48.SOSPIRI(溜め息)

f:id:atakagi0101:20180421235809j:plain

スート:スペード(ソード)

番号:4(休止、安定、所有)

四元素:風(勇気、信念、知性、合理的、論理的、葛藤、戦闘、憎悪、傲慢など)

季節:

星座(おおよその時期):さそり座第1デーク(10月24日~11月1日ごろ)

天体:火星

キーワード:不安、恐れ、混乱、矛盾、混乱、不安定、遅延、長距離移動、運送、旅行

吉凶:

カードの意味

混乱した状況や、見通しが立たない状態をあらわすカードです。

凶意

・矛盾や葛藤を抱え、精神的に不安定な状態におちいってしまう

・非現実的な妄想や空想にとらわれ、本来の目的や使命を果たせない

・目の前で起こっている問題やその原因から目を逸らし、いつまでも解決しない

・高すぎる理想や叶う望みの薄い片思い、遠距離恋愛

吉意

・混乱した状況が整理され、将来に明るい見通しが立つ

・非現実的な願望や杞憂が心の中から取り除かれる

星座と惑星の解釈

カードの上部にはさそり座のマークと、さそり座の支配星である火星のマークが描かれています。

さらに、さそり座のマークの下に書かれた数字から、このカードがさそり座第1デークの性質を示していることがわかります。

さそり座第1デークは純粋なさそり座の性質を反映し、情熱的かつ感受性豊か、激しい感情を内包しながら表には出さない秘密主義といった特徴が強くあらわれます。

本音や感情を包み隠すのがうまいさそり座は、誰かが隠した秘密を探り当てる能力にも長けています。

知りたくなかった、知るつもりもなかった物事の実情まで見通してしまうことも少なくありません。

望むと望まざると真実に直面してしまう運命を持つさそり座にとって、楽観主義に徹するのはとても難しいことです。

それでいて、元来不器用で生真面目なさそり座は、どんなに絶望しても投げやりになったり、逃げ出したりすることもできません。

自分の中で渦巻く葛藤や諦念と何とか折り合いをつけつつ、自分のやるべきこと、周囲から期待されている役割をきちんとこなそうとします。

実際に、それができてしまうほどの忍耐力と精神力を持っていることが、さそり座の大きな強みでもあり、自分の首を絞める要因であるのかもしれません。

 ※カードの意味は質問者の置かれている状況や質問の内容、占師の解釈により異なります。

 

カードの読み方や解釈のコツについては、こちらの記事をご覧ください。

atakagi0101.hatenablog.com