かに座(6/21~7/22生まれ)

f:id:atakagi0101:20180114232514j:plain

かに座(巨蟹宮 Cancer

支配星:月(Moon

エレメント:

クォリティ:活動

ポラリティ:女性

キーワード:I sense(私は感じる)

対応する部位:

タロットカード:教皇、戦車、カップ2、カップ3、カップ4、星(エテイヤ)など

(対応するカードはタロットの種類により諸説あります)

 

豊かな感情を内包する母性の星座

かに座の性質はいて座のように、星座のモチーフをそのまま連想するとわかりやすいでしょう。

つまり外はかたく、中はやわらかなイメージです。

かたい殻の内側で守っているものは、傷つきやすい自分の心だったり、あふれんばかりの感情だったり、身近な人や大切な人だったりします。

かに座の支配星であるは、母性を司る星です。

そのため、一度懐に抱き込んだものは意地でも守り抜く、という性質が強くあらわれます。

身内それ以外で明確に対応が分かれるさまは身内びいき排他的なものとして映ることもしばしばです。

ただし、かに座は身内と認めた相手でも、無闇に甘やかすことはしません。

かに座の愛情は相手のパフォーマンスを100%、もしくはそれ以上に引き出す愛情です。

プロデューサー気質なところがあるのかもしれません。

相手の感情の機微や得手、不得手を見抜く能力に長けているところは、おとめ座にも通じるものがあります。

おとめ座と大きく違う点があるとすれば、かに座は相手の領分まで先回りしたり、肩代わりしたりすることはしません。

あくまで相手が受け持つべき領分は相手に任せます。

べったりと自分に依存させることで相手の心をとらえるのではなく、大切だからこそ、いざ自分の手元を離れても一人立ちできるようにと叱咤激励する姿は、まさしくという人生の先輩、人生の師を思わせます。

 

  かに座をサポートするパワーストーン

f:id:atakagi0101:20180114232534j:plain

 支配星である月の光を思わせる銀色や、真珠のような純白乳白色が、かに座を象徴するカラーです。

 

月のエネルギーを内包するムーンストーンもまたかに座を象徴するパワーストーンと言えるでしょう。 

ムーンストーンは白色や乳白色のものがよく知られていますが、グレーブルーオレンジなど、その色は多彩です。

ブラックムーンストーンやレインボームーンストーンと呼ばれるものもありますが、こちらはラブラドライトの一種です。

ミルキークォーツもまた、ムーンストーンに似た性質を持っています。

水晶の内部に霧か靄がかかったかのように独特な風合いのこの石は、特に愛情面に働きかけ、気になる相手の気持ちを察知できるよう、センサーを鋭敏にしてくれます。

かに座に限らず、月は女性と関わりの深い天体です。

しかし、月はかならずしも女性にとって、良い影響ばかりを与える存在とは限りません。

月の満ち欠けにより体調が左右されたり、気分の浮き沈みが激しくなったりする場合もあります。

ムーンストーンもミルキークォーツも、生理痛や更年期障害など、女性特有の体の悩みをやわらげる力があります。

さらに、内分泌系のバランスを整えるインカローズを加えると、月の影響に揺らぎがちな心と体が、より安定しやすくなるでしょう。

 

境界(カスプ)に生まれた人へ

雑誌に載っている星占いや星占いによっては、6/21~7/21生まれの人がかに座生まれだったり、6/22~7/22までかに座とされていたりと、日付が1日ほど前後することがあります。

これは、生まれた年によって太陽がかに座にとどまる期間が異なるためです。

そのため、自分はかに座だと思っていた人も、本当はふたご座だったり、しし座だったりする可能性があります。

ただし、境界となる日に生まれた人は隣り合ったふたつの星座の性質をあわせ持っているため、どちらか迷ったときには両方の運勢を見ておくといいかもしれません。