読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手紙のはなし

駆け出しライターのブログです。

ぐだぐだ読書感想―恐るべき子供たち ジャン・コクトー

サクマドロップススモモ味が一番好きです。おはようございます。

あれなんで青なんだろなー……。キレイだしおいしいから好きだけど。何でか最初グレープフルーツ味だと思ってたんだよな。ハッカと見分けつかなかったし。

全然関係ないのですが、以前この記事で「恐るべき子供たち」についてちょっと触れたので、自分なりにこの本の内容と感想を書いてみたいと思います。大好きなのですよこの本。

恐るべき子供たち (岩波文庫)

恐るべき子供たち (岩波文庫)

 

 

 

 

 

※ここから先はネタバレ有の感想です!未読の方はご注意ください。

 

 

 

個人的に「恐るべき子供たち」と「さかしま」が二大引きこもりのバイブルの名を冠するにふさわしいと思うのですが、何というか、どちらの主人公も根っこは引きこもりに違いないのですが、ベクトルが違いますよね。

デ・ゼッサントは自分に居心地の良い空間を創造しようとしながらも、何やかんやで外の世界に理想郷を求めて出て行ったりもしている。(結局失望して戻って来るんだけどね)かたやエリザベートとポールは内へ内へこもろうとするエネルギーがものすごく、飽くまで部屋の中を理想郷とすることに固執している。ブラックホールなみの吸引力。

この場合の「部屋」っていうのは具体的な場所というより、なんだろな、二人の世界とでもいうんだろか。実際引っ越しもしてるしね。

外の世界から部屋の中へ入ってくる人間もいるんだけど、結局は弾き出されてしまう。部屋の中へ引き入れるべき「宝物」について、途中まで姉弟の意志はリンクしていたし、あるいは協議することで選定されていたりもしたのだけれど、どちらかの望まないものを欲した時、部屋は破綻する。

作中ではっきりと引きこもりと呼べるのはエリザベートだけなのかな。ポール自身は部屋を出たいという願望はあっても、どのみち外の世界では生きられなかった気がする。エリザベートがそれを許さないというのもあったけど、死んですら出られなかったしなー……。

ところで作中の描写でちょっと気になったのが、エリザベートが一瞬やっていたバイト。マネキンって……つまり、あの店先とかに置いてあるマネキンを、生きた人間がやってたってこと……?それからアガートを指して「ビー玉みたいな名前」って言ったのは、やっぱりアゲートのことなんかな。柘榴水とか巴杏水とか麦飴菓子とか、ピンとこないけどいちいちおいしそうだよね。「さかしま」なんて食べ物の描写がことごとくくっそまずそうなのに……。

 

しっかし重いなフランス文学……。一回食べると「も゛う゛い゛い゛て゛す゛」ってなるんだけど、しばらくすると消化不良起こすってわかってても食べたくなる、ケンタッキーフライドチキンとかデミグラスソースのかかったオムライスみたいな存在です。

 

職業体験記―探偵編5 探偵に向いている人

ブログを書こうと思ってパソコンを立ち上げたのにナイトミュージアム見てたら2時間くらい経ってました。こんばんは。

前回、女性が探偵になるとこんなところがつらい!という点を経験を踏まえて思いつく限り並べてみましたが、今回は男女関係なく、こんな人なら探偵に向いてるんじゃないかなーというポイントを考えてみました。

 

1.心身ともに丈夫

これ前にも書いた気がするなあ……。調査員は体力勝負です。労基法守ってたら探偵という職業が成り立たない。多分。そんくらいむちゃくちゃなスケジュールになります。それから尾行がバレても、警察に突き出されても動じない鋼のメンタルも必要。

 

