読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手紙のはなし

駆け出しライターのブログです。

職業体験記―おくりびと編 6 外側から見たおくりびとという職業

飼っているインコがミートスパに両足を突っ込み大惨事になりました。おはようございます。 これまで思いつくままに、経験者という立場からおくりびとについて好き勝手に書き連ねてまいりましたが、今回は主観ではなく、客観的におくりびとという仕事がどのよ…

職業体験記―おくりびと編 5 現場であったちょっとアレな話

最近プライムビデオで映画ばっかり見ててまずいです。何もする気が起きない。こんばんは。 さて、こちらの記事で納棺師が続かない(と思われる)理由に「心霊的なアレ」というのを挙げました。本当にこれが原因でやめる人はごくごく一部だと思うのですが……。…

職業体験記―おくりびと編 4 納棺師が続かない理由

自分も納棺師をやめたばかりの立場なので、このテーマで書くのは若干心苦しいのですが……言い訳をさせてもらうと仕事内容そのものが嫌になったのではなく、あくまで独立する為です。うん。 なので今回は出来るだけ私情を捨て、あくまで客観的な立場で、やっぱ…

職業体験記―おくりびと編 3 納棺師になりたい理由・続ける理由

納棺師を志す理由は人により様々ですが、家族や親族の葬儀で実際に納棺師の働く姿を見たことがきっかけで納棺師という仕事を知った人は多いようです。最もこれも表向きの志望動機かも知れないので、実際のところは分かりませんが……。 元々葬儀屋さんに勤めて…

職業体験記―おくりびと編 2 納棺師に向いている人

就職または転職を機に「そうだ、おくりびとになろう」という人は少ないと思われます。そもそも納棺師という職業の認知度が低いので、仕方がないのかも知れませんが……。仕事の内容も人を選ぶので、従業員の出入りも激しい。そんな理由で納棺業者は慢性的に人…

職業体験記―おくりびと編1 おくりびとしていました

ついこの間までおくりびとをやっていました。唐突な書き出しですみません。 どれくらいついこの間かというと、約二週間前までおくりびとでした。(つまり前職) 職業としての正式名称はおくりびとではなく……なんだろなアレ……かっこよく言えば納棺師とか、ち…