オンラインショップ開店しました

最近ムーミンが熱いです。こんにちは。

できることならムーミン谷で暮らしたい・・・。でもムーミン谷にはしょうゆとみそがないかもしれない・・・。ツナマヨも・・・。それは困る・・・。

 

そんなことを考えながら、7月3日にBASEでひっそりとオンラインショップをオープンしました。

現在出品しているのは

・メール鑑定(西洋占星術+タロット/ワンコイン占い)

・オーダーメイドブレスレット(受注制作・占いつき)

・太陽星座ブレスレット(単品/占いつき)

ゆくゆくはチャットなどを使用したリアルタイム鑑定や対面鑑定の導入も考えています。

オーダーメイドブレスレットと太陽星座ブレスレットの価格(送料含)は、minneやCreemaよりも若干お値引きしています。

普段メルカリもminneもそんなに使わないよーという方は、BASEで購入するのが一番お得です。クレジットカードも使えます。

 

最近はminneやCreemaのようなオンラインマーケットや、BASEのようなサービスを利用して個人でも簡単にショップを持てるので、有難いなぁと思います。

数年前に雑貨店を営んでいた頃は、自分で一からショップを作るのが当たり前だったもんなぁ・・・。

しかも個人のショップはTwitterFacebookを使ってもなかなか認知されず、本格的にオンラインで販売するなら楽天かヤフー、アマゾンに出品していないと話にならないような状況でした。

今はサイトやアプリを通じて出品してもそれほど手数料もかかりませんし、作家さんにとってもかなり活動しやすくなったのではないかと思います。

オンラインに留まらず、ハンドメイド系のイベントも充実していますね。

Twitterでイベントの告知などが流れてくると、つい行きたくなってしまいます。

時間とお金があれば・・・!大阪でも名古屋でもどこでも駆けつけるのに・・・!

占いの相場

完全に寝坊しました。こんばんは。

生きていればそんな日もある。というか、ほぼそんな日だ。

 

つい先日ワンコイン占いを始めたばかりですが、ココナラに出品する以前は500円ってずいぶん安いなぁと思っていました。

もちろん、この価格を高く感じるかは安く感じるかは、サービスの内容によるのでしょうが・・・。

以前は初めて出品する人は誰でも500円スタートという決まりでした。サービスが購入されると、その時点から値上げが可能になります。(ただし500円が最低ラインなので、500円より値下げすることはできません)

6月14日からシステムが変更され、最初から500円以上で出品できるようになりました。とはいえ相談系は5,000円、制作系は20,0000円までという上限はありますが・・・。逆に初出品でこれ以上の価格になると、なかなか買ってもらえない気がする。

ちなみに、お試しの無料枠はシステムが変わる以前からありました。ただし、あくまでお試しですから、同じ人がいつでも出品しているとは限りませんし、お試しで出品されている時だけお願いするというのもあまりおすすめできません。

中には無料枠を出していない出品者に無料枠はいつ出ますか?と質問したり、無料枠出してくださいと催促したりする人もいるそうで・・・。(これは占いに限らず、色んなジャンルで見られます)

確かに購入する側としては、安くて内容が充実していればそれに越したことはないでしょう。

しかし、あんまり値下げされると困ってしまうのは同業者です。

 

ずいぶん昔の話ですが、本当にネトゲが普及し始めたくらいの時期に、FF11をプレイしていました。

その名の通りファイナルファンタジーのオンラインバージョンです。今もサービスは続いているみたいだけど、PS2ではもう提供終了しちゃったかな・・・。

あの頃のネトゲは根性で遊んでいるようなものでした。回線はほぼADSL一択で、しかもぶちぶち切れる。パーティ参加中に回線落ちてフリーズした挙句、もっそい遠いセーブポイントに戻された時とかもうね・・・。

 それはさておき、FF11では自分で合成したアイテムや使わなくなった装備を他の人に売れるというシステムがありました。フリマみたいに特定の場所に集まって取引したり。

価格は自分で好きなように設定できるのですが、いくら使わないアイテムだからってアホほど安く売ってしまうと、同じアイテムを販売している人の迷惑になってしまいます。特にフリマで売るためにわざわざアイテムや装備を作っている人には本気で怒られる。

