占いの相場

完全に寝坊しました。こんばんは。

生きていればそんな日もある。というか、ほぼそんな日だ。

 

つい先日ワンコイン占いを始めたばかりですが、ココナラに出品する以前は500円ってずいぶん安いなぁと思っていました。

もちろん、この価格を高く感じるかは安く感じるかは、サービスの内容によるのでしょうが・・・。

以前は初めて出品する人は誰でも500円スタートという決まりでした。サービスが購入されると、その時点から値上げが可能になります。(ただし500円が最低ラインなので、500円より値下げすることはできません)

6月14日からシステムが変更され、最初から500円以上で出品できるようになりました。とはいえ相談系は5,000円、制作系は20,0000円までという上限はありますが・・・。逆に初出品でこれ以上の価格になると、なかなか買ってもらえない気がする。

ちなみに、お試しの無料枠はシステムが変わる以前からありました。ただし、あくまでお試しですから、同じ人がいつでも出品しているとは限りませんし、お試しで出品されている時だけお願いするというのもあまりおすすめできません。

中には無料枠を出していない出品者に無料枠はいつ出ますか?と質問したり、無料枠出してくださいと催促したりする人もいるそうで・・・。(これは占いに限らず、色んなジャンルで見られます)

確かに購入する側としては、安くて内容が充実していればそれに越したことはないでしょう。

しかし、あんまり値下げされると困ってしまうのは同業者です。

 

ずいぶん昔の話ですが、本当にネトゲが普及し始めたくらいの時期に、FF11をプレイしていました。

その名の通りファイナルファンタジーのオンラインバージョンです。今もサービスは続いているみたいだけど、PS2ではもう提供終了しちゃったかな・・・。

あの頃のネトゲは根性で遊んでいるようなものでした。回線はほぼADSL一択で、しかもぶちぶち切れる。パーティ参加中に回線落ちてフリーズした挙句、もっそい遠いセーブポイントに戻された時とかもうね・・・。

 それはさておき、FF11では自分で合成したアイテムや使わなくなった装備を他の人に売れるというシステムがありました。フリマみたいに特定の場所に集まって取引したり。

価格は自分で好きなように設定できるのですが、いくら使わないアイテムだからってアホほど安く売ってしまうと、同じアイテムを販売している人の迷惑になってしまいます。特にフリマで売るためにわざわざアイテムや装備を作っている人には本気で怒られる。

そんなこんなで、このアイテムを売るなら最低価格はせめてこのラインという、暗黙の了解があったりなかったりしたそうな。

こういう現象って、現実世界でもたびたび起こっているのではないでしょうか。 

相場よりも飛びぬけて安ければ(余程ひどいクォリティでない限り)人気がそこに集中します。すると周りもその価格に合わせて値下げせざるを得なくなります。こうして価格破壊が続くと、薄利多売どころかいくら売っても回収できないという、どこの業界でも起こりがちな負の連鎖に陥ってしまいます。

 

練習のために、とかお客さんに少しでも知ってもらうために、という理由で安価で依頼を受けたり、無料枠を設けている方ももちろんいると思います。

ただ、期間限定や人数限定などの制限は設けるべきです。クォリティやモチベーションを維持するのも大変だからね。

ただし、無料枠をやめたり値上げした途端、依頼が来なくなるというのはざらにあります。当然ものすごくヘコむ。

そうなると、つい集客のために値下げしたくなってしまうけれど、どのみち価格破壊で続けることはできないし、依頼が来るまでは占術の勉強をしたりブログやSNSの更新をしたりしてのんびり待ったほうが良いのではないでしょうか。

 

ちなみに、今回ワンコインにしたのは単純に1文字=1円だから。占ったり結果をまとめたりするためにかかる時間、技術料などもすべて含めたうえでの1円。

それにしても1文字1円っていい値段だよなぁ・・・と思ってしまうのは職業病ゆえなのでしょうか。