読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやり映画鑑賞―オテサーネク ヤン・シュヴァンクマイエル 2000年

C!C!ビタミンC!おはようございます。発狂したわけではないのでご安心ください。

スポンジボブもキてるけどアドベンチャータイムも相当だよな……。マーセリンとレモングラブが好き。

 

さて、こちらの記事シュヴァンクマイエルの名前を出したら、久々に観たくなりました。短編も長編も大好きな作品ばかりなのですが、本日取り上げるのはこちらの一本。 

オテサーネク [DVD]

オテサーネク [DVD]

 

長編作品は短編のように、チェコの歴史とか風刺的な意味をよく知らなくても楽しめるので、些かとっつきやすいような気がします。

 

 

※ここから先はネタバレを含みます!未見の方はご注意ください。

 

 

この作品の内容を簡潔に表すなら「わああああああ猫おおおおおお」違った「幼女の眉毛がない」でもなくて「母ちゃんの手料理ェ……」全部同じ映画の感想です。

子供が欲しすぎてちょっとおかしくなってしまった夫婦と生き物かどうかもあやしい物体の物語。オテサーネクの童話はこの映画の為に作られた創作ではなく本当にチェコに伝わる民話だそうです。ちなみに作中でアルジュビェトカちゃんパケ写インパクト満点な幼女)が読んでいる本の挿絵は監督の奥さん、エヴァさんの手によるもの。夫婦して感性がリンクしまくっている……だって映画の雰囲気にぴったりなんだもんよ。

ストーリーはオテサーネク(オティーク)と、オティークを生んだ……?夫婦を軸に回って行くのですが、キーパーソンになるのがご近所に住む妙に鋭く賢い幼女アルジュビェトカちゃん

あの……アリスとか、地下室の怪の女の子もそうだけど、チェコのおなごはみんなこう、目つきがするどめなのか……?監督がそういう子を意図的に選んでるだけ……?

余談ですがこういう、映画とかドラマとか、メディアによるすりこみとは本当に凄まじいもので、私もある時期までアメリカの標準的な家庭はフルハウスであると本気で信じていました。ちなみにアメリカの標準的な治安はゴッサムシティで、アメリカの標準的な知能指数アベンジャーズです。アメリカどんだけ天才まみれよ。

話を戻して、オティークが化け物ではなく子供に見えているのは、作中でもお母さんだけで、生肉をそのままバッグに突っ込むガッツある父ホラークは普通に、赤子どころか人間でないと認識している。このあたりの相違が、父と母のポジションとか、父性と母性の違いのようなものを示唆しているようで興味深い。

オティークを守ろうと必死になるのが女性なら、オティークを葬るのもまた女性というのも面白い。次々クワを買い替える経済力はあるらしいアパートの管理人さん。もしかしてそれって共益費?

そんでもってサイドを固めるキャラも強烈。なぜかかたくなにゲロ流動食しか生産しないアルジュビェトカちゃんのお母さんとか、幼女を執拗につけ狙うおっさん通り越しておじいちゃんとか。ロクな大人いねぇなこのアパートはよぉ!

シュヴァンクマイエル作品でおなじみのアニメーションも、出番は少なめですが健在です。ヌルヌル……カクカク……ヌルカク……?ともあれ生理的にぞくっと来るようなオティークの動きが実写アニメで見事表現されています。

 

最後に、数ある作品の中から何故これを選んだかというと……私、これを始めて観たのが池袋の新文芸座だったんです。オールナイト上映という、夜の22時から翌朝の5時くらいまでぶっ通しで上映するイベントがあって、たまーにシュヴァンクマイエル特集をやっていたので、一人で観に行きました。徹夜で観るのだから楽なほうがいいだろうと思って部屋着みたいなラフな格好に、コンタクトではなく防弾ガラスみたいな分厚い眼鏡を装備。他の人もみんなそんな感じだろうなーなんて思っていたのですが……蓋を開けてみたら普通に美大生っぽいオシャンティな若人ばかりだったという……色んな意味で思い出深い映画です。

ぼんやり映画鑑賞―スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー 2004年

 アイコスとオイコスとアクオスの区別がついていません。おはようございます。

コンビニで堂々と「アクオスください」と言ったのにスルーしてくれた店員さん、ありがとうございます。

 

ところで皆さんはディズニーチャンネルはお好きですか?カートゥーンネットワークは?近頃はアドベンチャータイムやおかしなガムボールなども地上波で放映してくれてうれしい限りです。

本日取り上げたいのは海外アニメでも知名度の高いこちらの作品。

 アニメ界のLSDと呼び声の高い(私の中では)スポンジボブですが……これね、初めて見たのイギリスにホームステイしてる時なんだよな……。ホストファミリーのちびっこが「一緒に見よう」と誘ってくれた思い出深い作品なのですが、何しろセリフは全部英語だし、当時は内容が半分もわからなかった。今になって改めて見てみると……うん……狂ってんな……。欧米のちびっこはこういうの見て育つの……?

