読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手紙のはなし

駆け出しライターのブログです。

職業体験記―探偵編4 女性が探偵になることのデメリット

探偵のはなし

前回女性探偵のメリットについてお話ししましたが、今回は逆に、女性が探偵になるとつらいことについて、思い出せる限りつらつらと挙げて行きたいと思います。

 

1.トイレ問題

真っ先に思い浮かんだのはこれです。これね、主に張り込みの時……路上だったり建物の中だったり外だったり、立ち現場だったり車の中だったり色々なパターンがあるのですが、コンビニとかガソリンスタンドとか、そういう施設が必ずしも近くにあるとは限らない。周りに工場とだだっぴろーい原っぱしかない場所だったりする。万一もよおしてしまった時、そのへんで用を足すのは……正直、かなりきっつい。

それから悩ましいのが生理の時。これはもう避けられないのですが、夜通し張り込みしなければならないような現場に当たった時(非常によくある)数時間ごとにトイレに行けるかというと非常にあやしい。そのまま尾行に移っちゃったりするともう詰む。何より体調が最悪と思われます。それだけで徹夜の現場は厳しいです。

 

2.体力・持久力問題

長時間の張り込みや徹夜は場数を踏むうちに慣れてくるかも知れませんが、基礎的な体力はやはり男性には劣ります。出張などあらかじめ長期に渡ると分かっている現場ならまだしも、予定外の延長が重なって帰れなくなるパターンもあります。あまりにも長丁場になると、配慮のある会社ならタイミングを見計らって交代要員を送ってくれるかも知れませんが、現場が飛行機や新幹線の距離になってしまうとそれも難しい……。そういう状況すら楽しんでしまう人が、探偵には結構多いんだけどね。

 

3.防犯上の問題

そもそも探偵という仕事自体が限りなくブラックに近いグレーみたいなところがあるので、不測の事態に見舞われることももちろんあります。尾行がばれてターゲットに詰め寄られたり、写真を撮っているのを見られて警察に連れて行かれたり、張り込み中にガチの不審者に襲われたり……。こういった危険な事態に巻き込まれるリスクは男女関係なくあるのですが、女性の場合実力行使に出られた場合のダメージはより深刻になるかと思われます。危険は現場の中だけでなく外にもあります。たとえば逆恨みに遭うパターン。調査会社のせいで離婚が成立したとか裁判で負けたとか、本気で思う方が結構いるんです。そういう被害者(加害者?)が会社に殴り込んでくるなんて日常茶飯事。中には調査員に復讐しようなんて、いらんガッツのある人もいる。実際調査とは何の関係もない事務員の女性が後をつけられたこともありました。なので調査員の中には出来るだけ自分の職業を明かさない人、家族にも内緒にする人もいます。(被害が飛び火しないよう)

 

女性に限らず探偵のつらいところを挙げるとするなら、他にも休みがとりづらいとか、予定が潰れまくるとか、財布をよく落としたりスられたりするとか、めちゃめちゃキップ切られるとか色々あるのですが……それでも長く続く人の中には、そういったデメリットを踏まえても、探偵という仕事が楽しくて仕方がないという人もいました。

色々と無茶なイギリス留学―渡英編2 茶色い街

イギリス留学のはなし

定番のビーフオアチキン?的なイベントもこなし、船長のご尊顔を網膜と脳裏に焼き付け、今なら飛行機が海面に突っ込んで遭難することになっても生き残れる……なんかラム酒とか見つければいいんだろ?となった頃、ようやく陸地が近づいてきました。

この頃にはちょっと冷めてきたシェードを開け、生まれて初めて見たロンドンの街は、

お、おおおおおおおおお………………茶色い。

家という家がレンガ造りだから仕方ないっすね。

それからプールがやたら多く、イギリスではプールつきの家が普通なのだなあと思いました。ビバリーヒルズ的な。(実際住んでみてその幻想は無事打ち砕かれます)

