山形旅行 2日目・鶴岡市

前回の記事の続きです!

1日目は地元で評判のご飯屋さんや観光名所を回って、酒田市を満喫しました。

2日目は鶴岡市を巡ります。

 

2日目

f:id:atakagi0101:20180712202102j:plain

2日目の空は薄曇り。ぱらぱらと小雨がちらついていました。

この日は朝から電車に乗って鶴岡市へ向かう予定でしたが、その前にホテルで朝食をとります。

朝食はバイキング形式で、芋煮や塩辛、しょうゆの実など山形の名物が盛りだくさんです。

ご飯は当然つや姫、デザートにさくらんぼもありました。

そんな豪華な朝食の数々を横目に、私はひたすらロールパンを詰め込んでいました。

ホテルのバターロールっておいしいよね。

 

朝食をとったら早速ホテルをチェックアウトして酒田駅へ。

f:id:atakagi0101:20180712202532j:plain

さらば酒田市

味のある電車に乗って鶴岡駅へ。

この日は主にレンタカーで移動します。

鶴岡市の周辺にはレンタカーを借りられる場所がいくつかあるので、バスやタクシーで移動するよりもレンタカーを借りたほうが楽かもしれません。

荷物も積めるからね。

 

2日目最初の目的地は加茂水族館

f:id:atakagi0101:20180712203923j:plain

この通り、海辺にある水族館です。

日曜日だし、前売り券も持っていなかったので、念のために開園時間に合わせて向かいました。

開園直後は家族連れが多かったものの、混雑しているというほどでもありません。

一度中に入ってしまえば比較的空いているので、ゆったり見て回ることができました。

心なしか展示されている生き物たちもサービス精神旺盛です。

f:id:atakagi0101:20180712203310j:plain

ヒラメの正面顔なんて初めて見た・・・。

 カメもものすごく近くまで来てくれました。

f:id:atakagi0101:20180712205245j:plain

f:id:atakagi0101:20180712205256j:plain

f:id:atakagi0101:20180712204537j:plain

そして、加茂水族館の目玉といえば何と言ってもクラゲ!

めちゃんこ色んな種類のクラゲが展示されています。

f:id:atakagi0101:20180712205528j:plain

f:id:atakagi0101:20180712205543j:plain

f:id:atakagi0101:20180712205623j:plain

f:id:atakagi0101:20180712205634j:plain

ライトアップされていたり、稚魚(稚クラゲ?)も見られたり、展示の方法も工夫されています。

どのクラゲもものすごく絵になるのですが、中でも特にフォトジェニックだったのはこちら!

f:id:atakagi0101:20180712210011j:plain

直径5mの大型水槽です。

壁紙にしたくて写真を撮りまくりました。

しかもこの水槽、写真映えもさることながら、癒し効果も抜群・・・。

気がついたら30分くらいこのエリアにいました。

帰り際に売店でクラゲグッズを吟味して、同行者の二人をさんざん待たせてしまいましたが、クラゲ好きにはたまらなく楽しいスポットでした!

 

加茂水族館を出た後は、少し早めのお昼ごはんへ。

2日目のお昼は緑のイスキアというイタリアンレストランに予約を入れていたのです!

緑のイスキア

食べログ 緑のイスキア

しかし、看板こそ見つかったものの、付近にそれらしい建物はなく、ナビも案内を終了してしまいます。

しばらく周辺をグルグル走り回った後、看板の真横の小道にお店があることに気がつきました。

ものすごく細いあぜ道だから分からなかったよ・・・。

落ち着いて見れば、四方を畑に囲まれた場所にどーんと建物があるから、ものすごく目立つはずなんだけどね。

f:id:atakagi0101:20180712210337j:plain

マルゲリータとオレンジジュース

こちらのお店の目玉は本格的な窯で焼いたナポリピッツァとのことで、マルゲリータとクワトロフロマッジ、茸のリゾットを注文。

3人でシェアしました。

ピッツァの生地はもちもちで歯ごたえがあるものの、薄いのでペロっと食べられます。

リゾットには大きくカットされた茸がごろごろと入っていて、食べごたえがありました。

個人的に特に印象に残ったのがクワトロフロマッジ!

そのまま食べてもおいしいのですが、つけあわせのハチミツをかけて食べるとさらにおいしいです。

このハチミツは特にチーズと相性の良いハチミツとのことで、単品で販売もされています。

おいしそうなケーキもあって、ぜひ食べたかったのですが、この後にブルーベリー狩りが控えていたので断念・・・!

お店を出た後は、車で30分ほどかけてブルーベリー畑へ。

梨狩りやいちご狩りに行ったことはありますが、ブルーベリー狩りは初めてです。

今回行ったブルーベリー農園では、畝ごとに違った品種の株が植えられていました。

木に実っているブルーベリーを収穫して持ち帰り用の容器に詰めるもよし、そのまま食べるもよしのワイルドなスタイルです。

いちご狩りに行ったときはものすごくお腹に溜まる印象でしたが、ブルーベリーは一粒一粒が小さく、さっぱりとした甘さなので、いくらでも食べられてしまいます。

ただ、この日は農園に着いたあたりから天気が非常に良くなり、直射日光がガンガンに照りつけてきました。

ブルーベリーの木は収穫しやすいよう低く剪定されているので、日除けにはなってくれません。

日焼け止めや帽子、薄手のパーカーなどで日焼け対策と熱中症対策をしておくと安心です。

日傘は手がふさがってしまうので、収穫の邪魔になるかも・・・。

今回行った農園はほとんど山の中にあるため、周辺に自動販売機などは見当たりませんでした。

できれば農園に入る前に飲み物を買って、いつでも水分補給ができるようにしておきましょう。

ただし、農園の中には荷物を持って入れないので、500mlなど大きなペットボトルよりも、ポケットに入る程度のサイズがおすすめです。

どうして持ち込み禁止なんでしょう・・・カバンにブルーベリーを詰めて持って行っちゃう人がいるんでしょうか・・・。

f:id:atakagi0101:20180712210350j:plain

敷地内には展望台もありました。

少し高台にあったので登るのは大変でしたが、見晴らしは最高!

しばらく涼んでから農園に戻り、受付で冷たいブルーベリージュースをいただきました。

帰りは鶴岡駅から特急列車に乗る予定だったので、一旦駅前に戻り、レンタカーを返却。

列車が到着するまで少し時間があったので、お茶を飲んでひと休みしたり、お土産屋さんを覗いたりして待ちました。

f:id:atakagi0101:20180712210402j:plain

初めての山形旅行は、おいしいものや綺麗な景色がいっぱいでした!

前日まで雨がひどかったこともあり、天候が心配でしたが、幸いひどく崩れることはありませんでした。

次は違う季節、春や冬の時期にも行ってみたいです!

ここ数年で旅行へ行く機会が増えたこともあり、行きたい場所がまだまだたくさんあります。

そのときはまたこうして、写真や文章でレポしたいと思います!