 

 

※ここから先はネタバレありの感想です!未見の方はご注意ください。

 

 

まずオープニングからトばしています。え、パイレーツオブカリビアン始まっちゃった?と真剣に思った。普通に無邪気なおっちゃんたちでよかった。子供の心を忘れない大人たち。多分ネバーランドとかから来た。

陸や海上での出来事→実写、海の中→アニメと描き分けられているので、実写のシーンはちょいちょい挟まるのですが、おみやげやさんとかホラーでしかなかった……というか全体的にパニック映画的な表現が多い。

一番びっくりしたのが、作中でスポンジボブが子ども扱いされていたこと。……え……だってお前、めっちゃ働いてたやん……。労基法……海の中では適用されないんかな……。あの、ハンバーガー屋で理不尽な扱いを受けつつもひたむきに働く社畜スポンジボブの姿に、ちょっと癒されたり励まされたり共感したりしてたのに……。

そんでアイスクリームで酔っぱらえるって得な体質ね。自分アルコール分解酵素が全く機能してないんで羨ましいです。

映画版は全体的に登場人物(人物?)が性格破綻していないように感じました。TVシリーズでは発狂しすぎてとうとうスポンジボブが一番まともみたいになってたもんな。ただし顔芸は健在。特に干からびてくシーンこわい。あれスクリーンで大写しにされたら普通にちびるわ……。ラストはストーリー?んなもんねぇよ!と言わんばかりの投げっぱなし感。

起承転結どころか起転転転くらいの作品でした。でも狂気を感じないスポンジボブなんて……ねぇ。ただ可愛いだけですわ。あれ、それでいいのか……?

ぐだぐだ読書感想―さかしま J・K・ユイスマンス

食べた物の体内滞留時間が短くて困っています。おはようございます。

いや……すぐお手洗い行きたくなっちゃうんですよね…。腸が活発……?なのかな……?

 

さて、こちらの記事ユイスマンスの「さかしま」について触れたので、覚え書きがてら感想を書いておこうと思います。個人的な見解ばっかりだから、レビューとしては全く参考にならないよ!

 

さかしま (河出文庫)

さかしま (河出文庫)

 

 

 

 

※若干のネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください!

 

 

 

この本を読んでみようと思ったのは、澁澤龍彦氏の「少女コレクション序説」でちょろっと紹介されていたからです。内容を大雑把にまとめると、病的な凝り性で社会に迎合出来ずやたらとプライドの高いおじさんがあれやこれやする話。

うーん……面白さが伝わるかな、これ……。実際面白いの?と問われると微妙。面白さの性質が、こう……読む人によって変わってくるというか……興味深い内容という意味では存分に面白いと思うのだけど。

文体はねー……訳者が澁澤氏というのもあるのかもしれませんが、なんか……あんまり読む側に分からせる気がない?ひとつひとつの言葉のチョイスは美しいです。それだけに単語で想起されるイメージ重視というか、文脈は考えるな、感じろ、というか……私小説っぽいな。視覚とか嗅覚とかをそそられるという意味で、なんつうの……官能的な小説。

実際、主人公であるデ・ゼッサントも、かなり五感を重視しているし、敏感です。重視しすぎて変態的なくらい。

生まれながらに地位も財力もあり、欲しいものがあればどんなに高価でもすぐに取り寄せたり、思いつきでふらっと旅行に出かけたりできるほど裕福に暮らしているのですが……ちょいちょい挟まれる回想がつらい。所謂若気の至り、黒歴史と呼ばれるやつから最近の出来事まで、割と頻繁に話が前後するのですが(しかも一回一回の回想が長い)今でさえエッジの利いたキャラを持つおっさんの過去となると、そりゃもう触るものみな傷付ける勢いでとんがっているもので、読んでいてうわああああやめろおおおおおってなります。

