読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手紙のはなし

駆け出しライターのブログです。

ぼんやり映画鑑賞―美女と野獣 ジャン・コクトー 1946年

昨日、作業用のBGVとしてジャン・コクトーの「美女と野獣」を流していました。

 

美女と野獣 [DVD]

美女と野獣 [DVD]

 

 

 たまたま手持ちのDVDの中でこれが一番静かで邪魔にならないかなと思ったのですが、そういえばディズニーの美女と野獣もそろそろ実写版が公開になりますね。

 

 

※ここから先はネタバレありの感想です!未見の方はご注意ください。

 

 

パッケージによるとこの映画は第二次大戦後、最初に封切られたフランス映画とのこと。物資もそれなりに乏しい時代だったと思われますが、セットも衣装もめちゃめちゃ豪華。野獣のメイクは……まあ、うん……。ヒョウがモチーフにしてはやけにふわふわしてる、ね……。

ストーリーや人物設定はディズニーの美女と野獣とはかなり異なります。まずベルが強え。野獣の健気さがちょっとかわいそうに思えてきます。ベルが最初に置かれている境遇としては継母のいないシンデレラ……?お父ちゃんは一応いますが末娘がどういう扱いを受けているのかいまいち把握しきれていない様子。二人の兄がいる点もディズニーとは違います。ちなみに家はそれなりに裕福な様子。(借金抱えてたりするけど)

不思議な家具たちはおしゃべりこそしませんが動きます。しかし明るくフレンドリーな感じじゃない……むしろうすら不気味……そこが良いのですが。

動く家具にせよ野獣にせよ見たいものを映す鏡にせよ、魔法の力が働いているという設定だからか、ちょっと特撮っぽいシーンも入ってきます。しかしベルが実家に帰るシーンや野獣が王子に戻るシーンはちょっと唐突で笑った。(ワァーオ!みたいなSEも最初ビクッとするけど慣れると面白い)

個人的に一番好きなシーンは野獣を殺したベルのお兄ちゃんが野獣になっちゃうシーン。いいねいいね何度見てもぞくっとするよ。あとカーテンを持つタッセル代わりの腕もお気に入り。さり気なく見守ってるベッドの飾り的な顔とか。……あれ、やっぱりあの家具って……うすら不気味とか言ってたけど実は……か、かわいい……?

監督・脚本を手がけたジャン・コクトー氏といえば……画家であり詩人でもあり小説家でもあり劇作家でもある、八面六臂の活躍をされたマルチクリエイターとして有名です。日本人でいえば寺山修司的な……?私の中では引きこもりのバイブルこと「恐るべき子供たち」の印象がかなり強いのですが……そちらの作品についてもいずれ触れたいと思います。