としての才覚を存分に発揮できる環境に身を置くことが、大きな財を成すための近道です。

 

f:id:atakagi0101:20180811001319j:plainふたご座

ふたご座の投資家は、優れた交渉力と人脈が武器となります。ひとつの組織に固執するのではなく、さまざまなコミュニティを行き来することで、どんどん人脈を拡大していくでしょう。人脈を通じてさまざまな成功者や実力者の情報を得るうち、成功するためのノウハウも自然と身についていきます。ただし、ひとつの分野にばかり目を向けていると、かえって早く飽きが回りやすいでしょう。この人を動かすために必要なのは利益だけではありません。好奇心を刺激されるか、エンターテイメント性はあるかという点が重視されます。専業よりも多角経営のほうが向いているタイプです。

 

f:id:atakagi0101:20180811001342j:plainかに座

かに座の投資家は、冒険を好まないタイプです。自分と身内の人々が生活するのに困らないだけの財産を築けたら、そこで満足してしまいます。経済活動を拡大するとしたら、付き合いの長い知り合いに誘われた、身内に頼られたなど、人との『縁』がきっかけである可能性が高いです。本来は手広くビジネスを行うよりも、家族経営など、ある程度見知った顔ぶれに囲まれていたほうが、地道ではあっても確実に財産を確保できます。家庭や子どもに関わるもの、生活に密接に関係している分野に携わると成功しやすいでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20180811001406j:plainしし座

しし座の投資家は、自己主張する力や自分を表現する力が成功への鍵を握ります。華やかさや表現力が求められる分野に惹かれやすく、本人にも十分な適性があります。もともとカリスマ性が備わっており、リーダーに抜擢されやすいです。人を引っ張ったり、育てたりする力も備わっています。場の空気を盛り上げ、士気を高めるのも上手です。しかし、おだてられたり頼られたりすると、すぐその気になってしまいます。見栄や体面のための出費や、見せびらかし消費はほどほどに。投資やギャンブルはできるだけ控えたほうが無難です。

 

f:id:atakagi0101:20180811001432j:plainおとめ座

おとめ座の投資家は、社会貢献を良しとする一方で、自分の利益をしっかりと確保することも忘れません。奉仕精神は旺盛ですが、無闇に搾取されるわけではなく、常に見返りや実益を見据えています。無駄を嫌い、実用性や効率を重視するタイプです。一攫千金を狙うことはなく、手堅い手段で財産を築いていくでしょう。物事を俯瞰して見るよりも、マクロな視点でとらえるほうが得意な気質でもあるため、いろいろな分野へ手を出すよりも、専門分野を極めることで大成したり、チャンスを掴んだりする可能性が高いです。

 

f:id:atakagi0101:20180811001452j:plainてんびん座

てんびん座の投資家は、人間関係が人生の豊かさを大きく左右します。バランス感覚に優れ、誰とでも良好な関係を築けるのが、この人の強みです。しかし、誰とでも上手に付き合えるがゆえに、人間関係を厳選しないという一面もあります。だましたり利用したりといった目的で近付いてきた相手も、気付かずに歓迎してしまうかもしれません。逆に、理想的なパートナーを見つけることができれば大成するでしょう。人の意見に左右されやすいので、決断力のあるパートナーが望ましいです。

 

f:id:atakagi0101:20180811001518j:plainさそり座

さそり座の投資家は、確固たる信念やポリシーに支えられています。目的を達するためなら採算度度外視で資金をつぎ込んでしまうところがあるため、たとえ賭け事に興味がなくても、生きる姿勢そのものが既にギャンブル的です。しかし、そのぶれない姿勢が熱心なスポンサーや信奉者を集める場合もあるため、必ずしも経済的に困窮するとは限りません。また、ひとつの分野のスペシャリストとして、替えがきかない存在になることで、大きな財産を築く可能性もあります。あえてバランス感覚を捨て、極端に走ることで、成功しやすいタイプと言えるでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20180811001540j:plainいて座

いて座の投資家は安定よりも新しい世界、広い視野を求めます。見聞を広げ、身になる知識を得るためなら、投資は惜しみません。そうして得た知識や経験、人脈が、のちにこの人の強力な武器となります。さらに、既存の知識や文化をそのまま受け止めるだけでなく、新しいものと古いものと融合させたり、自ら新たな世界を開拓したりすることにためらいがありません。たとえば海外など、全く異なる文化圏にも飛び込んでいけるチャレンジャーです。基本的には善意の人ですが、察する文化とは縁のない単純さとおおらかさが歓迎されない場合もあります。

 

f:id:atakagi0101:20180811001604j:plainやぎ座

やぎ座の投資家は伝統や慣習を重んじ、社会的規範から外れることは滅多にありません。そのため、同じように規律を重視する組織では大成しやすいという特徴があります。無駄や非効率を嫌うものの、確実に目標を達成するためであれば、時間や労力は惜しみません。ビジネスライクに他人と『協力する』感覚はあっても、誰かに『頼る』という感覚は希薄です。むしろ、プレッシャーや責任が重くなるほどやりがいを見出す一面があります。ハードワークにも耐えられるだけのスタミナとバイタリティを備えていますが、プライベートはおろそかになりがちです。

 

f:id:atakagi0101:20180811001626j:plainみずがめ座

みずがめ座の投資家は、『誰もが確実に成功する方法』には興味がありません。進むべき道を自ら開拓することに意義を見出します。時流を読むセンスに長け、確実にチャンスをものにしていく才覚の持ち主です。ただし、この人は自分が興味を持てることなら、公私の区別をつけずに追い求めてしまう傾向があります。そのため、封建的な組織や、自由度が低い環境では十分な実力を発揮できません。大規模な組織よりも、価値観を共有できる少人数の仲間と手を組んだほうが、ビジネス的には大成しやすいでしょう。

 

f:id:atakagi0101:20180811001654j:plainうお座

うお座の投資家は、純粋な奉仕の心や思いやりに溢れているものの、正当な報酬を求めるのは少し苦手です。利益にならなくても相手に感謝されれば、それで満足してしまうようなところがあります。ボランティア活動をきっかけにチャンスを掴む可能性はありますが、良いように使われることがないよう注意が必要です。カウンセラーやセラピストなど、心身を癒す仕事を生業とすることで財を築くことができます。また、投資やギャンブルに手を出すと搾取されてしまう可能性もあるため、誘われても手を出さないほうが無難でしょう。

 

 

※星と星座がもつ意味は、ここに記した内容が全てではありません。

星が入っているハウスや星同士の角度により解釈は異なります。

より詳しく知りたいという方は、専門家に鑑定を依頼することをおすすめします。