それから前の記事でも書いたように、食べ物の描写がとにかくまずそう。これは訳者がどうっていう問題ではなく、もともとおいしくなさそうに描かれてたのかなー。もしそうだとしたらシュヴァンクマイエルみたいに、筆者自身が食事という行為に対して、嫌悪というか憎しみのようなものを抱いていたのかもしれない。

 

ジュネを読んだ時も思ったのですが、もしフランスに生まれて、現地の語感だとか歴史的な背景を知識じゃなくて体感的に悟った状態で読んでも、こんなに煩雑なんだろか。難解な作品でも意味の通るように置き換える作業は相当骨が折れることと思われますが、あとがきで澁澤氏は楽しみながら苦労したと振り返っています。訳者ってすげえ……。

職業体験記―おくりびと編 5 現場であったちょっとアレな話

最近プライムビデオで映画ばっかり見ててまずいです。何もする気が起きない。こんばんは。

さて、こちらの記事で納棺師が続かない(と思われる)理由に「心霊的なアレ」というのを挙げました。本当にこれが原因でやめる人はごくごく一部だと思うのですが……。少なくとも私が働いている間に、憑かれたとかついてきたというような物騒な話は聞きませんでした。ただしそれ以外のパターンならちょこちょこ……。

というわけで今回は怖……くない……?いや、ちょっと怖い……?話になりますので、苦手な方はご注意ください。しかし別に読んだからといって何が起こるわけでもないと思うのでその点はご安心ください。

 

※実話を元にしていますが、一応プライバシーに関わる内容だから身バレしない程度にぼかしてるよ!

 

ケースその1

海外に暮らしていた方や海外旅行中に亡くなった方も、帰国してから湯灌、納棺を行う場合があります。しかし海外から日本へご遺体を搬送する場合、棺に入った状態でなければ移動することができません。その方もやはり海外で亡くなり、お葬式を挙げる予定のホールに着いてから一旦お棺から出し、納棺式の当日まで霊安室でお休みになっていただきました。空のお棺は霊安室の隣の倉庫にしまわれていたのですが、何だか倉庫からガタガタ物音がする。時々バンッ!と苛立ったようにドアや壁を叩く音もする。納棺式が終わってから、物音はぴったりと止まりました。

 

ケースその2

私が働いていた会社は湯灌、納棺だけでなく故人様が生前使用していた布団や洋服などの私物の供養も請け負っていました。ある日、ほんの数日前に式を終えたばかりのご喪家から「すぐに来てほしい!」と連絡がありました。いざ駆けつけてみると、故人様のお布団と、飾ってある日本人形を引き取ってほしいとのこと。連絡を下さったのは故人様の娘さんだったのですが、お母様が亡くなった時に使っていたお布団を、自分で使い続けていたそうです。しかしその布団で寝た夜は決まってお母様が夢枕に立つ。立つというか座っている。自分の上に。暗くて顔はよく見えないけれど、何かぶつぶつ呟いている。でも声が聞き取りづらくて、何を言っているかわからない。何度か夢を見るうちに、お母さんの顔がだんだんと近づいてきて、喋る声も大きくなってきたそうです。しかもお母さんの夢を見た日は、棚の上の日本人形が必ずこちらを向いている。角度を変えてもやっぱり朝にはこっちを見てる。自分の布団で寝ればお母様の夢は見ないので、供養をお願いしたいとのこと。

で、引き取ってきたのですが、供養品はだいたい二、三件分まとめて神社なりお寺なりに送ります。じゃあその間どこに置いておくかというと、まあ事務所しかない。ちなみに三日ほど事務所にありましたが、別に体調が悪くなるでもなく、それらしい現象も起きませんでした。

 

うーん……私の知っている中でそこそこパンチの利いたエピソードはこれくらいで、あとは階段を足だけが下りてきたとか、宿泊予定の無い控室とか設営前の式場に誰かいるとか……若干脈絡がないというか、無差別攻撃っぽい。

 

結論:そういうエピソードは出入りの業者より式場スタッフのほうが多分豊富

ぐだぐだ読書感想―恐るべき子供たち ジャン・コクトー

サクマドロップススモモ味が一番好きです。おはようございます。

あれなんで青なんだろなー……。キレイだしおいしいから好きだけど。何でか最初グレープフルーツ味だと思ってたんだよな。ハッカと見分けつかなかったし。

全然関係ないのですが、以前この記事で「恐るべき子供たち」についてちょっと触れたので、自分なりにこの本の内容と感想を書いてみたいと思います。大好きなのですよこの本。