12時間ぶりに地に足をつけ、空港に入りいざ入国審査へ……かと思いきや、いきなり思っくそゲートを間違え、何故か乗り換え専用のゲートに向かってしまいます。

ゲートを出た後で、あれ……審査場もなければ、あの、荷物流れてくるベルトコンベア的なのも無くない……?と気付き、早速途方にくれました。

え、えー……だって、何か……ゲートこっちって書いてあったじゃん……。(ゲート違い)どうしたもんかとぼんやり突っ立っているに、同じくゲートを間違った方に二人も声をかけられます。しかもみんな日本人。

何なんココ……日本人用のトラップなのか……ジャパンホイホイなのか……。結局ゲートのあたりにいたスタッフさんにたどたどしい英語で事情を説明し、外(正確には中?)に出してもらいました。

ちなみに同じく迷い込んだ方がどうなったかは……。すまん、すまん……この時は自分のことで手一杯やったんや……。

で、ようやっと入国審査場に辿り着きました。この時、入国審査自体はそれほど時間がかからなかったような気がします。むしろ待ち時間のほうが長かった。もっとも迷ったりしている間に、順番待ちのピークもすっかり過ぎてたのかもしれない……ね……。

パスポートを出し、覚えたての呪文「すたでーあぶろーど」を詠唱し終了。まあ学生ビザもあるしわかるよね。

さて、ようやく探し求めた荷物がぐるぐる回っているところに到着です。しかし待てど暮らせど荷物が流れてこない。

どういうことなの……一番心配だった入国審査があっさり通ったと思ったら……。こう、人ではなくもっと大いなるものの意志……イギリスという土地そのもの……イギリス神的なアレによって入国を阻まれてる?

心細いし帰りたいし帰ろうにも荷物はないし八方塞がりな状態で、かと言って「荷物どうなりました」と聞くのもためらわれてその場に立ち尽くしていたら(二度目)なんか次の便の荷物とほぼ同時に流れてきました。

ちなみにイギ神の地味ないやがらせはこの後もちょくちょく続きます。

 

荷物を受け取ってからはこれといったトラブルもなく、お迎えの人とあっさり合流出来たことも嬉しかったのですが、もっと嬉しかったのは同じ日にもう二人イギリスに到着した日本人がいたこと。彼女たちとは学校も同じで、留学中ずっと仲良くしてくれた子でもあります。(ちなみに乗り換えゲートで話しかけられた方々とは別人です)

三人とも車に乗せられ、いざホームステイ先へ。お世話になる家は流石に別々で、一人ずつ違う家まで送られました。ちなみに私が一番最後。

ホームステイ先に着く頃にはすっかり日も暮れていました。

ぼんやり映画鑑賞―美女と野獣 ジャン・コクトー 1946年

映画のはなし

昨日、作業用のBGVとしてジャン・コクトーの「美女と野獣」を流していました。

 

美女と野獣 [DVD]

美女と野獣 [DVD]

 

 

 たまたま手持ちのDVDの中でこれが一番静かで邪魔にならないかなと思ったのですが、そういえばディズニーの美女と野獣もそろそろ実写版が公開になりますね。

 

 

※ここから先はネタバレありの感想です!未見の方はご注意ください。

 

 

パッケージによるとこの映画は第二次大戦後、最初に封切られたフランス映画とのこと。物資もそれなりに乏しい時代だったと思われますが、セットも衣装もめちゃめちゃ豪華。野獣のメイクは……まあ、うん……。ヒョウがモチーフにしてはやけにふわふわしてる、ね……。

ストーリーや人物設定はディズニーの美女と野獣とはかなり異なります。まずベルが強え。野獣の健気さがちょっとかわいそうに思えてきます。ベルが最初に置かれている境遇としては継母のいないシンデレラ……?お父ちゃんは一応いますが末娘がどういう扱いを受けているのかいまいち把握しきれていない様子。二人の兄がいる点もディズニーとは違います。ちなみに家はそれなりに裕福な様子。(借金抱えてたりするけど)

