山形旅行 1日目・酒田市

ご無沙汰しております。昭良です。

先週、7月7日から7月8日までの2日日間、山形県に旅行に行ってまいりました。

1泊2日の短い旅行でしたが、とっても楽しく思い出深い旅行でした!

ですが、細かい部分は時間が経つとどうしても忘れてしまいそうなので、この場を借りて旅の記録を残しておきたいと思います。

 

1日目

f:id:atakagi0101:20180712132644j:plain

新幹線のホームで撮った写真。

乗ったのは別の新幹線ですが、色合いが可愛らしかったので・・・。

今回は新幹線で新潟まで向かい、特急に乗り換えて酒田駅へ向かうプラン。

一緒に山形旅行へ向かうめーちゃん(仮名)、まっちゃん(仮名)とも無事合流。

2日間よろしくお願いします!

新幹線へ乗り込むなり駅弁で腹ごしらえをするなど、出だしから旅気分を満喫。

ちなみにこのとき、折角山形へ行くのだからと米沢牛の焼肉弁当を選んだのですが、つけあわせのキムチが思いのほか強烈なにおいでびっくりしました。

なお、新潟駅での乗り換えは10分しか猶予がなく、駅の構造もよく分かっていないというなかなかにスリリングな状況。

それでもなんとか無事に乗り換えを済ませ、今度は海沿いを2時間ほど走る特急列車の旅へ。

新幹線の乗車時間は1時間ほどだったので、特急に乗っている時間のほうが長いです。

f:id:atakagi0101:20180712134928j:plain

新潟を出発してからしばらくは、写真のような岩がごろごろしている海岸が続きました。

この日は起床時間が普段よりだいぶ早かったので、途中で寝ちゃうかも・・・と思っていたのですが、写真や動画を撮っているうちに、気がつけば酒田駅に到着していました。

現地は小雨が降ったり止んだりしているもののそれなりに涼しく、かんかん照りよりも有難い天気でした。

ホテルが駅のすぐそばにあったので、チェックインにはまだ早い時間でしたが、とりあえず荷物だけ置かせてもらって昼食へ。

f:id:atakagi0101:20180712135225j:plain

ワンタンメンで有名な『満月』さんへ向かいました!

駅前からタクシーを使えば、5分くらいで着いてしまいます。

週末だからか家族連れのお客さんが多かったものの、お昼時でも待たずにすんなり入ることができました。

写真からもわかるように、でっかいチャーシューがこれでもかと敷きつめられています。

チャーシューの下には薄くてちゅるんとしたワンタンがこれまたぎっしり。

つまりとんでもなくボリューミーです。

とはいえチャーシューはつるつる食べられるし、チャーシューも脂身が少なくさっぱりとしているので、女性でも問題なく完食できます。

ちなみにハーフサイズもあるので、食の細い人やそこまでお腹が減っていない人はそちらがおすすめです。

ワンタンメンを堪能したあとは再びタクシーを呼んで、本間美術館へ。

最初に乗ったタクシーの運転手さんから「次からはここへ連絡すると良いですよ」と電話番号をもらったので、この日は移動のたびにそちらへ連絡していました。

電話をかければ5分くらいでタクシーが来てくれるので、とっても助かりました! 

本間美術館では武士の装いとたしなみという展覧会が開催されていました。

絵画や甲冑、刀剣、刀装具などが展示されているなか、特に印象深かったのが魚拓です。 

もともと武士の間では絵画や茶の湯などがたしなみとされていましたが、特に庄内藩では心身の鍛錬の手段として釣りが奨励されていたそうです。

展覧会場を一通り見たら、次は同じ敷地内にある鶴舞清遠閣の見学に向かいます。

清遠閣はいわゆる酒田の迎賓館で、昭和天皇も宿泊されたという歴史ある建物です。

和風の建築と洋風の内装が同居するモダンな建物を、鶴舞園(本間氏別邸庭園)が取り囲んでいます。

f:id:atakagi0101:20180712143306j:plain

雨の鶴舞

f:id:atakagi0101:20180712143050j:plain

1階からの風景

清遠閣は2階建てで、1階には小さなお土産屋さんと喫茶スペースがあります。

f:id:atakagi0101:20180712143633j:plain

2階は展示スペースになっており、食器や調度品が展示されていました。

f:id:atakagi0101:20180712143658j:plain

f:id:atakagi0101:20180712143707j:plain

2階の窓から見た風景

清遠閣は庭園も建物そのものも美しく、とても居心地がよかったのですが、特に感動したのはココ!

f:id:atakagi0101:20180712144227j:plain

1階と2階をつなぐ階段の欄間です。

梅の枝をデザインした欄間はそれだけでもモダンで素敵なのですが、壁際の影に注目すると・・・

f:id:atakagi0101:20180712144354j:plain

このあたり!