恐るべき子供たち (岩波文庫)

恐るべき子供たち (岩波文庫)

 

 

 

 

 

※ここから先はネタバレ有の感想です!未読の方はご注意ください。

 

 

 

個人的に「恐るべき子供たち」と「さかしま」が二大引きこもりのバイブルの名を冠するにふさわしいと思うのですが、何というか、どちらの主人公も根っこは引きこもりに違いないのですが、ベクトルが違いますよね。

デ・ゼッサントは自分に居心地の良い空間を創造しようとしながらも、何やかんやで外の世界に理想郷を求めて出て行ったりもしている。(結局失望して戻って来るんだけどね)かたやエリザベートとポールは内へ内へこもろうとするエネルギーがものすごく、飽くまで部屋の中を理想郷とすることに固執している。ブラックホールなみの吸引力。

この場合の「部屋」っていうのは具体的な場所というより、なんだろな、二人の世界とでもいうんだろか。実際引っ越しもしてるしね。

外の世界から部屋の中へ入ってくる人間もいるんだけど、結局は弾き出されてしまう。部屋の中へ引き入れるべき「宝物」について、途中まで姉弟の意志はリンクしていたし、あるいは協議することで選定されていたりもしたのだけれど、どちらかの望まないものを欲した時、部屋は破綻する。

作中ではっきりと引きこもりと呼べるのはエリザベートだけなのかな。ポール自身は部屋を出たいという願望はあっても、どのみち外の世界では生きられなかった気がする。エリザベートがそれを許さないというのもあったけど、死んですら出られなかったしなー……。

ところで作中の描写でちょっと気になったのが、エリザベートが一瞬やっていたバイト。マネキンって……つまり、あの店先とかに置いてあるマネキンを、生きた人間がやってたってこと……?それからアガートを指して「ビー玉みたいな名前」って言ったのは、やっぱりアゲートのことなんかな。柘榴水とか巴杏水とか麦飴菓子とか、ピンとこないけどいちいちおいしそうだよね。「さかしま」なんて食べ物の描写がことごとくくっそまずそうなのに……。

 

しっかし重いなフランス文学……。一回食べると「も゛う゛い゛い゛て゛す゛」ってなるんだけど、しばらくすると消化不良起こすってわかってても食べたくなる、ケンタッキーフライドチキンとかデミグラスソースのかかったオムライスみたいな存在です。

 

職業体験記―探偵編5 探偵に向いている人

ブログを書こうと思ってパソコンを立ち上げたのにナイトミュージアム見てたら2時間くらい経ってました。こんばんは。

前回、女性が探偵になるとこんなところがつらい!という点を経験を踏まえて思いつく限り並べてみましたが、今回は男女関係なく、こんな人なら探偵に向いてるんじゃないかなーというポイントを考えてみました。

 

1.心身ともに丈夫

これ前にも書いた気がするなあ……。調査員は体力勝負です。労基法守ってたら探偵という職業が成り立たない。多分。そんくらいむちゃくちゃなスケジュールになります。それから尾行がバレても、警察に突き出されても動じない鋼のメンタルも必要。

 

2.運転が上手

んー?これもどっかで言ってたような……。ただし納棺師の適正で触れた運転のうまさと、探偵に求められる運転のうまさは性質がちょっと違います。

納棺師的「うまい運転」→できるだけ法を犯さない。人や物に車をぶつけない。

探偵的「うまい運転」→信号で振り切られそうなったらぶっちぎる、オービスに引っかからず法定速度以上の速さで走る等。

車に限らずバイクや原付も追わなくてはならないので、必ずしも法律を破る必要なはいけれど運転スキルがあるに越したことはありません。ちなみに運転全般が苦手な探偵もいます。そういう人は徒歩での尾行や人探しなど、運転の関係ない分野で強みを見つけています。

 

3.車が好き

車そのものが好き、車種に詳しいという人も探偵に向いています。ぱっと見でメーカーや車種がわかるほど詳しければ、車での尾行が相当捗る。現場でも重宝されるスキルです。まあ、興味がなくてもどのみち叩き込まれるし、現場に出るうちに勝手に覚えてくんだけど……。