そんなこんなで、このアイテムを売るなら最低価格はせめてこのラインという、暗黙の了解があったりなかったりしたそうな。

こういう現象って、現実世界でもたびたび起こっているのではないでしょうか。 

相場よりも飛びぬけて安ければ(余程ひどいクォリティでない限り)人気がそこに集中します。すると周りもその価格に合わせて値下げせざるを得なくなります。こうして価格破壊が続くと、薄利多売どころかいくら売っても回収できないという、どこの業界でも起こりがちな負の連鎖に陥ってしまいます。

 

練習のために、とかお客さんに少しでも知ってもらうために、という理由で安価で依頼を受けたり、無料枠を設けている方ももちろんいると思います。

ただ、期間限定や人数限定などの制限は設けるべきです。クォリティやモチベーションを維持するのも大変だからね。

ただし、無料枠をやめたり値上げした途端、依頼が来なくなるというのはざらにあります。当然ものすごくヘコむ。

そうなると、つい集客のために値下げしたくなってしまうけれど、どのみち価格破壊で続けることはできないし、依頼が来るまでは占術の勉強をしたりブログやSNSの更新をしたりしてのんびり待ったほうが良いのではないでしょうか。

 

ちなみに、今回ワンコインにしたのは単純に1文字=1円だから。占ったり結果をまとめたりするためにかかる時間、技術料などもすべて含めたうえでの1円。

それにしても1文字1円っていい値段だよなぁ・・・と思ってしまうのは職業病ゆえなのでしょうか。

 

おいしい思い出― 新宿三丁目 After Taste・銀座 銀之塔

電車にほんのりインコのにおいがする紳士がいました。インコ飼ってるのかな・・・。こんばんは。

 

今週末はすっかり贅沢しちゃいました・・・。おいしいものをたくさん食べた後って、幸せだけどなんだか罪悪感を抱いちゃうのはなぜなんだぜ。

インスタグラムツイッターをやっている割にはフットワークが重いというか、あとで投稿しよーなんて思っていたのをすっかり忘れて2、3日後に投稿したりとかはしょっちゅうあるのですが、今回は珍しくリアルタイムで上げました。おいしくて。

 

 所用で新宿に足を運ぶことが多いのですが、当たり前ながら週末は人が多く、カフェやレストランはだいたい満席です。駅前はもちろん、駅から少し離れたあたりでも結構な人出・・・。

先週の土曜もやはりそんなかんじで、なかなかゆっくりとお茶できるお店がありませんでした。

お腹の空き具合はちょっと小腹が空いたかなー・・・くらいで、ガッツリ食べたいというわけでもなかったのですが、あまりにどこでも満席なので「仕方ない・・・レストラン入るか・・・ステーキとかハンバーグ食べるか・・・」と思っていた矢先に見つけたのがこちらのお店。

r.gnavi.co.jp

 一緒にお出かけしていた友人が、このお店の看板とメニューに気付いてくれました。道に面しているお店ではなくビルの中に店舗があるから、看板が目に入らないとついスルーしてしまいそうになる・・・。

入ったのはおそらく15:00くらいだったと思うのですが、そこまで混んでいるということもなくゆっくりできました。あんまり空いているのもお店としては複雑かもしれませんが、お店自体がそんなに広くないので、満員だと圧迫感があるんじゃないかな。少し空いているくらいがちょうど良い気がする。

カフェバーなので、テーブル席とカウンター席があります。カフェタイムでもカクテルなどのアルコールは楽しめますが、今回はノンアルコールでランチをいただきました。

f:id:atakagi0101:20170628204351j:plain

鶏肉のグラーシュ。小さめで小腹を満たすには良いボリュームです。

見た目は小ぶりだけど、グラーシュには大きめのお肉や野菜がゴロゴロ入っています。お肉もやわらかく煮てあって食べやすかったです。

グラーシュって名前は聞いたことはあっても、食べたのはこれが初めてでした。こう・・・ハンガリーとかの・・・パプリカ?的な・・・。くらいのおぼろげな前知識しかなかった。

