私の家族を紹介します―アキクサインコのロロ

私は現在、同居人とインコの二人と一羽で2DKのマンションに暮らしています。

インコは今の家に引っ越す前、一人暮らしの頃から一緒に住んでいるのですが、それがこちら。

 

f:id:atakagi0101:20170121212937j:plain

 

アキクサインコのロロちゃんです。

まっピンクの羽と大きい目が特徴。性格は好奇心旺盛なビビリ。体調は尾羽も含め18……19cmくらい?推定1ちゃい。よろしくお願いします。

ホームセンターで一目惚れしてお迎えした子なのですが、アキクサインコという種類の鳥を見るのも飼うのも、この子が初めてでした。

初めて見た時はカゴの中で鳴くでも飛ぶでもエサを食べるでもなく、置物か?と思うほどにひたすらじっとしていました。「かわいいねどこ住み?てかラインやってる?」と話しかけてもガン無視。

最初に見かけてから10日ほど経った頃「そういえばあの子どうしてるかな?」と妙に気にかかり、仕事あがりに再びロロちゃんのいるホームセンターへ向かいました。なぜかものすごい雨の日に。本当になんで?

果たしてロロちゃんはまだ売れずにいてくれました。ほっとしたは良いものの、初めて会った時より一万円ほど売値が下がっている。

「これあかんやつや」と思った私は、少し悩みはしたものの、その日にロロちゃんを連れて帰ることに決めました。準備も何もなかったので、カゴやエサやヒーターなども一式ホームセンターでお買い上げ。

買い物を終えロロちゃんを引き取り、外に出た頃には雨も止んで……いたら良かったのですが、むしろ若干強くなっている。プラス風も出て、ちょっとした嵐。

行きは手ぶらだったから歩きでどうにかなったものの、そこそこの大荷物とロロちゃんを抱えて駅まで歩くのはなかなか厳しい。大きな車道沿いの道だったのでタクシーの一台くらいすぐ捕まるかなーと甘く考えていたのですが……全然止まってくれない。

そういえばタクシーを止める才能が絶望的に無いんだった。けどこんな時までかよ……。仕方なく荷物を抱えたまま、ロロちゃんが濡れないようにだけは細心の注意を払いつつ道沿いに歩き、結局タクシーにはスルーされ続けたもののバス停を発見し事なきを得ました。

本来なら必要なものをばっちり揃えたうえで、天気の良い日にお迎えするのが一番だったのでしょうが……ロロちゃんには悪いことをしてしまいました。