影の中にだけウグイスがいるんです!すごい!

これは自力で気がついたわけではなく、ガイドさんの案内で初めてわかりました。

教えてもらったときについ興奮して何枚も写真を撮ってしまいました。

ベストフォトスポットは7~8段目の階段です。これもガイドさんに教わりました。

清遠閣のガイドさんはとても博識で親切です・・・。

人によって見つけられるウグイスの数も違うそうなので、清遠閣を訪れる機会があれば、ぜひ探してみてくださいね

 

本間美術館を満喫したあとは山居倉庫へ!

タクシーを使えば10分程度で到着しました。

f:id:atakagi0101:20180712145017j:plain

欅並木と倉庫

こちらは明治26年にできた古い建物ですが、現在でも倉庫として活用されています。

写真の欅並木は倉庫が熱くなりすぎないよう、日除けとしての役割もあるそうで、実際に歩いてみると静かで涼しくて快適・・・。

売店やイートインスペースもあるので、ひと休みしたいときに立ち寄りたいスポットです。

特にさくらんぼのソフトクリームは暑い時期に食べたい!

f:id:atakagi0101:20180712145028j:plain

米粉ソフトクリームや、いろんな味のあるジェラートも捨てがたかったけれど、さくらんぼにして本当によかった・・・!

ソフトクリームということで、もっとミルキーな味わいを想像していましたが、実際に食べてみるとジェラートに近い?

桜色の可愛らしい見た目ですが、意外なほど酸味が効いていて、気分がすっきりとします。

甘すぎるのが苦手な人でも、これならおいしく食べられそう。

山居倉庫はおみやげコーナーが充実しているので、ここで家族やお友達のおみやげを買って行くのもおすすめ。

特に電車やバス、タクシーで移動する予定の人は、山居倉庫でおみやげを選んでいくと良いかも・・・。

というのも、酒田や鶴岡周辺は車で遊びに来る人が多く、おみやげ屋さんが集中しているのは主に高速道路のサービスエリアやインターチェンジ付近で、駅周辺にはあまりないそうです。

ジュースやお酒、お漬物、果物、お菓子など、いろんなお土産があるので、重いものや要冷蔵のものは宅配便で送っちゃいましょう。

 

このあとは焼肉屋さんでお夕飯・・・の予定だったのですが、予約の時間まで余裕があったので、一旦ホテルに戻ってひと休み。

仮眠をとったりゲームをしたり、各自思い思いに休憩をとりつつ、頃合いを見計らって古民家焼肉さとるちゃんへ!

f:id:atakagi0101:20180712145046j:plain

こちらはお肉がおいしいことにも驚きましたが、何しろ値段が安い。

焼き網の端から端まで届くほど大きい一枚肉が千円しないなんて・・・嘘だろ・・・。

肉だけでなく、サラダも爆裂なボリュームです。

2~3人ならハーフサイズで十分だと思います。

それから、山形は米どころだけあってどのお店もご飯がおいしい!

こちらのお店ではどの品種を使っているのかわからなかったのですが、やっぱりつや姫かなぁ・・・。

おいしいお肉とごはんを食べて、心地よい満腹感を覚えながらホテルへ帰還。

この日は山形のおいしいものを満喫した1日でした。

ホテルに着いてからはお風呂に入ったり、山居倉庫で買った鮭とばを食べながらゴロゴロしたりしていたのですが、さすがに朝からフル稼働で疲れていたのか、一旦寝付くと朝までぐっすり眠ってしまいました。

 

今回は写真も交えたこともありすっかり長くなってしまったので、2日目に続きます。