味はデミグラスほどくどくなくて、トマトやパプリカを使っているだけあってさっぱりしています。かといって酸っぱすぎるというわけでもなく、ほどよくお腹に溜まります。

また行きたいなぁ・・・今度はバータイムにお邪魔したいです。

 

そして翌日には銀座においしいものを食べに行っていました。

こちらは友人が子供の頃、家族の特別なお出かけの時によく立ち寄った思い出のお店とのこと。

www.ginnotou.shop-site.jp

入口はお蕎麦屋さんみたいな引き戸で、のれんがかかっている。建物全体は和洋折衷な雰囲気です。こう・・・二階とか三階に、若かりし日の文豪とかが住んでいてもおかしくないような・・・。

店内にはテーブル席と座敷席があります。ビーフシチューとグラタンが有名なお店ですが、つけあわせはパンやサラダではなく、白いごはんやお漬物。

f:id:atakagi0101:20170628211327j:plain

シチューはプラス1,000円でタンシチューにできるので、そちらを注文。

まずお漬物と小鉢が3つ出されました。小鉢は切り干し大根と甘く煮たひじきと、ぜんまいの煮物。意外と家庭的なメニューです。

シチューとごはんを一緒に食べることってあんまりなかったのですが、こちらのシチューはごはんにも合う和風な味付けです。お芋やにんじん、たまねぎ、さやえんどうがこれでもかと入っていて、見た目以上にボリュームたっぷりでした。

そしてタンが・・・もう・・・力を入れなくてもお箸の先でスッとさけるくらいやわらかくて・・・。ただし最初からかなり熱々で、しかもなかなか冷めないので、猫舌の人は注意。

次はノーマルなシチューも食べてみたいです。グラタンも気になる・・・。

 

占い、スピリチュアルな分野を仕事にすること

パーーーリィーーー!蒸し暑いですね。こんばんは。

ティーンエイジで忍者なカメさんたちのおかげで心はすこぶる元気ですが体は溶けてます。暑い・・・夏至の暴風雨は一体何だったんでしょう。

ツイッターでもぼそっと呟いていたのですが、今更ながらミュータントタートルズが熱いです。みんな可愛い。そしてかっこいい。オープニングでテンション爆上げです。

www.youtube.com

もうオープニングっていうかPV?かっこよすぎる・・・。

わたし大人になったらダイヤモンドバックテラピン4匹飼うんだ・・・。

プライムに入っている方は無料で観られるので、ぜひご覧ください。

 

ツイッターといえば、最近刺さったコメントがあります。

 これを見た時に「あーーあーーああーーーーうんうんうんはいはいはい」というわかりやすい言語崩壊を起こしました。

占いとかヒーリングとか、スピリチュアルな仕事をしている人って、多分ほとんどが「あー自分の仕事って世間的にはあやしいって思われてるんだろなぁ」ってことを自覚してると思うんです。実力も知名度も実績もある人だったとしても、それは変わらないと思います。プライベートでは積極的に仕事を明かさない人もいる。

理由は人それぞれで、無闇にばらしちゃうと初対面の人から「えーじゃあ占ってよー」って言われるのがめんどくさいという実際的な理由だったり(笑)霊感商法悪徳商法と混同されたくないという理由だったりもします。

自分の仕事に誇りと愛着があるならいいじゃん、あやしいと思われても、という意見もあるかもしれません。

確かにその通りです。卑屈になるとか、後ろめたく思うとかじゃなくて、そんな風に認識されているんだという事実を淡々と受け入れながら、常に忘れないということが大事なんだと思います。

本気で自分の占いや能力が絶対的に疑いようもなく正しいと思っている人がいたら、むしろそっちのほうがまずい。

うろんに思われることが分かっていながら、何でよりによって占いやスピリチュアルな分野を仕事にすることを選んだのか、不思議に思う人もいるかもしれません。

もともと占いがライフワークで、そのまま仕事になったという人も いるだろうし、私のように「何かおもしろそうと思って始めたら本当に面白かった」という理由でどんどんのめり込んじゃった人もいると思います。