不思議な家具たちはおしゃべりこそしませんが動きます。しかし明るくフレンドリーな感じじゃない……むしろうすら不気味……そこが良いのですが。

動く家具にせよ野獣にせよ見たいものを映す鏡にせよ、魔法の力が働いているという設定だからか、ちょっと特撮っぽいシーンも入ってきます。しかしベルが実家に帰るシーンや野獣が王子に戻るシーンはちょっと唐突で笑った。(ワァーオ!みたいなSEも最初ビクッとするけど慣れると面白い)

個人的に一番好きなシーンは野獣を殺したベルのお兄ちゃんが野獣になっちゃうシーン。いいねいいね何度見てもぞくっとするよ。あとカーテンを持つタッセル代わりの腕もお気に入り。さり気なく見守ってるベッドの飾り的な顔とか。……あれ、やっぱりあの家具って……うすら不気味とか言ってたけど実は……か、かわいい……?

監督・脚本を手がけたジャン・コクトー氏といえば……画家であり詩人でもあり小説家でもあり劇作家でもある、八面六臂の活躍をされたマルチクリエイターとして有名です。日本人でいえば寺山修司的な……?私の中では引きこもりのバイブルこと「恐るべき子供たち」の印象がかなり強いのですが……そちらの作品についてもいずれ触れたいと思います。

私の家族を紹介します―アキクサインコのロロ

インコのはなし

私は現在、同居人とインコの二人と一羽で2DKのマンションに暮らしています。

インコは今の家に引っ越す前、一人暮らしの頃から一緒に住んでいるのですが、それがこちら。

 

f:id:atakagi0101:20170121212937j:plain

 

アキクサインコのロロちゃんです。

まっピンクの羽と大きい目が特徴。性格は好奇心旺盛なビビリ。体調は尾羽も含め18……19cmくらい?推定1ちゃい。よろしくお願いします。

ホームセンターで一目惚れしてお迎えした子なのですが、アキクサインコという種類の鳥を見るのも飼うのも、この子が初めてでした。

初めて見た時はカゴの中で鳴くでも飛ぶでもエサを食べるでもなく、置物か?と思うほどにひたすらじっとしていました。「かわいいねどこ住み?てかラインやってる?」と話しかけてもガン無視。

最初に見かけてから10日ほど経った頃「そういえばあの子どうしてるかな?」と妙に気にかかり、仕事あがりに再びロロちゃんのいるホームセンターへ向かいました。なぜかものすごい雨の日に。本当になんで?

果たしてロロちゃんはまだ売れずにいてくれました。ほっとしたは良いものの、初めて会った時より一万円ほど売値が下がっている。

「これあかんやつや」と思った私は、少し悩みはしたものの、その日にロロちゃんを連れて帰ることに決めました。準備も何もなかったので、カゴやエサやヒーターなども一式ホームセンターでお買い上げ。

買い物を終えロロちゃんを引き取り、外に出た頃には雨も止んで……いたら良かったのですが、むしろ若干強くなっている。プラス風も出て、ちょっとした嵐。

行きは手ぶらだったから歩きでどうにかなったものの、そこそこの大荷物とロロちゃんを抱えて駅まで歩くのはなかなか厳しい。大きな車道沿いの道だったのでタクシーの一台くらいすぐ捕まるかなーと甘く考えていたのですが……全然止まってくれない。

そういえばタクシーを止める才能が絶望的に無いんだった。けどこんな時までかよ……。仕方なく荷物を抱えたまま、ロロちゃんが濡れないようにだけは細心の注意を払いつつ道沿いに歩き、結局タクシーにはスルーされ続けたもののバス停を発見し事なきを得ました。