 

4.機械が好き、詳しい

車以外にもパソコン、カメラ、無線、ボイレコなど、調査員が駆使する電子機器は多岐に渡ります。そのうちのどれか一つだけでも造詣が深ければ十分仕事に役立つし、「ボイレコならこの機種がおすすめですよー」とか「あのカメラ暗いところでも綺麗に撮れますよー」とか単純に先輩との会話が弾む。 

 

5.見た目が地味

調査、特に尾行ではいかに印象に残らないかが重要なポイントになります。極端に背が高かったりスタイルがよかったり、美人・美形だったりするのは実は探偵には不向きなのです。飽くまで人畜無害そうで、どこにでもいる平均的な容姿で、いっそ居たのかよ!って思われるくらいがいい。従って服装とか髪型もどんどん地味になってくんだよねー……。

 

以上、ざっくりと探偵に向いている人の特徴でした。ちなみにどれも必須条件ではなく当てはまったら仕事が楽だろうな、楽しく働けるだろうなー程度のものです。全く当てはまらなくても「それでも探偵になりたいんだ!」というガッツがあるならば、気合と慣れで乗り超えられます。

色々と無茶なイギリス留学―ホストファミリー編1 せっかく歓迎してもらったのにすみません

ホームステイ先は閑静な住宅街の中の、ごく普通の一軒家でした。一軒家といってもセミデタッチド・ハウスという、元々一つの家だった建物を真ん中から真っ二つに分断したもの。イギリスではこういうおうちのほうが一般的なようです。

最初に出迎えてくれたのはホストマザー。アンジェラというフレンドリーなおばさんです。そして激しく吠えるチワーワ……。薄情なようですが、このチワーワの名前が思い出せません。ちょっと衝撃的なエピソードがあり、多分そのせいだと思うのですが……追々話していきます。ちなみに男の子。

玄関に入ってすぐ右手に階段を上がり、二階の突き当り、バスルーム(兼トイレ)の隣の部屋をあてがわれました。二階にはもう一つの部屋と、さらに上へ通じる階段がありました。屋根裏部屋かな?そこには立ち入らないように厳重な注意を受けました。

一階はキッチンとダイニングと洗濯スペースがいっしょくたになった空間、おそらくアンジェラの寝室と思われる一部屋のみ。ちょうど夕食の時間だからと荷物を置いて早速ダイニングへ通されたのですが……誰かいる。おばちゃんがもう一人……この人もホストファミリー?

果たしておばちゃんは家族ではなく、ご近所さんでした。留学一日目にして、というか入国数時間にして、ホストマザー&近所のおばちゃんと食卓を共にすることに……。この距離感、イギリスでは普通なんかなぁ……ちょっとびっくり。

そして一食のボリュームがすごい。この日は歓迎の意味を込めて特に気合の入ったメニューを用意してくれたのだと思うのですが……

ローストチキン

・キッシュ

・フィッシュ&チップス

・アップルパイの生クリーム&カスタードクリーム添え

おおお……ボリュームの割にバランスもへったくれもない献立……。実はこの頃、人生で一番というくらい胃が極端に縮んでおり、あまりたくさんは食べられなかったのですが「とにかく残しては失礼にあたる!」という気持ちだけで、食べるというより詰め込む感じで完食しました。

食事を終えてご近所さんもお帰りになり、ようやく私も解放される……かと思いきや、食後のティータイム。何かマシュマロ的なものが詰まったチョコクッキーつき。あ、愛が重ぇー……胃に。お庭に出てたどたどしい英語ながらアンジェラとおしゃべり……というより、ひたすらアンジェラの質問に私が答えて……インタビューみたいだったな。そして吠え続けるチワーワ。私(まだ)何もしてないのに……。

お茶を飲んでひと息ついたら荷ほどきのために二階へ。日本を発ってまだ半日とちょっとくらいのはずなのですが、時差のせいか一日半くらい経ったような気がする……。

この時改めて自分の部屋をじっくり見たのですが、出窓に面した勉強机にベッド、タンスと……洗面台?

イギリスでは一部屋にひとつ水道が通っているのが一般的なのか、それとも留学生受け入れ仕様でこうなっているのだろうか……。多分後者なんだろな。

それから小さなブラウン管のテレビが備え付けてあったのですが、試しに点けてみたらたまたま「もののけ姫」が映ってめちゃくそびっくりしました。