4.VANITA(虚栄)

f:id:atakagi0101:20180318171059j:plain

スート:スペード(ソード)

番号:6(成果、なりゆき、過去の行動の影響)

四元素:(勇気、信念、知性、合理的、論理的、葛藤、戦闘、憎悪、傲慢など)

季節:

星座(おおよその時期):さそり座第1デーク(10月24日~11月1日ごろ)

天体:火星

キーワード:見えない敵、悪意、冷酷、裏切り、虚偽、中傷、陰謀、詐欺

吉凶:

カードの意味

女性の敵対者や、正体の見えない『敵』を象徴するカードです。

凶意

・良好な関係を築いていると思っていた相手や味方だと認識していた相手に攻撃される。

・悪意を持った相手から、故意に間違った情報や噂を吹き込まれる。

・不誠実な恋人、元妻、ライバル。

吉意

・不正が露見する。

・敵の正体を見破る。

星座と惑星の解釈

カードの上部に描かれている記号はさそり座と、おうし座の支配星である火星です。

さそり座のマークの下に描かれている「1」という数字と火星のマークから、このカードがさそり座の第1デークを性質を持っていることがわかります。

さそり座第1デークは、特にさそり座の性質を強く反映しており、鋭い洞察力と直感を秘めています。

物事の心理を追究する情熱と粘り強さを秘めている反面、一度恨みを抱いた対象はとことんまで追いつめる執念深さも持ち合わせています。

しかし、恨み続けるというのは、相当なエネルギーを消費する行為です。

さらに、大抵の人は誰かに憎悪を抱くことはあっても、実際に相手に危害を加えようと行動に移すところまでは至りません。

このカードが示す「正体の見えない敵」は、自分に対して病的なまでに強い憎悪を抱いているか、ちょっとしたことも拡大解釈してしまう被害妄想の持ち主である可能性が高いでしょう。

 ※カードの意味は質問者の置かれている状況や質問の内容、占師の解釈により異なります。

 

カードの読み方や解釈のコツについては、こちらの記事をご覧ください。

atakagi0101.hatenablog.com