ぼんやり映画鑑賞―街の灯 チャールズ・チャップリン 1931年

静かな映画といえば、これもありました。

街の灯 コレクターズ・エディション [DVD]

街の灯 コレクターズ・エディション [DVD]

 

確かに静かといえば静かです。セリフがないから。(代わりに字幕?が差し込まれる) 

しかしこれはあんまりBGV向けじゃない。そっちばっか見ちゃうから。

 

 

※ここから先はネタバレありの感想です!未見の方はご注意ください。

 

 

監督・主演をつとめるのはチャールズ・チャップリン。個人的に「魅力的な普通のおじさん」を演じたらジャック・レモンの右に出る者はいないけど「魅力的でちょっと変なおじさん」はチャップリンがナンバーワンかも知れない。ミスター・ビーンはちょっとどころではないのでこの場合の候補からは外します。

あらすじをまとめると「めっちゃ尽くす変なおじさんの話」。主人公は浮浪者なんすね……イギリスの浮浪者はこんなおしゃれなんですかよ。

チャップリン自身もチャップリンが恋する花売りの娘さんも結構つらい境遇にある筈なのに、随所に挟み込まれるコメディシーンのおかげであまり悲惨さを感じられない。身投げするおっさんを助けるシーンとかボクシングとか……普通に笑うよね?私の笑いのツボが浅いわけじゃないよね?

逆にコメディとの対比があるからこそ、二人がおかれた状況の厳しさがかえって強調されるという見方もある。

服役を終えたチャップリンの服がさらにボロボロになっているのがまた切ない……。ただでさえ冒頭でおしり破けちゃってるのに。しかもシャツもベストもなくなってないか?インナー着てる?

ラストシーンで真実を知った娘さんが嬉しかったのか、それとも心の底ではがっかりしたのか、私にはいまひとつよく分かりませんでした。どちらとも取れるセリフと表情。受け取る側の判断に委ねるため、チャップリンも敢えてその辺りを描写しなかったのかも知れません。まあ、チャップリンの笑顔がめちゃんこプリティだからどっちでもいいか。

ところでこの、花売りのお嬢さんの家、「ローマの休日」に出てくる新聞記者の、ブラッドレーのおうちによく似てませんか?いつも思い出します。