占星術・星占い

天体とアスペクト⑳ ~水星と火星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中で水星担を営業担当、火星を顧問弁護士に置き換えています。 水星と火星がアスペクトを形成しているということは、良くも悪…

天体とアスペクト⑲ ~水星と金星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中で水星を営業担当、金星を宣伝担当に置き換えています。 水星と金星がアスペクトを形成している状態とは、良くも悪くも営業…

天体とアスペクト⑱ ~月と冥王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト⑰ ~月と海王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト⑯ ~月と天王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト⑮ ~月と土星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中で月を社長令嬢、土星をコンサルタントに置き換えています。 ただし、月と土星がアスペクトを形成している場合、土星はコン…

天体とアスペクト⑭ ~月と木星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中で月を社長令嬢、木星を投資家に置き換えています。 月と木星がアスペクトを形成している場合、良くも悪くも令嬢と投資家の…

天体とアスペクト⑬ ~月と火星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中で月を社長令嬢、火星を顧問弁護士に置き換えています。 社長はともかく、社長の家族と顧問弁護士が関わるシチュエーション…

天体とアスペクト⑫ ~月と金星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中で月を社長令嬢、金星を宣伝担当に置き換えています。 普通の会社では、社長の家族と従業員と親しくなる機会はあまりないの…

天体とアスペクト⑪ ~月と水星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中で月を社長令嬢、水星を営業担当に置き換えています。 普通の会社なら、いくら社長の家族でも、従業員と親しくなる機会はあ…

天体とアスペクト⑩ ~太陽と冥王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト⑨ ~太陽と海王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト⑧ ~太陽と天王星~

占星術の用語で、天王星・海王星・冥王星の3つの天体をトランスサタニアンと呼びます。 トランスサタニアンとは「土星を越えたもの」という意味で、その名の通り地球との距離が土星より遠い天体をあらわす言葉です。 トランスサタニアンの特徴として、公転周…

天体とアスペクト⑦ ~太陽と土星~

星座と天体で、出生図における太陽を『自分』という会社を代表する社長、土星を会社が発展するための方法を指導してくれるコンサルタントに置き換えました。 ただし、土星は投資家(木星)のようにチャンスを与えてくれるわけではなく、先生のように「こうす…

天体とアスペクト⑥ ~太陽と木星~

星座と天体で、出生図における太陽を『自分』という会社を代表する社長、木星を会社へ出資する投資家にたとえて解説しました。 占星術において、木星は幸運星と呼ばれ、富や拡大、発展を象徴します。 この星は物質的な豊かさだけではなく、精神的なゆとりや…

天体とアスペクト⑤ ~太陽と火星~

星座と天体では、出生図における太陽を『自分』という会社を代表する社長、火星を有事の際に矢面に立つ顧問弁護士にたとえて解説しました。 太陽はその人の基本的な性格や目指すべき方向性を司ります。 しかし、太陽だけがその人の生き方や人生観を決定づけ…

天体とアスペクト④ ~太陽と金星~

星座と天体では、出生図における太陽を『自分』という会社を代表する社長、金星を会社の魅力をアピールする宣伝部にたとえて解説しました。 言語や理論で自己表現しようとするのが水星なら、見た目や匂い、触感など五感や本能に訴えようとするのが金星です。…

天体とアスペクト③ ~太陽と水星~

出生図における太陽と水星は、28°以上離れることはないため、凶角を形成することはありません。 太陽と水星が形成するアスペクトは0°(コンジャンクション)のみです。 星座と天体では太陽を『自分』という会社の方針を決める社長、水星を『自分』という会社…

天体とアスペクト② ~太陽と月~

星座と天体で、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 そのなかで、太陽は社長、月は社長令嬢に置き換えましたが、この二つの天体はまさに親子のような関係で、太陽が社会的な体面を気にす…

天体とアスペクト① ~アスペクトの種類~

星座と天体①~⑪では、出生図(バースチャート)の作り方や、10天体と12星座の関係について解説しました。 しかし、ホロスコープには10天体の位置のほかにも、さまざまな情報が書き込まれています。 【メトロポリタン占星学研究館】http://www.horoscope-taro…

星座と天体⑪~冥王星と12星座~

絶対的権力を有する『筆頭株主』 冥王星は1930年に発見された、比較的新しい星です。 10天体の中でももっとも動きが遅く、星座をひとつ移動するのに20年以上かかります。 そのため、最初にかに座で発見されてから今まで、まだ7つしか星座を移動していません…

星座と天体⑩~海王星と12星座~

弱さや脆さを包み込む『バーのママ』 天王星、冥王星と同じくトランスサタニアンのひとつである海王星は、自分という『会社』とは距離をとりつつも、本人も自覚しないような意識の深層に近い部分へ、確実に影響を及ぼしてきます。 たとえるなら、行きつけに…

星座と天体⑨~天王星と12星座~

新たな時代を作る『ベンチャー企業』 個人天体が会社、社会天体が会社と社会をつなぐ人々とするなら、トランスサタニアンは会社を取り巻く社会そのものにたとえられます。 厳密には内部の人間ではないけれど、何かと関わりの深い外部の人々、といったほうが…

星座と天体⑧~土星と12星座~

成功への道筋を示す『コンサルタント』 木星が財産により社会と関わる方法を示す星だとすれば、土星は社会から課せられる責任を果たすことにより、社会に貢献していく術を教えてくれる星です。 ただし、土星は『こうすれば成功するよ』という方法を示してく…

星座と天体⑦~木星と12星座~

発展の鍵を握る『投資家』 太陽から火星までの5天体は個人天体と呼ばれ、その名の通りその人のパーソナルな部分を示してします。 いわば自分という会社の内部で働く社員です。 一方、木星と土星は社会天体と呼ばれ、自分と社会がどのように関わっていくかを…

星座と天体⑥~火星と12星座~

争いも辞さない『顧問弁護士』 火星は闘争本能や生命力、心身のタフネスを司る戦士の星です。 会社のポジションに置き換えたとき、どの位置が適切かいろいろと考えたのですが、有事の際に矢面に立つ顧問弁護士が適切かな、と思いました。 ただ、火星が戦士の…

星座と天体⑤~金星と12星座~

五感から魅力を訴える『宣伝』担当 自分の意思の在り処を言語でアピールするのが水星だとすれば、自分自身の魅力やポリシーを感覚として伝えるのは、金星の役割です。 ちょうど会社の魅力を広告やカタログで伝えようとする宣伝部のように、誰にでもわかりや…

星座と天体④~水星と12星座~

外の世界へアピールする『営業』担当 知性やコミュニケーション、伝達能力を司る水星は、自分と社会を仲介する営業マンのような星です。 自分の思考や感情を正確に伝えるには、言葉によるコミュニケーションが不可欠です。 しかし、どのような言葉を用いて、…

星座と天体③~月と12星座~

もっとも原始的な欲望を司る『令嬢』 太陽が社長なら、月は社長令嬢のような存在と言えるかもしれません。 月はその人の内面や子ども時代、潜在的な欲望などを象徴する星です。 また、母性を司る星でもあり、女性的な性質を強くあらわしています。 月は表層…

星座と天体②~太陽と12星座~

最終的な意思決定をする『社長』 たとえ占星術に詳しくなくても、多くの人が自分の誕生星座を知っていると思います。 太陽は10天体の中でも特に大きな影響力を持つ天体で、太陽を見るだけでその人の運勢や性格が、大雑把ですが分かってしまうほどです。 また…