2.運転が上手

んー?これもどっかで言ってたような……。ただし納棺師の適正で触れた運転のうまさと、探偵に求められる運転のうまさは性質がちょっと違います。

納棺師的「うまい運転」→できるだけ法を犯さない。人や物に車をぶつけない。

探偵的「うまい運転」→信号で振り切られそうなったらぶっちぎる、オービスに引っかからず法定速度以上の速さで走る等。

車に限らずバイクや原付も追わなくてはならないので、必ずしも法律を破る必要なはいけれど運転スキルがあるに越したことはありません。ちなみに運転全般が苦手な探偵もいます。そういう人は徒歩での尾行や人探しなど、運転の関係ない分野で強みを見つけています。

 

3.車が好き

車そのものが好き、車種に詳しいという人も探偵に向いています。ぱっと見でメーカーや車種がわかるほど詳しければ、車での尾行が相当捗る。現場でも重宝されるスキルです。まあ、興味がなくてもどのみち叩き込まれるし、現場に出るうちに勝手に覚えてくんだけど……。

 

4.機械が好き、詳しい

車以外にもパソコン、カメラ、無線、ボイレコなど、調査員が駆使する電子機器は多岐に渡ります。そのうちのどれか一つだけでも造詣が深ければ十分仕事に役立つし、「ボイレコならこの機種がおすすめですよー」とか「あのカメラ暗いところでも綺麗に撮れますよー」とか単純に先輩との会話が弾む。 

 

5.見た目が地味

調査、特に尾行ではいかに印象に残らないかが重要なポイントになります。極端に背が高かったりスタイルがよかったり、美人・美形だったりするのは実は探偵には不向きなのです。飽くまで人畜無害そうで、どこにでもいる平均的な容姿で、いっそ居たのかよ!って思われるくらいがいい。従って服装とか髪型もどんどん地味になってくんだよねー……。

 

以上、ざっくりと探偵に向いている人の特徴でした。ちなみにどれも必須条件ではなく当てはまったら仕事が楽だろうな、楽しく働けるだろうなー程度のものです。全く当てはまらなくても「それでも探偵になりたいんだ!」というガッツがあるならば、気合と慣れで乗り超えられます。

色々と無茶なイギリス留学―ホストファミリー編1 せっかく歓迎してもらったのにすみません

ホームステイ先は閑静な住宅街の中の、ごく普通の一軒家でした。一軒家といってもセミデタッチド・ハウスという、元々一つの家だった建物を真ん中から真っ二つに分断したもの。イギリスではこういうおうちのほうが一般的なようです。

最初に出迎えてくれたのはホストマザー。アンジェラというフレンドリーなおばさんです。そして激しく吠えるチワーワ……。薄情なようですが、このチワーワの名前が思い出せません。ちょっと衝撃的なエピソードがあり、多分そのせいだと思うのですが……追々話していきます。ちなみに男の子。

玄関に入ってすぐ右手に階段を上がり、二階の突き当り、バスルーム(兼トイレ)の隣の部屋をあてがわれました。二階にはもう一つの部屋と、さらに上へ通じる階段がありました。屋根裏部屋かな?そこには立ち入らないように厳重な注意を受けました。

一階はキッチンとダイニングと洗濯スペースがいっしょくたになった空間、おそらくアンジェラの寝室と思われる一部屋のみ。ちょうど夕食の時間だからと荷物を置いて早速ダイニングへ通されたのですが……誰かいる。おばちゃんがもう一人……この人もホストファミリー?

果たしておばちゃんは家族ではなく、ご近所さんでした。留学一日目にして、というか入国数時間にして、ホストマザー&近所のおばちゃんと食卓を共にすることに……。この距離感、イギリスでは普通なんかなぁ……ちょっとびっくり。

そして一食のボリュームがすごい。この日は歓迎の意味を込めて特に気合の入ったメニューを用意してくれたのだと思うのですが……

ローストチキン

・キッシュ

・フィッシュ&チップス

・アップルパイの生クリーム&カスタードクリーム添え

おおお……ボリュームの割にバランスもへったくれもない献立……。実はこの頃、人生で一番というくらい胃が極端に縮んでおり、あまりたくさんは食べられなかったのですが「とにかく残しては失礼にあたる!」という気持ちだけで、食べるというより詰め込む感じで完食しました。