本来なら必要なものをばっちり揃えたうえで、天気の良い日にお迎えするのが一番だったのでしょうが……ロロちゃんには悪いことをしてしまいました。

職業体験記―おくりびと編 3 納棺師になりたい理由・続ける理由

おくりびとのはなし

納棺師を志す理由は人により様々ですが、家族や親族の葬儀で実際に納棺師の働く姿を見たことがきっかけで納棺師という仕事を知った人は多いようです。最もこれも表向きの志望動機かも知れないので、実際のところは分かりませんが……。

元々葬儀屋さんに勤めていて、下請けとして出入りしている納棺師の仕事を見てやってみたいと思い始めたという人もいます。

おくりびとを見て……という人もぼちぼちいるようですが、あまり長続きしないという話も……。何しろ現実とのギャップが……こう……。

前職もバリエーション豊かで、サラリーマンに美容師にバンドマンにADに……葬祭業に関する専門学校に通っていた人もいれば、特殊メイクの勉強をしていた人もいます。

入って来る人も多ければ、辞めていく人も多いのがこの仕事の特徴です。確かに体力勝負な面があるので、定年まで現役で続けられるような仕事ではないのですが……残る人はいつまでも残ります。

では、何故この仕事に拘り続けるのか。考えられる理由は、

 

1.やりがいがある

この仕事を続ける最大にして唯一の理由と思われます。ご遺族からの反応や感謝の言葉をダイレクトに受けられますし、中には泣いて喜んでくれる人もいます。ご遺体も決して綺麗な状態の方ばかりではなく、長患いでひどく痩せてしまったり、何ヶ月~何年という単位でお風呂に入れなかったり、全身が血や体液に塗れている場合だってあります。そんな方々をお手当てして綺麗な服に着替えさせて、まるで眠っているように穏やかな表情に整えられた時などは非常に達成感を覚えます。

 

2.つぶしがきかない

これは……もう「この仕事以外出来ることがない」という状態ですね。何しろ納棺師として得た技術を、他の仕事に生かせるとも思えませんし……。辛うじて同業他社か、葬儀社に就職できるくらいかな……。そうやって技術が流出してしまうのは、会社としては困ることなんだけどね……。

 

3.辞めている場合じゃない

多忙過ぎて辞めるタイミングすら掴めないというパターン。主に責任感が強すぎる人が陥りがちなやつです。お手当てをして湯灌もしてメイクもばっちりで納棺も済ませている、でもお通夜は一週間後みたいな案件が度々入ってきます。ただしご遺体の状態も刻一刻と変化しているので、どんなにその時最善と思われる処置を施しても、後で顔色が変わってきたり、体液が漏れてきてしまったりという場合も多々あるのです。「あの時の人どうしたかしら」「あの時の人状態変わってないかな」と延々気にしていると、どこで抜けるべきかも分からなくなってしまいます。何しろ依頼は毎日入ってくるので、切れ間がない。でも、こういう理由で辞められない人は、何だかんだでこの仕事が好きで留まっているような気もします。

 

何だかポジティブな理由よりもネガティブな理由が多くなってしまいましたが、逆に辞める理由となると、そりゃもう山のようにあり、しかも内容もネガティブを極めます……。

職業体験記―探偵編3 女性は探偵に向いている?

探偵のはなし

私が働いていた会社では調査員の九割が男性でしたが、少ないながら女性の調査員もいました。

近頃は相談員や調査員が女性であることを押し出している調査会社もあるくらいなので、依頼する側としても是非女性にお願いしたい、という場合があるのかも知れません。

実際、現場で女性の調査員が活躍する場面は多々あります。そもそも女性で探偵を志望する人自体少ないとは思うのですが...…それ故に貴重な人材でもあります。

主にどういった場面で女性が重宝されるのかと言うと、

 

1.ターゲットが女性の場合

浮気調査や素行調査などで、追う対象が女性だった場合、例えば下着売り場や化粧室の中まで男性調査員がついて行く訳にはいきません。思いきり目立つしあやしいです。しかしデパートの売り場や出入りの多い化粧室などは、見落としの起こりやすい場所でもあります。女性の調査員であればべったりマークすることができるし、たとえば店内では女性がマークし、万一見落としのあった場合でもお店の出入口等で男性が待機する、といった連携もとれます。