ここからはあくまで個人的な意見なのですが、結局「自覚してるけど気にしてない」ってことなのかなぁ。だって、あやしいと思っている人が大部分だとしても、必要としている人がいることも確かだから。

ぐだぐだ読書感想―少女コレクション序説 澁澤龍彦

先日は06(オウム)と15(インコ)の日でしたね。こんばんは。

せっかくだから今日のお散歩タイムは延長・・・と思ったら毎日ほぼ放し飼いか?ってくらいお散歩してました。

f:id:atakagi0101:20170618011437j:plain

最近やたらでっかくなってきたロロ氏(1ちゃい5カ月)

 

今回はお久しぶりの読書感想文です。

本日紹介するのは黒魔術の手帖・・・ではなくこちら。

 

少女コレクション序説 (中公文庫)

少女コレクション序説 (中公文庫)

 

ユイスマンスの記事でも天然石の話でも触れたのに、すっかり先延ばしになってしまった・・・。

実はこの本、私が初めて買った澁澤龍彦氏の著書でもあるんだよな・・・。

澁澤氏の他のエッセイに比べると倒錯的な題材はやや控えめで、雑学集的な感覚で読めます。一遍も短いし。

とはいえ一つ一つのテーマは澁澤テイスト全開です。特に好きなタイトルを挙げるだけでも、

「人形愛の形而上学

「アリスあるいはナルシストの心のレンズ」

「犠牲と変身」

「東西春画考」

「ポルノグラフィーをめぐる断章」

「近親相姦、鏡の中の千年王国

「処女生殖について」

ベルメールの人形哲学」

「ファンム・アンファンの楽園」

「コンプレックスについて」

「宝石変身譚」

「エロスとフローラ」

「鏡について」

「匂いのアラベスク

「マンドラゴラについて」

・・・どうだ。わくわくする予感しかしないだろ。

一見薄くてコンパクトに見えますが、こんな濃ゆいエッセイが21本ぎっしり詰まっています。

とはいえ入門編には違いないかな?澁澤氏の影響でフランス文学の道に引き込まれた若者が現代に至るまでどれだけいるか・・・そんでうっかり大学でフランス語やフランス文学を選択しちゃって苦労した若者がどれだけいるか

とにかく澁澤氏かバタイユかって勢いで人生左右されるよね。

そもそもさかしまを読もうと思ったのも、この本に載っている「匂いのアラベスクがきっかけです。

芋づる式に未来のイヴやら泥棒日記やら読み進めているうちに、油っこいフランス文学の沼にズブズブはまってくんだよね・・・。

それはそれで楽しい人生ですが。しかし罪深い本だぜ。

 

未来のイヴ (創元ライブラリ)

未来のイヴ (創元ライブラリ)

 
泥棒日記 (新潮文庫)

泥棒日記 (新潮文庫)

 

 

瞑想初心者

ピンタレストを始めたのですが、まだ右も左も上も下もわからない状態です・・・。こんばんは。

 ちょっと前まで存在も知らなかったのですが、友人から教えてもらったのとLipstick Queenという私の好きなブランドがピンタレストに登録していたこともあり「なんだなんだ?」と興味を惹かれてやってみました。

しかしこのままだとSNSっていうよりただのおもしろ画像貯蔵庫になりそう・・・。

 

始めたといえば、最近瞑想に挑戦しています。マインドフルネスとも言いますね。

天然石に始まり、占いとか瞑想とかどんどんあやしい方向に向かってるけど大丈夫か・・・?と思われるやも知れませんが大丈夫です。頭は正常です。多分。

瞑想と言っても誰かに習ったわけではなく自己流です。チャクラとかはあんまり意識していません。とりあえず瞑想の習慣をつけるところから始めました。

ところで瞑想ってあの、座禅みたいな姿勢じゃなきゃいけないの・・・?と思ったら、リラックスできるなら寝ててもOKとのこと。ヒャッホ~寝る寝る~!こうなると瞑想をするタイミングも寝る直前ということになってきます。