食事を終えてご近所さんもお帰りになり、ようやく私も解放される……かと思いきや、食後のティータイム。何かマシュマロ的なものが詰まったチョコクッキーつき。あ、愛が重ぇー……胃に。お庭に出てたどたどしい英語ながらアンジェラとおしゃべり……というより、ひたすらアンジェラの質問に私が答えて……インタビューみたいだったな。そして吠え続けるチワーワ。私(まだ)何もしてないのに……。

お茶を飲んでひと息ついたら荷ほどきのために二階へ。日本を発ってまだ半日とちょっとくらいのはずなのですが、時差のせいか一日半くらい経ったような気がする……。

この時改めて自分の部屋をじっくり見たのですが、出窓に面した勉強机にベッド、タンスと……洗面台?

イギリスでは一部屋にひとつ水道が通っているのが一般的なのか、それとも留学生受け入れ仕様でこうなっているのだろうか……。多分後者なんだろな。

それから小さなブラウン管のテレビが備え付けてあったのですが、試しに点けてみたらたまたま「もののけ姫」が映ってめちゃくそびっくりしました。

インコの住宅事情とごはんの悩み

インコに限らず小動物を飼うにあたり、いつも悩ましいのが住環境とごはんについてですが、ロロちゃんをお迎えした時もやっぱりあれこれ頭を悩ませました。

確かに小鳥は以前にも飼っていました。飼っていたのですが……それがこちら。

 

f:id:atakagi0101:20170127210224j:plain

 

ピグミーファルコンという世界最小の猛禽類です。主食は肉。好物は人の指。ロロちゃんとは体の大きさも食性も、何もかも違います。

本来ならそのあたりも含め、よく勉強してからお迎えするのが正しい手順なのですが……何しろ次第がアレだったもので、本格的に勉強したのはロロちゃんがうちに来た後のことです。

 

全く新しい環境に放り込まれるよりは、少しでもショップに居た時の名残があったほうがいいかな……と、ケージはショップで使われていたのと同じものを選びました。

SANKO イージーホーム バード37GR手乗り

SANKO イージーホーム バード37GR手乗り

 

 このシリーズで一番大きなものです。ロロちゃんの大きさならもう一回り小さいのでもいいかな、と思ったのですが、ちょうど品切れ。

店員さんにも強烈におすすめされました。もちろん、自分のお店のものが一つでも多く売れた方がいいに決まっているので、おすすめするのは当たり前なのですが、よそのホームセンターやペットショップに行った時も、結構このシリーズが使われているのを見ました。やっぱり使いやすいのかな……。

値段はお高めですが、その分やはり造りがしっかりしているように思います。糞切り網の下の引き出しがやたらしっかりしていて出しやすい。エサ入れと水入れはプラスチック製なので、熱湯消毒できるような容器に変えたいかな……。菜挿しも後から買い足しました。

 

ごはんもひとまずショップで与えられていたものを購入しました。

シードとペレットが一緒になった、混合飼料っていうのかなぁ……。

 

黒瀬ペットフード プロショップ専用 mania 中型インコ 1L

黒瀬ペットフード プロショップ専用 mania 中型インコ 1L

 

 これの中型インコ用と小型インコ用を、半々くらいの割合で混ぜていたそうです。

しかし中型インコ用はおそらく、オカメインコとかシロハラインコを想定した配合なのだと思うのですが、ヒマワリの種やソバの実が結構入っていました。アキクサインコは大きさだけは中型インコ並なのですが嚙む力が弱いので、こういう固い種はひとりで食べられません。

どうしたもんかな……と思った結果、ヒマワリとソバをちまちま自力で取り除き別の容器に保存。たまにおやつ代わりに私が皮を剥いて食べさせよう……と思っていたのですが、私の手は怖がるし皮を剥いた種は不審がって食べないしで、結局ハムスターを飼っている友人にまるっと差し上げました。

今は混合飼料ではなく、シード(アワ+ヒエ+キビ)とペレットを4:6くらいの割合で与えています。キビはそんなに栄養価が高くないという話なので、別のに変えてもいいかなあ……おなかの弱い子にも合わないらしいし。ペレットももうちょっと相性の良いものがないか、検討の余地ありです。

だーい好きなのは粟穂と青菜と人の指。(あれ、この感じどこかで……)豆苗に小松菜に水菜にサラダ菜……今でこそ何でももりもり食べますが、うちに来たばかりの時は怖がって近づきもしませんでした。ひょっとして食べたことなかった……?