また、自宅まで尾行し住所を特定しなければならない場合、人気のない道や夜道で見知らぬ男性がずっと後をついて来たら警戒するのは当然のこと、最悪不審者として通報されます。女性が女性の後をつけても、さほど警戒されません。ちなみに男性がターゲットの場合も同様に、不審がられるというケースは少ないようです。

 

2.ターゲットがカップルの場合

浮気調査の場合、ラブホテルや居酒屋など、一人では入りづらい場所に潜入する機会も多々あります。男女一組でそういう場へ向かえば周りは勝手にカップルだと思ってくれますし、無線で話しているのを見られたとか、カメラを持っているのを気付かれたとか、あからさまな失敗をしない限り、探偵だと勘付かれることはそうそうありません。

ちなみに先輩と組んでラブホへ潜入した時(部屋番号を確かめたりパネルの写真を撮りたかった)普通に敬語で話しかけて先輩にめちゃくそ怒られました。

 

というように、女性調査員がいると現場は非常に助かるのですが、女性だから探偵を続けるのはつらいという側面も、もちろんあります……。

色々と無茶なイギリス留学―渡英編1 乗り換えがあったほうがかえって楽だったかも知れない

イギリス留学のはなし

イギリスの一学期は9月から始まります。8月末~9月頭くらいに渡英すれば十分入学に間に合うのですが、私の場合は7月に渡英し、二ヶ月間みっちり英語の授業→ファウンデーションコース入学という手段を選びました。

この二ヶ月間のレッスンは必修ではなく、既定の英語力を満たしているけれど不安のある人、あるいはIELTSをまだ受験していなかったり、受験したけれどスコアが4.5に満たない人などが希望して受けることができます。

3月に高校を無事卒業し、急いで準備することもなかったので7月までだらだらとニート生活を謳歌し、その間父親に(確か5月くらいに)「あきらは高校卒業したらどうするんだ?」と問われ軽い衝撃を受けたりしつつ、7月に無事イギリスへ向かいます。

 

ちなみに渡英前に、イギリス大使館にビザを取りに行きました。ものすごく立派な……というか厳めしい門構えで、入る前からビビったことを覚えています。しかも用のある人しか中に入っちゃダメなんですね。たとえ母親だろうと付添人は門の外で待機。手続き自体はものの数分で終わったのですが……テンパりすぎて何をどうしたのかは曖昧。

 

さて、日本からイギリスまでの道程ですが、当時は成田→ヒースローまで一本のコースと、成田→オランダで乗り換え→ヒースローへ至るコースがありました。

私はスムースに乗り換える自信もなければ、乗り換え方が分からない旨を誰かに(英語で)たずねる自信もなかったので、成田→ヒースロー直通コースを選びました。

何しろ当時は初めての海外で、国内ですら修学旅行で北海道へ行ったきり飛行機に乗る機会もなかったので……。

ちなみに航空会社はブリティッシュ・エアライン(BA)でした。

初めての12時間フライトfeat.エコノミークラスは……きっつー……。

飛行機の中ってめちゃめちゃ暑いんですね……しかも乾燥してる。飛行機初心者の浅はかさで「景色見えるし窓際のほうがいーじゃん」なんて思ってたけど、ちっこい窓にはずっとシェードがかかってて「こんなんかかってたら外見えないじゃん」と思って開けたらあまりの眩しさに目は「ああああああああ」ってなるし、シェード自体半熟の目玉焼きくらい焼けるんじゃないかって熱さで触ると「おおおおおおおお」ってなるし、窓際に座るメリットは特にありませんでした。

一応座席ごとにちっこいモニターはあるのですが、チャンネル一つごとに一つの番組しかやらない。(延々ループする)

12時間の間に一体何度パイレーツオブカリビアンを見たことか……。ジャックスパロウの幻影に悩まされながらとうとうイギリスに到着です。