読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手紙のはなし

駆け出しライターのブログです。

ぐだぐだ読書感想―さかしま J・K・ユイスマンス

本のはなし

食べた物の体内滞留時間が短くて困っています。おはようございます。

いや……すぐお手洗い行きたくなっちゃうんですよね…。腸が活発……?なのかな……?

 

さて、こちらの記事ユイスマンスの「さかしま」について触れたので、覚え書きがてら感想を書いておこうと思います。個人的な見解ばっかりだから、レビューとしては全く参考にならないよ!

 

さかしま (河出文庫)

さかしま (河出文庫)

 

 

 

 

※若干のネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください!

 

 

 

この本を読んでみようと思ったのは、澁澤龍彦氏の「少女コレクション序説」でちょろっと紹介されていたからです。内容を大雑把にまとめると、病的な凝り性で社会に迎合出来ずやたらとプライドの高いおじさんがあれやこれやする話。

うーん……面白さが伝わるかな、これ……。実際面白いの?と問われると微妙。面白さの性質が、こう……読む人によって変わってくるというか……興味深い内容という意味では存分に面白いと思うのだけど。

文体はねー……訳者が澁澤氏というのもあるのかもしれませんが、なんか……あんまり読む側に分からせる気がない?ひとつひとつの言葉のチョイスは美しいです。それだけに単語で想起されるイメージ重視というか、文脈は考えるな、感じろ、というか……私小説っぽいな。視覚とか嗅覚とかをそそられるという意味で、なんつうの……官能的な小説。

実際、主人公であるデ・ゼッサントも、かなり五感を重視しているし、敏感です。重視しすぎて変態的なくらい。

生まれながらに地位も財力もあり、欲しいものがあればどんなに高価でもすぐに取り寄せたり、思いつきでふらっと旅行に出かけたりできるほど裕福に暮らしているのですが……ちょいちょい挟まれる回想がつらい。所謂若気の至り、黒歴史と呼ばれるやつから最近の出来事まで、割と頻繁に話が前後するのですが(しかも一回一回の回想が長い)今でさえエッジの利いたキャラを持つおっさんの過去となると、そりゃもう触るものみな傷付ける勢いでとんがっているもので、読んでいてうわああああやめろおおおおおってなります。

それから前の記事でも書いたように、食べ物の描写がとにかくまずそう。これは訳者がどうっていう問題ではなく、もともとおいしくなさそうに描かれてたのかなー。もしそうだとしたらシュヴァンクマイエルみたいに、筆者自身が食事という行為に対して、嫌悪というか憎しみのようなものを抱いていたのかもしれない。

 

ジュネを読んだ時も思ったのですが、もしフランスに生まれて、現地の語感だとか歴史的な背景を知識じゃなくて体感的に悟った状態で読んでも、こんなに煩雑なんだろか。難解な作品でも意味の通るように置き換える作業は相当骨が折れることと思われますが、あとがきで澁澤氏は楽しみながら苦労したと振り返っています。訳者ってすげえ……。