ちなみに瞑想をする時は左向きに寝ています。いえ、こうなったのにはちゃんと理由があるんです。瞑想していると左のこめかみとおでこの真ん中がめっちゃかゆい。最初はデコに髪が当たってんのか・・・?と思い無駄に前髪をファサファサしていました。

おでこは仕方ないとして、左のこめかみは枕とかで押さえているといくらか気にならなくなるので、少しでも集中できる姿勢を追求した結果、今の形におさまりました。

瞑想というととにかく無心に・・・というイメージが強いのですが、いきなり何も考えるなというのも難しいので、最初はとりあえずまぶたの裏をじっと見ていた。あれはあれで面白いですね。なんかキラキラしたものが見えたり、ぐにょ~んっていうのが見えたり。あははー何だろうあれーとか考えている間に寝落ちしています。

瞑想を始めてから一番変わったのは、このストンと眠れるというところです。もともと寝つきは良いほうではなかったのですが、寝る前に瞑想をすると多分5~10分以内には眠れるんじゃないかな。

あと、変な夢も見なくなりました。寝る前に何もしない時間をとることで記憶が整理されるおかげかもしれません。以前は、何というか・・・爆音!原色!みたいなうるさい夢ばっかりで、寝たのにぐったりしてしまうこともよくありました。

 スピリチュアルな効き目はさておき、睡眠導入としての瞑想は結構おすすめです。

 

霊視について

3時間で起きるつもりが5時間くらい寝てた時の驚きよ。こんばんは。お久しぶりです。

 金曜日はストロベリームーンで盛り上がってましたね。その時のことにも触れたかったのですが何しろ眠気がすごくてね・・・。思わず「満月 眠い」でググりました。

抗えない眠気に襲われたりもしましたが、今週は良い一週間でした。オーダーをいただいたブレスレットを作ったり。

f:id:atakagi0101:20170612221015j:plain

こちらはインスタにアップした写真です。

 既に12星座ごとのブレスレットも出品しているのですが、オーダーの場合は占いの結果に沿って、「これは相性が良さそうだな・・・」というものや「これは今こそ必要だな!」というものをチョイスしています。

今回はモルガナイト、アマゾナイト、アメシストの組み合わせで、ちょっと可愛らしい雰囲気に仕上がりました。無事に届きますように・・・。

ブレスレットのオーダーはこちら↓で受け付けてます。

メルカリ

minne

Creema

ココナラhandmade

 

メルカリ、minne、Creemaでは占いのみの出品もございます。

メルカリ

minne

Creema

 

前回前々回前々々回と占いに関する話題が続いておりますが、今回も占いの話です。

タロット、占星術四柱推命・・・といろんな占術がある中、ちょっと異色なジャンルとして霊視占いがあります。

霊視一本の方もいれば、霊視+タロットや霊視+手相など、他の占術と組み合わせている方も多いですね。

正直当たるの?と聞かれると「当たる時はすげー当たるね!」とはなはだ頼りないコメントしかできないのですが、何しろ先天的な資質に依る部分が大きく、視え方も人それぞれなので、どーにも想像がつきにくい分野なのです。

どれくらい視えるかも本人のコンディションや視られる側の心理状態で随分変わって来るみたいです。

最初から「この人に見てほしい!」というメンタルで臨んでくる人の場合は、やはりいろいろと見えやすいとか。前日の夜から夢に出てきたり。それだけの意気込みがあれば、もう潜在意識の扉をバンバン開けられちゃうんじゃないでしょうか。霊視に限らず、占われる側の協力的な姿勢は大事なのかも。(ただし先入観とか潜在的な願望とかが影響して結果がぶれてしまう占術もあるので、そういうものはなるべく意識しない方がいい場合もあります)

逆に「ホントに見えんのか?」と初っ端から懐疑的だと視える情報も限られてくるそうな。開けっ放しのドアと頑強なセキュリティでガッチガチに固められてるドア、どっちが入りやすいかって言われたらやっぱり前者だよね。そのセキュリティを如何に突破して情報を引き出すかが腕の見せ所といえばそうなのだけど・・・。

そんなわけで、正確な結果が知りたいのであれば、できるだけオープンマインドで臨むべし。