 

何しろ犬や猫のごはんに比べて小鳥のごはんというのは進歩が遅い気がします。需要とか単価とかの関係で、開発が後回しになっちゃうのは仕方ないことなのかなぁ……。それでもハムスターやうさぎのごはんのほうがまだ幅が広い気がする。とりあえずペレットやサプリなど、ごはんに関してはアマゾンヌ先生に頼りきりな現状です。

荒鳥と私―荒鳥って言葉ちょっと前まで知りませんでした

今でこそこんなふうに嬉々として人の指をかじりまくっていますが、ちょっと前まで信じられないくらいのビビりでした。

 

f:id:atakagi0101:20170126031433j:plain

 

うちに来たばかりの時のビビりようはそれはもう凄まじかった。触るものみな傷つける的な。実際は傷つけるどころか怯えて逃げまどっていたのですが。

あまりの怯えように、本当はなるべく早く病院に連れて行って検診を受けさせるべきだったのですが、掴み出したりしたら心臓が止まって死んでしまいそうだったので、しばらくそのままでした。

ホームセンターにいた時点で生後十か月。おそらく人の手に慣れないまま大きくなってしまったか、ホームセンターにいる間に人との触れ合いがなかったのだと思います。だってお店から引き取る時、店員さんがカゴの中に手を入れたらパニックを起こしていた。ここでああ……これは先が思いやられるぞ……と悟る。

家に来てから一週間ほどはなるべく接触は避け、ひたすらエサと水の交換と、カゴの掃除だけしていました。……いや、うそ。一回だけあった。四日目くらいにうっかりカゴの外へ出てしまって、仕方なく強制的に戻したんです。その時はあっさり捕まってくれたので、お?これってちょっと人の手に慣れてくれたんじゃないの?と思ったのですがどえらい勘違いで、慣れるどころか一層人の手を怖がるようになってしまいました。

一週間も経つと運動不足も心配になってくるので、放鳥の時間をとるように……なったのですが、やっぱりカゴへは戻らない。人の手に慣れさせる意味合いで何度か捕まえてみようと思ったけれど、逃げ惑う姿がかわいそうで、結局カゴの入口におやつを置いて戻るのを待つ作戦に出ました。

いや、鳥を含め小動物は以前にも飼ったことがあるのですが、こんなに人に慣れてないコは初めてで……自業自得とはいえ嫌われる一方なのが悲しくて、何度か心が折れそうになったのですが、そんな状況が続くとだんだん焦る気もなくなって「なんかもう、そこにいるだけでいいや」という段階まで悟りが開けてきます。

まあ、そう思い始めてから、めっちゃなれなれしくなってくるんだけどね。

職業体験記―おくりびと編 4 納棺師が続かない理由

自分も納棺師をやめたばかりの立場なので、このテーマで書くのは若干心苦しいのですが……言い訳をさせてもらうと仕事内容そのものが嫌になったのではなく、あくまで独立する為です。うん。

なので今回は出来るだけ私情を捨て、あくまで客観的な立場で、やっぱりちょっと主観も交えて、納棺師をやめたくなる理由を探っていきたいと思います。

 

1.体を壊して物理的に続けられない

納棺師が訴えがちな体の不調は、介護職の方と似通っているような気がします。膝を痛めたり、腰をいわしたり……。毎日重いものを持ち上げるという作業も、やはり介護職にはつきものですからね。どんなに体に気を使っていても毎日のように激務が続けばメンテナンスも追いつきません。結果、膝に水が溜まったりヘルニアを患ったり……。仕事を続けたくとも続けられない状況に追い込まれてしまいます。

