占星術・星占い

占い豆知識

占いやパワーストーンに関する記事をまとめました。 目次 西洋占星術・星占い 12星座について 10天体について 星座と天体 アスペクト 太陽のアスペクト 月のアスペクト 水星のアスペクト 金星のアスペクト 火星のアスペクト 木星のアスペクト 土星のアスペク…

天体とハウス① ~ハウスとは~

天体が入っているサイン(星座)や天体同士のアスペクト(角度)の解釈に慣れてきたら、次は天体が属するハウスにも注目してみましょう。 一般的なホロスコープは円の内側が12分割され、それぞれの領域に番号が振られています。 この12分割されたスペースが…

ホロスコープにおける方角(アングル)⑤IC

ICとはImum Coeli(イームムコエリ)の頭文字をとった略称です。 位置はMCのちょうど対極にあたります。 アセンダントが東の地平線、ディセンダントが西の地平線、アセンダントとディセンダントをつなぐ横軸が地面だとすると、ICは生まれた場所の真下、つま…

ホロスコープにおける方角(アングル)④MC

MCとはMedium Coeli(メディウムコエリ)の頭文字をとった略称です。 簡単にいえば生まれた日の正午、太陽が一日のうちで最も高く昇った場所を指します。 日本語では南中点とも呼びます。 ホロスコープにおいてMCが象徴するのはその人が人生をかけて目指すべ…

ホロスコープにおける方角(アングル)③ディセンダント

ディセンダンは西の地平線、簡単にいえば生まれた日の太陽が沈んだ場所です。 日が落ちていくところという意味で下降点と呼ばれることもあります。 アセンダントが『自分』をあらわすアングルなら、ディセンダントは『他人』を意味するアングルです。 ディセ…

ホロスコープにおける方角(アングル)②アセンダント

アセンダントとは簡単にいえば生まれた日に太陽が登ってきた位置をあらわします。 方角でいえば東にあたり、日が昇る場所という意味で上昇点とも呼ばれるアングルです。 アセンダントが示しているものは、一言でいえば自分自身です。 アセンダントが入ってい…

ホロスコープにおける方角(アングル)①

ホロスコープを読み解く際には天体が入っているサイン(星座)やアスペクトのほか、ホロスコープの東西南北にも注目する必要があります。 そもそもホロスコープとは簡単にいえば生まれた日、生まれた場所から空を見たときに天体がどこに位置していたかを示し…

天体とアスペクト㊼ ~複合アスペクト~

ホロスコープ上に形成されるアスペクトを線で結んでいくと、正三角形や正方形、長方形、直角三角形など特徴的な図形が浮かび上がってくる場合があります。 このようなアスペクトを複合アスペクトやグループアスペクトと呼びます。 3つ以上の天体が特定のアス…

天体とアスペクト㊻ ~マイナーアスペクト~

アスペクトにはメジャーアスペクトのほかマイナーアスペクト(小アスペクト、第二種座相)と呼ばれるものもあります。 マイナーアスペクトとは簡単にいえばメジャーアスペクトよりも影響力の小さいアスペクトのことです。 マイナーアスペクトを無視しても大…

天体とアスペクト㊺ ~海王星と冥王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㊹ ~天王星と冥王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㊸ ~天王星と海王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㊷ ~土星と冥王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㊶ ~土星と海王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㊵ ~土星と天王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㊴ ~木星と冥王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㊳ ~木星と海王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㊲ ~木星と天王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㊱ ~木星と土星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中で木星を投資家、土星をコンサルタントに置き換えています。 実際は、たとえ同じ会社に貢献している投資家とコンサルタント…

天体とアスペクト㉟ ~火星と冥王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㉞ ~火星と海王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㉝ ~火星と天王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㉜ ~火星と土星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中で火星を顧問弁護士、土星をコンサルタントに置き換えています。 実際の会社で顧問弁護士とコンサルタントが直接関わること…

天体とアスペクト㉛ ~火星と木星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中で火星を顧問弁護士、木星を投資家に置き換えています。 実際の会社で顧問弁護士と投資家が直接関わる機会はなかなかないか…

天体とアスペクト㉚ ~金星と冥王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㉙ ~金星と海王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㉘ ~金星と天王星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中でも、トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の位置づけは少し特殊で、個人天体のような社員でもなければ、社会天体…

天体とアスペクト㉘ ~金星と土星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中で金星を宣伝担当、土星をコンサルタントに置き換えています。 実際の会社で宣伝部とコンサルタントが直接関わるケースは珍…

天体とアスペクト㉗ ~金星と木星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中で金星を宣伝担当、木星を投資家に置き換えています。 実際の会社で宣伝と投資家が直接関わることは少ないかもしれませんが…

天体とアスペクト㉖ ~金星と火星~

星座と天体では、出生図における10天体を『自分』という会社で働く社員(と、会社に関係する人々)にたとえて解説しました。 その中で金星を宣伝担当、火星を顧問弁護士に置き換えています。 金星と火星がアスペクトを形成している状態とは、良くも悪くも宣…