 

2.人間関係に疲れた

これは必ずしも職場内の人間関係に留まりません。納棺や湯灌の依頼はご喪家から直接入ることは滅多になく、大抵は葬儀社を通じて外注という形で入ってきます。それでね……その、葬儀社がね……一概には言えないのですが、変わっている人が多い。特殊な業界ではあるので、それに見合った感性を備えている人のほうが長く残りやすいのかも知れません。(もちろん納棺師も例外ではありません)無論客商売なのでお客様には常識的な対応を……対応を……?……うん、まあ、とにかく、こちらが下請けだからこそ厳しい態度に出る人も居るのかもね。逆にものすごくフレンドリーだったり。フレンドリーが行き過ぎて女性だとセクハラにまで及ぶこともあるようです。これも絶対ではないけど。とにかく取引先との関係を築くのに苦労します。

 

3.心理、じゃない心霊的な理由

えー……っとね……これは私もこの仕事について初めて知ったのですが……。「おばけこわい」って理由で退職が認められてしまうことも、この業界ではあるようです。「先日担当した方がついてきてしまったので……」とか、一時期はよくあったそうな。今もあるのかなぁ……?私自身はそういう経験をした覚えは一度もありません。たまたま担当しただけの赤の他人についていくくらいなら家族と一緒に居てあげてください、と思うし。……人より物とか場所につくパターンのほうが多い気がする。

 

あとは就労環境の問題……一日何時間働くのかとか、何件依頼を受けるのか等によって厳しさも変わって来るので、共通した要因はこんなところでしょうか。

ぼんやり映画鑑賞―街の灯 チャールズ・チャップリン 1931年

静かな映画といえば、これもありました。

街の灯 コレクターズ・エディション [DVD]

街の灯 コレクターズ・エディション [DVD]

 

確かに静かといえば静かです。セリフがないから。(代わりに字幕?が差し込まれる) 

しかしこれはあんまりBGV向けじゃない。そっちばっか見ちゃうから。

 

 

※ここから先はネタバレありの感想です!未見の方はご注意ください。

 

 

監督・主演をつとめるのはチャールズ・チャップリン。個人的に「魅力的な普通のおじさん」を演じたらジャック・レモンの右に出る者はいないけど「魅力的でちょっと変なおじさん」はチャップリンがナンバーワンかも知れない。ミスター・ビーンはちょっとどころではないのでこの場合の候補からは外します。

あらすじをまとめると「めっちゃ尽くす変なおじさんの話」。主人公は浮浪者なんすね……イギリスの浮浪者はこんなおしゃれなんですかよ。

チャップリン自身もチャップリンが恋する花売りの娘さんも結構つらい境遇にある筈なのに、随所に挟み込まれるコメディシーンのおかげであまり悲惨さを感じられない。身投げするおっさんを助けるシーンとかボクシングとか……普通に笑うよね?私の笑いのツボが浅いわけじゃないよね?

逆にコメディとの対比があるからこそ、二人がおかれた状況の厳しさがかえって強調されるという見方もある。

服役を終えたチャップリンの服がさらにボロボロになっているのがまた切ない……。ただでさえ冒頭でおしり破けちゃってるのに。しかもシャツもベストもなくなってないか?インナー着てる?

ラストシーンで真実を知った娘さんが嬉しかったのか、それとも心の底ではがっかりしたのか、私にはいまひとつよく分かりませんでした。どちらとも取れるセリフと表情。受け取る側の判断に委ねるため、チャップリンも敢えてその辺りを描写しなかったのかも知れません。まあ、チャップリンの笑顔がめちゃんこプリティだからどっちでもいいか。

ところでこの、花売りのお嬢さんの家、「ローマの休日」に出てくる新聞記者の、ブラッドレーのおうちによく似てませんか?いつも思い出します。